1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 求人検索
  3.  > 【研究員】製造プロセスを考慮した高温材料の特性評価

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

【研究員】製造プロセスを考慮した高温材料の特性評価

年収:応相談

採用企業案件

部署・役職名 【研究員】製造プロセスを考慮した高温材料の特性評価
職種
業種
勤務地
仕事内容 【当社について】
弊社は、電気事業に必要な研究・技術の開発と、これらを通じて産業や社会の発展に寄与することを目的に昭和26年に設立されました。
21世紀の今日では、「地球温暖化問題への対応」と「エネルギーセキュリティの確保」が世界の大きな課題になっています。
国や諸研究機関、企業などと連携し、これらの課題解決に役立ち社会に貢献する研究を進めています。

【業務内容】
鉄鋼をはじめとする材料に関する研究・開発は日本の大学、研究機関およびメーカにおいて極めて活発に行われ、その成果が発電所へと適用されてきました。その結果、日本の火力発電所は世界でも最高レベルの熱効率で運転されています。ただし、これらの発電所の運転時間は設計寿命を超える領域へと移行しつつあるため、今後は、これまでの方法や経験では対処することが困難な新たな事象が出現する可能性も考えられます。従来とは異なる時間領域/使用条件での材料の特性を適切に評価するためには、材料の原点に立ち返った研究が必要であり、特に製造プロセスの影響を考慮することが重要と思われます。
そこで、当研究所では、製造プロセスを考慮した高温材料の特性評価に従事頂ける研究員を募集します。研究テーマは、微視組織の変化が超長時間クリープ特性に及ぼす影響の評価や溶接/接合方法が構造健全性に及ぼす影響の評価等があげられます。本研究は実用材料に対する製造プロセスの影響評価であるため、材料メーカやプラントメーカ等にて材料/機器の開発・製造・施工・診断等の経験のある方を募集します。

【ポジションの特徴・魅力】
・研究者の裁量が大きく、成果の発表は基本的に可能です。
・学位(博士)未取得者に対しては学位取得に対する支援があります。
・電気事業が抱える様々な課題がタイムリーに見えてくる環境でもあり、仕事を通して「電気事業の一端を担っている」という責任感を感じられます。
・研究職の転勤はほとんどありません。
労働条件 [雇用形態]
 無期正社員(3ヶ月の試用期間あり)

[給与]
 博士了 294,200円
 修士了 228,800円
 大学卒 205,000円
 ※前職がある場合は、経験・能力を考慮し当研究所規定により決定
 ※30歳モデル年収:約620万円 ※時間外手当20時間分(昨年度全所平均)含む

[諸手当]
 時間外手当、扶養手当、通勤交通費など

[昇給・賞与]
 昇給:年1回(4月) 賞与:年2回(6月、12月)

[勤務時間]
 フレックスタイム制
  ・コアタイム:11:00~15:00
  ・標準労働時間:7時間40分/1日
  ・休憩時間:12:00~13:00
  ※試用期間3か月間は8:40~17:20の固定勤務となります。
  ※残業あり(全所平均19.7時間/月 ※2018年度実績)

[休日・休暇]
 完全週休2日制(土・日)、祝日、創立記念日(11月7日)、勤務免除日(12月29日)、夏季(4日)、年末年始(4日)、年次有給休暇(年20日、半日休暇制度あり)、結婚・忌服などの特別休暇、育児・介護休職制度あり

[社会保険]
 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
応募資格

【必須(MUST)】

修士または博士課程修了者

【歓迎(WANT)】

材料メーカやプラントメーカ等にて金属材料/機器の開発や診断等の経験のある方

アピールポイント 女性管理職実績あり 創立30年以上 年間休日120日以上 産休・育休取得実績あり 教育・研修制度充実 資格支援制度充実
更新日 2020/01/16
求人番号 1192506

採用企業情報

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上20文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ