1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 求人検索
  3.  > 【大手損害保険会社】レガシーシステムの刷新におけるプロジェクトマネージャー

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

【大手損害保険会社】レガシーシステムの刷新におけるプロジェクトマネージャー

年収:応相談

採用企業案件

部署・役職名 【大手損害保険会社】レガシーシステムの刷新におけるプロジェクトマネージャー
職種
業種
勤務地
仕事内容 当社は、中期経営計画 IT戦略の目指す姿として、「システム・コスト構造改革による効率性・スピードの向上とデータ利活用を支えるデジタライゼーション基盤の確立」を掲げています。
「システム・コスト構造改革」を戦略の柱の一つとし、「複数あるホストなどのレガシーシステムの統合によりコスト構造を改革する」ことを課題の一つとしております。

損害保険業務を支える当社システムは、複数あるホスト系基盤と複数ある分散系基盤にシステムが存在し、連携して業務処理を行う構成となっています。
特にレガシーシステムの象徴であるホスト系基盤のシステムの統合においては、多くの機能を移植する必要があることから、大規模な移行開発を想定しています。

今回、複数あるホストなどのレガシーシステムの統合を目的とした移行開発のプロジェクトマネジメントを担っていただく人財を募集します。

【業務内容】
下記業務を担っていただきます。
・損害サービスシステムの移行設計・開発(ホスト系)
・上記設計・開発に関わるマネジメント、プロジェクト推進
・管下社員(システム会社社員)の管理
・関連システム(商品・経理・再保険・代理店管理等)との調整
・開発パートナー会社への指示・調整・管理
・当社ビジネス部門(主に損害サービス業務部)との調整

【部署について】
当社の損害サービスシステムの設計・開発業務を60名のメンバーで行っています。
主な業務はホスト系損害サービスシステムの設計・開発、分散系損害サービスシステムの設計・開発であり、パートナー会社と連携して設計・開発を行っています。

【今回募集するポジションの魅力について】
損害サービスシステムの移行開発やシステム会社内の研修を通じて、損害保険システムや損害保険業務全般を理解することができます。
移行完了後は損害サービスシステムだけでなく損害保険に関わる他のシステムを担当する機会もあり、更にシステム会社や当社IT部門のマネジメントを担う機会が有ります。
また、自らが最新の知識と知見を磨く努力をすれば、デジタライゼーション基盤等の新技術を活用した基盤構築・アプリ開発の先頭に立って推進することも可能です。

労働条件 【就業先】
当社で雇用後、原則MS&ADインシュアランスグループ配下のシステム会社(高田馬場)へ出向いただくこととしておりますが、当社IT統括部(恵比寿)の可能性もあります。

■出向先(高田馬場)の会社概要
出向先 MS&ADシステムズ株式会社
設立年月日 1986年7月
資本金 1億円
本社所在地 東京都新宿区大久保
その他事業所 本社・高田馬場事業所/東京都新宿区
千葉ニュータウン事業所/千葉県印西市
パレスサイドビル事業所/東京都千代田区
府中事業所/東京都府中市
聖蹟桜ヶ丘事業所/東京都多摩市
新川事業所/東京都中央区
事業内容 MS&ADインシュアランス グループ内の保険システム全般にわたる企画・設計・開発・運用

勤務地 東京都 新宿区、渋谷区
応募資格

【必須(MUST)】

・50人月規模以上のプロジェクトマネージャー経験がある方
(他システム・ベンダー・ビジネス部門との調整、プロジェクト推進の経験がある方)

【歓迎(WANT)】

・ホスト開発の経験がある方(アプリケーション・基盤いずれも可、IBMホスト開発経験があれば更に良い)
・損害保険の業務知識がある方(損害サービスの業務経験があれば更によい)
・損害サービスシステム開発の経験のある方
・合併対応、ホスト移行、データ移行、コンバージョン等の開発経験のある方

・社交的で、取引先や社内各署との調整事項を積極的にすすめられる方を歓迎します。
更新日 2019/11/14
求人番号 1172787

採用企業情報

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上20文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ