1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > 【AGR3】微生物の培養技術開発担当

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

【AGR3】微生物の培養技術開発担当

年収:800万 ~ 1000万

採用企業案件

部署・役職名 【AGR3】微生物の培養技術開発担当
職種
業種
勤務地
仕事内容 <ミッション>
微生物培養技術の開発業務に従事していただきます。
特に「微生物(バクテリアや真菌など)が作る有用物質の生産」の観点から培養技術の開発を推進いただくことを期待しております。

<業務詳細>
・既存製品の生産効率化と新規パイプラインの製造技術確立を目的とした、ラボスケールから製造実機適用までの製造プロセス開発
┗フラスコレベルでの培養技術検討
┗5Lや30Lジャーを用いての培養技術検討
┗実機への適用性検討
・目的物質の分析
・製造委託先への技術指導

組織としてはグローバルな商品展開を実現するためにも、有用微生物及び微生物製品の製造拠点の拡大を図っていきたいと考えています。
将来的にはそれらグローバル展開を牽引し、社内外・国内外での製造開発業務を統括する業務を担っていただくことも期待しています。

<特徴・魅力>
当社のアグリバイオ事業は、1960 年代後半からの石油蛋白の研究からスタートしており、微生物や天然素材の活用に関する研究を進めてきました。
これまでの化学農薬や抗生物質の使用を主体とした生産体系から、有機農産物の需要増や農薬等への耐性病害虫発生の観点から、微生物や天然素材製品を用いた生産体系へと転換していく需要が世界的に高まっています。グローバルでの安全性関連の規制厳格化等によるニーズが拡大するという世界的な流れもあり、当社を取り巻く環境は、自然界に存在する微生物や天然物など、安全性に優れた素材をもとにした分野を強みとする当社アグリバイオ事業拡大の追い風となっています。
労働条件 契約期間:期間の定め無し
試用期間:有(6か月)
就業時間:8:45~17:15  ※フレックス制度有(コアタイム 10:45~15:30)
休日:年間 120日 (内訳)土曜、日曜、祝日、年末年始5日、その他(創立記念日(6月20日))
残業:有
年収:500万円〜
社会保険:雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険、介護保険
応募資格

【必須(MUST)】

下記4点全てを満たす方
・微生物の代謝物生産の観点から微生物の培養検討を行うなど、目的物の高生産技術開発に携わった経験をお持ちの方
・微生物培養分野における、ラボスケール~実機(またはパイロット機)適用までの経験をお持ちの方
・目的とする物質(菌体もしくは代謝物)の回収までの検討を行った経験をお持ちの方
・研究実務(アイデア立案、実験、データ解析等)を自身で推進することができる方


【歓迎(WANT)】

・ビジネスレベルの英語力をお持ちの方

アピールポイント 完全土日休み
更新日 2020/03/26
求人番号 1227239

採用企業情報

採用企業

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ