1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 【公募】福岡ベンチャー特集

【公募】福岡ベンチャー特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特区3年目に必要なのは、
スタートアップをスケールさせグローバルに展開する経営人材です

「いま、福岡が熱い」
2014年に国家戦略特区の「グローバル創業・雇用創出特区」に指定された福岡市。特区事業は3年目を迎え、「スタートアップカフェ」「天神ビッグバン」など他の都市にはない企画を次々と実現させながら、産学官民一丸となって福岡を盛り上げています。その中心にいるのは、行政のサポートを受けながら、新しいことに挑戦して成長するスタートアップのベンチャー企業です。今回ビズリーチでは、それらベンチャー企業が発展するために最も重要な役割を担う経営人材を募集します。多彩な行政サポートや、得られやすい地域企業の協力、グローバル展開しやすい立地、そして住みやすい環境が整った福岡市で、今までの経験を生かして活躍してみませんか。ぜひあなたの力でベンチャー企業を大きくスケールさせてください。
特区事業の先頭を走る袴着特区部長にインタビューを行いました。福岡の魅力を紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

本特集の求人の募集は終了しました。

本特集の求人は、会員ステータスをプレミアムにアップグレードされていなくても
ビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

福岡市特区部長 袴着賢治

故郷・福岡のために働きたい。国家公務員を辞して福岡市の特区部長へ

2014年7月に福岡市の国家戦略特区部長に着任しましたが、特区部長になる前は、10年間、財務省や内閣府で国家公務員として仕事をしていました。なぜ、国家公務員を辞して福岡市の職員に転職したのかというと、「いつかは故郷である福岡のために仕事をしたい」という想いをずっと持っていたからです。人口も税収も伸びていて、全国のなかでも元気な都市・福岡市には国も注目し、私も積極的に情報を集めていたところ、2014年3月に、福岡市は国家戦略特区に選ばれました。翌月、担当部長の公募が開始されたときは、「これだ!」と直感し手を挙げたのです。

「一度きりの人生なのだから、勇気を持って一歩踏み出すことが自分にとっての正しい選択ではないか。新しいチャレンジをするほうが人生のチャンスは広がるに違いない」そう確信し、家族の後押しを得て、2014年7月に福岡の地に戻ってきました。一度外に出てUターンをしたからこそ分かったのは、福岡は本当に住みやすい場所であるということです。私には5歳と3歳の子供がいますが、福岡には子育てをしやすい環境があり、海も山もすぐ近くにあって休日を心から楽しむことができます。また、食べ物がおいしく、通勤ストレスもほとんどなくて、生活コストも安い。加えて、気候が良く災害も少ない。こうしたことは、豊かな人生を送るうえで計り知れないメリットだと感じています。

地方の中心都市が頑張ることで、地方創生を実現する

今、国は「地方創生」を推進しています。これを実現するにあたって、九州なら福岡、東北なら仙台という各地方の中心都市の果たすべき役割は非常に大きいと考えています。福岡や仙台という選択肢があれば、きっと九州や東北の人は進学や就職のために東京まで出なくてもよくなるはずです。そうした人口流出をせき止めるための“ダム”の機能が地方の中心都市には求められています。福岡がより魅力的な都市となることで九州域内に経済の有機的な循環を生み出すことができれば、それが新たな発展をもたらすはず。私たちは、国家戦略特区の取り組みを通じて福岡市を盛り上げ、九州全体の成長につなげていきたいと考えています。

一方で福岡市は、これからさらに人口が10万人以上増えると予測されており、また、外国人をはじめとした観光客も増加しています。経済成長と暮らしやすさをともに実現するため、都市としてのキャパシティーを増やしつつ、その先の将来も見据えた取り組みを進める必要があり、行政としての腕の見せ所だと思います。

「創業といえば福岡市」――民間企業もスタートアップを支援

福岡市がグローバル創業・雇用創出特区に指定されてから、特区を取りまく環境は大きく変わりました。まず挙げられるのは、スタートアップという選択肢が認知されるようになったこと。「創業」の機運が高まり、街全体が盛り上がってきていることを感じます。また、これまで年間300件程度だった創業に関する相談件数は、2014年10月に市の中心部である天神地区にスタートアップカフェ(創業に関する相談ができる交流拠点)をオープンしたことで、8カ月で750件を超えるように。イベントやセミナーも連日開催されており、メディアでも、「創業といえば福岡市」と取り上げられるようになりました。これは一つの目に見える成果であると感じています。

もうひとつの変化は、民間企業による創業支援の輪が広がっていること。福岡に多くの人が集まり、創業を支援する民間企業が増えたことで、福岡にスタートアップの生態系、エコシステムができようとしています。人口が東京の10分の1という適度な規模感と、「人と人とのつながり」や「コミュニティー」を大切にする土地柄が、この動きを後押ししているのではないかと考えています。

特区とは規制改革。高島市長とともに闘う

特区の取り組みは、国の規制改革です。岩盤規制を打ち砕き、新しいビジネスのモデルを作っていく必要があります。これは簡単なことではありません。福岡市が特区でのチャレンジができるのは、優れたリーダーシップを発揮する高島市長がいるからこそだと思っています。

そもそも、福岡市が創業支援に大きく舵を切ったのは、高島市長がシアトルを視察したことがきっかけとなっています。住みやすい環境がクリエイティブな発想を生んでいるのを目の当たりにした市長は、「シアトルと福岡は似ている」と感じ、平成24年に「スタートアップ都市ふくおか」を宣言しました。私は、前職も含めて仕事上多くの政治家を間近で見てきましたが、高島市長は真に新しい時代を築くリーダーであると感じています。そんな高島市長とともに福岡のために働きたいと思い、特区部長の公募に手を挙げたという部分は大いにあります。

ですから、私は特区部長として市長を支え、市長の想いを実現させたい。この故郷・福岡の地で、30代で国家戦略に関わる仕事を任せていただいていることは幸運であり、感謝の念に堪えません。これほどやりがいのある仕事は他にないと心から思っています。

福岡市が目指すのは、どこよりも住みやすい街です。日本において福岡市が果たすべき役割はとても大きいと考えており、いずれ東京と並ぶ存在になるという確信を持っています。創業が盛んになることでやりがいある仕事が増え、子育てをしやすく住みやすい街に多くの人が集まる。いろんなチャレンジができ、それを応援する土壌がある。そんな、選択肢の多い場所をつくりたいと思います。また、福岡は地震などの災害が少ないため、事業継続性の高い地域と言えます。そういった面でも福岡をアピールし、政府の機能移転、企業の本社移転など積極的な誘致活動を行っていきたいですね。

必要なのは、スタートアップをスケールさせグローバル展開する経営人材

福岡市がグローバル創業・雇用創出特区となって以来、スタートアップを支援する基盤ができ、数多くの新しい企業が生まれました。これからはスタートアップをスケールさせてグローバルに勝負できる企業を育てていくことが目標です。そこで求めているのが、豊富な経験を積んだビジネスプロフェッショナル、いわゆる経営人材です。福岡のスタートアップは若い創業者が多く、彼らを支える人材が求められます。これまでの経験を生かして創業者の参謀となり、事業をスケールさせ、グローバルに展開させてほしいと思います。「アジアのリーダー都市」を目指す福岡市は、交通アクセスがとても便利で、海外と日本を行き来しやすいので、そういった環境もあなたの挑戦を後押ししてくれるはずです。

もちろん移住を伴う方は、決断に勇気が必要かと思います。しかし、一歩踏み出してくれたら、温かく迎え入れる準備はできていますので、ぜひ次のキャリアアップの場に福岡を選んでほしいと思います。これからの人生、どうありたいか。リスクをとってチャレンジする人を応援する街・福岡。この街には、無限の可能性があります。本当にやりがいを感じられる仕事に福岡市で出会ってほしいと思います。

福岡市でともにチャレンジし、皆さんの力でこの街や企業を成長させ、新しい時代を築いていきましょう。

優良ベンチャーの求人情報

  • ユーコネクト株式会社(本社:福岡県、業種:総合人材サービス、介護施設運営)

    執行役員候補、営業部長

    ユーコネクト株式会社は、人材紹介会社としてスタートし、長年人材ビジネスの現場で、働く方々のさまざまな声に耳を傾けてきました。さらに働く現場のスタッフの声をもとに、新サービスとして採用ブランディング支援を始めました。

    医療・介護分野の人材サービスを提供しているうちに、これからの超高齢社会について考えるようになり、介護ビジネスから見えた問題点に何かしら貢献したいと思うようになりました。そこで、リハビリ特化型デイサービスを開設しました。

    次世代の介護サービスビジネスとして、デイサービスと訪問看護ステーションと人材サービス業を融合して、社会が抱える問題に挑戦していきたいと考えています。そのため、ベンチャーキャピタルから資金調達を行いました。

    私たちのサービスを通じて、「地域活性化」と「プラスに、もっと変えていける社会に」を実現するという基本方針に共感していただける方々を心からお待ちしています。

    求人情報を見る

  • リーフ株式会社(本社:福岡県、業種:設計)

    医療ロボット×ソフトウェア設計、医療ロボット×機械設計

    リーフ株式会社は、高齢者が多く、リハビリ施設や介護施設も多い北九州の地域特性に着目して、歩行リハビリ支援のためのロボットやインソールを開発し、数々の賞を受賞しています。

    高齢者先進地域として、日本だけでなく、世界各地で広がる高齢社会の課題に貢献することを目指し、さらなる事業の発展を目標としています。

    しかし、本格的な事業拡大を図るには将来を担うロボット技術者の増員が必要です。歩行リハビリ支援ロボット等は国内の介護施設や病院への導入を予定しており、海外の医療施設からも高い関心が寄せられています。

    今後当社は、海外でも通用するような高い性能を持ち、デザイン性のある製品を北九州でつくり、アジア、そして欧米に広めていきたいと考えています。

    求人情報を見る

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、
もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    82000件以上
  • 会員数
    880000人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    1700人以上

多数の企業がビズリーチを通して求人募集 ー企業人事と直接知り合えるビズリーチー

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに6200を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ