1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 【公募】プライスウォーターハウスクーパース株式会社

【公募】プライスウォーターハウスクーパース株式会社

【公募】プライスウォーターハウスクーパース株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

財務と人事に変革を。グローバルが舞台のコンサルタント募集

世界四大会計事務所の一つに数えられるPwC。日本でのコンサルティング事業を担うプライスウォーターハウスクーパース株式会社で、グローバルを舞台に、企業の財務と人事に変革を起こす人材を募集します。

本特集の求人の募集は終了しました。

募集期間:
2015年3月26日(木)~ 2015年4月22日(水)

本特集の求人は、会員ステータスをプレミアムにアップグレードされていなくてもビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

クラウド型統合ソリューション「Workday」の導入を推進し、財務と人事が一つに融合した新しい役割モデル“CPO”を創り出します

Workday グローバル導入支援室 マネージャー/若狭康広

Workday グローバル導入支援室
マネージャー/若狭康広

今回募集するプライスウォーターハウスクーパース(以下PwC)の財務・人事ビジネス変革コンサルタント(Workday導入コンサルタント)は、クライアント企業の20年先を見据えて財務・人事の新しいロールモデルを創出していく、いわば「ビジネス変革リーダー」です。

PwCの産学共同研究によると、財務と人事は将来的に一つに融合し、より高度な経営戦略を提言するCPO(Chief Performance Officer)という新しいロールモデルが出現すると予測しています。両部門が融合することで、財務と人事の業務で創出されるビッグデータを元に、より的確な経営判断が迅速に行えるようになり、組織全体のパフォーマンスの最大化が期待できます。

当社では、財務、人事、ビッグデータを一元化するクラウド型統合ソリューション「Workday」の導入をお客様に推進することで、これらを実現していきます。

Workdayは2007年に米ワークデイ社が開発したシステムで、近年、欧米で急速に広まっています。2013年8月にワークデイ日本法人が設立され、当社は同年11月に「Workdayグローバル導入支援室」を発足させました。今後、同組織の人員を現在の10名から50名まで増員し、Workdayのトップベンダーを目指します。

Workdayグローバル導入支援室の業務の大半がグローバルプロジェクトというのも、この仕事のやりがいの一つです。たとえば、外資系企業の日本法人のサポート。日本を含む20カ国の法人が同時にWorkdayを導入する際、日本に最適なローカライズを海外の親会社と話し合い、ロールイン計画から実行までをサポートします。単にWorkday導入のサポートを行うだけでなく、「お客様の業務を正しい方向に導けるか」が私たちの存在価値と考えて行っています。サポートをしながら、最終的にはCPOという新しいロールモデルを作っていくのです。

そのため、コンサルタントとして最も必要な力は「組織が向かうべき未来へ導くリーダーシップ」です。財務や人事のバックグラウンドがあればよいですが、入社後でも習得は可能です。業務改革などに取り組んだ経験をお持ちの方なら、コンサルタントとしての能力が十分あると考えています。

私たちの仕事は、20年先を見据え、世の中に新しいロールモデルをつくること。これを挑戦と捉え、ワクワクするような方に仲間になっていただけるとうれしいです。

今回の募集について

PwCでは、財務と人事の業務価値を高めるソリューションとしてクラウド型統合ソリューション「Workday」の導入を推進しています。その導入コンサルタントとして、クライアント企業に10年、20年先のあるべき姿を提案し、組織に変革をもたらす仲間を募集します。

制度

Workday導入コンサルタントとしてご活躍いただくために、入社後まずは研修を通してWorkday認定コンサルタント資格を取得していただきます。欧米、香港、日本のいずれかで開催される基礎研修(2週間)、さらにバーチャル教室での実践研修(1週間)を経て試験に合格すれば資格を取得できます。このほかにも、Workday知識取得のための海外トレーニング、海外OJTを随時実施します。

業務上、英語は必須となりますが、当社では英語研修に力を入れており、入社後でもキャッチアップが可能です。現在の英語力に応じて、就労時間外に社内トレーニングや外部のスクールに通うことが可能です。また1カ月のフィリピンでの語学留学制度も用意しています。

求める人物像

・3~15年程度の職務経験(必須)
・下記のいずれかのご経験があり、財務会計、人事管理、経営管理領域のコンサルティングに興味のある方
・下記のご経験はないが、新しいビジネスモデルの構築、財務・人事領域でのビジネス改革、グローバルプロジェクトに挑戦したい方

-望ましい職務経験-

・コンサルティング経験(ファーム出身者)
・事業会社における財務・経理部門、人事部門、経営企画部門などの実務経験(業務改革・改善、システム導入の社内プロジェクトに関わった経験があれば、なお可)
・ERPパッケージの導入・開発・運用・保守業務経験(会計・人事領域の経験がなくても可)
・財務会計、管理会計、人事システム導入・開発・運用・保守業務経験

挑めるフィールド

社員の自主性を重んじる職場環境です。挑戦してみたいプロジェクトには自ら手を挙げて関わっていくことが可能です。Workdayグローバル導入支援室は、これから大きく拡大していくため、プロジェクトは今後ますます増える見込みです。入社してすぐに海外で研修を受け、グローバル規模の実務に入っていくため、とくにワールドワイドな仕事に意欲のある方には特にやりがいを感じられる職場です。

  • チーム単位で仕事をするため、チームワークを大切にした風通しの良い職場です
    チーム単位で仕事をするため、チームワークを大切にした風通しの良い職場です
  • 東京オフィスのエントランス風景
    東京オフィスのエントランス風景
  • 希望して、初期メンバーとして導入支援室に参画した汪佳良。「グローバル案件で、設計開発から導入支援まで一貫して関われるのが魅力です」
    希望して、初期メンバーとして導入支援室に参画した汪佳良。「グローバル案件で、設計開発から導入支援まで一貫して関われるのが魅力です」

現場責任者からのメッセージ

Workday グローバル導入支援室 室長/豊國成康

Workday グローバル導入支援室
室長/豊國成康

これはあくまで私見ですが、世界の四大会計事務所系コンサルティングファームと呼ばれる競合他社と比べて、当社には部署間のコラボレーション文化があると思います。

われわれが出現を予測する財務と人事を融合したCPOという新しいロールモデル創出のためには、私たちコンサルタントチームも、財務系と人事系、さらにインダストリー担当のコンサルタントの間で密な連携をとることが欠かせません。その点、当社は「組織全体として価値を提供する」という共通認識が浸透しているので、部署間の垣根が低く、チームの枠を越えたコラボレーションをしやすいのです。

これは、当社でのキャリアを考える皆さんにとって、チャンスが多いことを意味します。たとえば、Workdayグローバル導入支援室は財務部門、人事部門、システム間連携・データ分析担当の3領域で構成されています。人事部門に配属された場合、人事領域をとことん追求していくキャリアを選ぶこともできますし、人事に軸足を置きながら財務へも領域を広げられます。自分の思い描く将来像に向かって、主体的に成長していける環境が整っているのです。

ただし、その成長がクライアント企業に対して価値を発揮するものでなければなりません。成長した結果として、お客様に対してサービスレベルが上がるとか、アウトプットの質が高まるとか、付加価値を提供できるということが大切です。豊富な研修メニューで成長する機会は多数ある会社ですので、成長意欲の高い方にぜひ来ていただきたいです。そして、新しい役割モデルを世界に広めていきましょう。

募集職種

企業概要

プライスウォーターハウスクーパース株式会社

事業内容
PwCは、ディールアドバイザリーとコンサルティングの2つの事業を行う国内最大規模のコンサルティングファームです。ディールアドバイザリー部門とコンサルティング部門が連携し、顧客企業にとって最適なソリューションを提供しています。
設立 1999年6月
従業員 約1,500人

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、
もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    33,000件以上
  • 会員数
    44万人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    1,200人以上

多数の企業がビズリーチを通して求人募集 ー企業人事と直接知り合えるビズリーチー

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに3,000社を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ