1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 求人検索
  3.  > 【国際部門】土木施工管理 ※電鉄系・東証一部上場大手

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

【国際部門】土木施工管理 ※電鉄系・東証一部上場大手

年収:800万 ~ 1200万

ヘッドハンター案件

特集求人

本求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも閲覧、応募が可能です。
部署・役職名 【国際部門】土木施工管理 ※電鉄系・東証一部上場大手
職種
業種
勤務地
仕事内容 河川、高速道路、鉄道高架橋、トンネル等や上下水道等のインフラ整備、土木構造物の
施工管理及びリニューアル工事の施工管理業務を担当して頂きます。

【詳細】
土木工事施工現場における工程管理、品質管理、原価管理、安全管理などを行います。

【配属先】
国際事業部

【仕事の魅力】
・官公庁向けの仕事が多いため安定して就業していくことが可能です。
・会社として労働環境を良くするために社員の意見を吸い上げる取り組みを実施するなど
 長期的に就業可能な環境があります。

雇用形態:正社員
勤務地:東南アジア/南アジア
(タイ、ベトナム、シンガポール、インドネシア、ミヤンマー、バングラディシュなど)
※海外勤務の場合は、国内にて一定期間事務部従事後に赴任となります。
労働条件 契約期間:期間の定め無
試用期間:有 6ヶ月 ※条件に変更無し
勤務時間:8:00~17:00(実働1日8時間)
休日休暇:週休2日制、夏季休暇、年末年始、会社記念日、グループの日
有休休暇10~20日、休日日数127日
※作業所の繁忙状況により、休日の出勤有。
年収:620~1200 + 海外赴任手当
待遇・福利厚生:■各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■交通費全額支給、制服貸与時間外・残業手当
■出張手当、住宅手当、役職手当、帰宅旅費、帰省旅費
■資格取得補助/報奨金(一級建築士:50万円、技術士:25万円ほか)
■退職金制度、財形貯蓄制度、社員持株制度
■報奨金、カフェテリアプラン(10万円相当)
応募資格 下記のいずれかの資格・経験のある方。
・土木分野において海外での施工管理経験がある方。
・N1以上の日本語力のある方。

【期待する人物像】
・人当たりが良く、信頼感、誠実感のある方。
・社会人としての自覚を持って行動できる方。

【歓迎要件】
・元請での工事経験
・土木施工管理の実務経験
・1級土木施工管理技士資格

求人のお薦めポイント
設立75年、社員数は2,500名を超える
東証一部上場、大手電鉄系ゼネコンです。
電鉄沿線、首都圏の街づくりを基盤として
日本全国、そして海外でも建設プロジェクトを展開しています。
新卒中途の区別なく、実績・スキルを
正当に評価する社風、制度が整っています。

選考プロセス
書類選考→面接(2回)→内定
更新日 2019/12/20
求人番号 1220815

採用企業情報

  • グローバル展開有/東証一部上場/電鉄系大手
  • 会社規模非公開
  • 会社概要

    ■総合建設業
    1.土木建築工事の請負
    2.土木建築工事に関する調査、企画、地質調査、測量、
     設計、監理およびコンサルティング業務
    3.建物および構築物の保守および管理
    4.不動産の売買、賃貸および仲介業
    5.土木建築工事用機械器具・仮設資材の製作、販売、
     賃貸および修理
    6.建設用コンクリート製品の製造および販売 など

この求人の取り扱い担当者

  • 3.10
    ?
  • ヘッドハンターの氏名は会員のみ表示されます
  • 会社名は会員のみ表示されます

    • 東京都
    • 明治大学/政治経済学部
  • 不動産 建設 メーカー
    • 最近の研究テーマは「上流工程、発注者側」の業務です。メーカー、不動産、建築業界を中心にご担当させて頂いております。メカ、エレキ、ソフトや建築といったものづくり系エンジニアをはじめ営業や管理部門まで、ご入社までサポートさせて頂いた実績を豊富に持ちます。ぜひお気軽にご相談ください。
    • (2019/07/28)

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上20文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ