1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 求人検索
  3.  > 【インストラクター:Google(GCP)】独立系グローバルIT人材育成

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

【インストラクター:Google(GCP)】独立系グローバルIT人材育成

年収:800万 ~ 1000万

ヘッドハンター案件

部署・役職名 【インストラクター:Google(GCP)】独立系グローバルIT人材育成
職種
業種
勤務地
仕事内容 ・Google(GCP)認定講師として研修の登壇
 ※担当するコースはGoogle認定コースに限定されません。
・GCPを中心とした研修の提案支援
・パートナー講師登壇時のサポート
・当社オリジナルコースの開発
・PR活動の支援(無料セミナーの登壇など)

【具体的な業務内容】
・Google認定トレーニングの講師。
(講師認定にあたっては、認定資格に合格するほか、Google社のレビューに合格する必要がある)

・引き合いがあった顧客企業に対して、担当営業に同行し、研修内容の説明を行う。営業活動に必要な資料作成を行う。

【業務の特徴】
・GCPが提供する機能、サービスを学んだ上で、Google社が提供するテキスト、演習ガイドを使用して、講義を行います。
・GCPは機能の追加・更新が多く、受講者は他のクラウドサービスとの比較についての情報も求めるので、常に情報収集に努める必要があります。その分、最新のクラウド技術に触れる機会のある仕事です。
・IT、ビジネススキル等幅広く研修を行っているので、オリジナル研修のコース開発に携わることができます。
労働条件 3ヶ月:AWSについて学習し、認定資格(SAA) を取得します。並行して、AWS社のレビューを受け、認定講師となります。その後、定期コースの講師として登壇します。講師未経験の方は、講師になるためのトレーニングを受けます。このころ1つ目のコース(入門レベル)を担当していただきます。
6ヶ月:Architecting on AWSコースの認定を取得していただき、登壇していただきます。
1年後:定常的にコースを実施しながら、さらに新しい分野にチャレンジしていただきます。担当する内容は本人の希望と照らし合わせながら、AWSの他のコースや他ベンダーなど幅広く決めていきます。
応募資格

【必須(MUST)】

・サーバー管理(LinuxまたはWindows)、ネットワーク、システム開発(設計・実装・テスト)のいずれか1分野に高い専門性を持つほか、他の分野についても一定以上の知識を持つこと
・IT業界における、エンジニアとしての5年以上の経験。複数の技術分野での実務経験があることが望ましい。(サーバー・ネットワーク等幅広く経験を積まれている方が望ましい)
・GCPをはじめパブリッククラウドを用いたシステムの構築および利用経験及びスキルがあること
 (単に仮想マシンとしての利用だけでなく、様々なサービスの活用経験があるほうが望ましい)

【歓迎(WANT)】

・講師経験(社内向け・社外向けを問わない)
*講師未経験の方も歓迎

【求める人物像】
・これまでの自身の専門分野でなくとも、他の分野について自ら学習する意欲があること
・新しい技術に関心を持ち、自ら情報収集する習慣があること
更新日 2019/06/10
求人番号 1026097

採用企業情報

この求人の取り扱い担当者

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号8文字以上20文字以下で入力してください
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ