1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > アバナード株式会社

アバナード株式会社

社員の幸せを起点にした、環境変化に強い組織づくり。ワークプレース最前線

アクセンチュアとマイクロソフトの戦略的合弁会社として誕生した、アバナード株式会社。エンジニアのテレワークは難しいといわれているなか、同社は現場のエンジニアもいち早くテレワークに移行し、エンジニアの新たな働き方を実現しています。今回、新しいメンバーの募集を行うにあたり、働きやすい環境づくりの重要性と実態、そのつくり方について、モダン・ワークプレースのディレクターを務める庄昌子氏、グループマネージャーの田中敦斎氏、代表取締役の安間裕氏の3名にお話を伺いました。

本ページの求人の募集は終了しました。

募集期間:2020年4月30日(木)〜 2020年5月27日(水)

本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも閲覧、応募が可能です。

時代の先頭に立ち、日本の未来を切り拓くデジタルイノベーター

アバナードは、2000年に米国で設立されました。2005年に日本のIT市場に参入。今では世界27カ国で80以上の拠点をもち、グローバルでは38,000人、日本でも600人を超える規模にまで成長しています。

目指すのは、「業界をリードするデジタルイノベーターとして、お客様とその先のエンドユーザーに優れた人材とマイクロソフトのエコシステムにより、確かな成果をもたらす」こと。

アクセンチュアが持つ専門知識と最新鋭のマイクロソフトソリューションを融合し、創業以来全世界で4,000社以上もの企業のデジタル変革を支援し、数々のイノベーションを巻き起こし続けている企業です。

より良いワークプレースの追求が、企業価値を二分する



モダン・ワークプレース ディレクター/庄 昌子

──はじめに、庄さんがディレクターを務めるモダン・ワークプレースのミッションや特徴について教えてください。

企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を推進するうえで、私たちアバナードは、従業員の職場における体験「ワークプレース体験(以下、WX)」の向上に注力しています。そのリードを務めるのが、私たちモダン・ワークプレースです。

デジタルなくして生き残れないといわれる今、企業がDXのために投資をするのは当たり前の時代になっています。そして、これまで通りの企業活動ができなくなっている今、「職場における体験」はその重要性と緊急性を増すばかり。そんななかで、DXに取り組む企業の課題の一つに挙がるのが、ワークプレースです。テクノロジーによって仕事環境、職場環境そのものが複雑化してしまい、本当に職場全体の価値、ひいては企業価値は向上しているのかということが問題になっているのです。

テクノロジー導入を支援する私たちは、「働く人々がそれを使ってより良くなっていくにはどうすべきか」を徹底的に考え尽くす必要があります。単に設計するだけではなく、ときにはトレーニングを実施したり、社内のコミュニケーションのお手伝いをしたりすることで、働いている人たちのためのより良い職場環境の実現をサポートするのが、モダン・ワークプレースの役割です。

誰がどう使うのか。ユーザー体験の追求

──より良い職場環境をつくるためには、何が重要なのでしょうか。

私は、利用者にとっての価値にフォーカスすることが重要だと考えています。それはつまり、「誰がどう使うのか」という視点です。

ITの視点から考えると、DXにおけるテクノロジーの導入は「ゴール」となってしまいますが、利用者、つまり働く人の視点に立てば、それはゴールではなく「スタート」になります。

利用者にとって適切なDXがなされなければ、いくら素晴らしいテクノロジーが導入されたとしても意味をなさず、残念ながら、企業価値は一向に高められません。

──モダン・ワークプレース実現による具体的な成果はありますか。

アメリカの大手医療機関におけるプロジェクトで、患者診断数をそれまでの約4倍に増加させた事例があります。

それは、がんの症例について話し合う症例検討会をデジタル化するというプロジェクトでした。症例検討会は医師をはじめ、さまざまな分野の専門家が集まって開催されており、みな多忙ななかで同じ時間に同じ場所に集まることが難しいという課題がありました。そこで、マイクロソフトのテクノロジーを使って、いつでもどこからでも参加でき、オンライン上で症例について議論を交わせるよう、デジタル化を図りました。

この実現にあたって、「課題を解決するためにはどんな機能を必要としていて、どんな画面があるといいのか」「優先して実装したい機能は何か」など、一番大きな価値になるものが何かを知るためにヒアリングなどを行い、徹底的にユーザーの視点から開発を進めました。これによって、患者診断数を4倍にできただけでなく、全情報をデータとして残せるようになり、情報格差の低減とデータに基づいた検討をも可能にしました。多くの人の命を救うことにつながる、とても素晴らしい事例です。

WXのデザインによってイノベーションをもたらす

──これからの時代を勝ち抜くためには、より良いWXをつくり出せるかどうかが、そして、より良いWXをつくり出すためには、いかにユーザー視点で寄り添い、いかにデザインしていくかが重要なのですね。

はい、その通りです。実は、その重要性はアバナードのビジョンにも表れているのです。2019年に、ビジョンの一部に「豊かなエクスペリエンスを創造しつつ」という言葉が追加されました。つまり、私たちアバナードが「体験をつくっていく」という意思の表れです。

──最後に、庄さんがWX向上の場としてアバナードを選んだ理由を教えてください。

私は日本と米国のコンサルティング・デザインエージェンシーで、幅広い業界やプロジェクトのユーザー体験をドライブさせてきた経験を生かし、日本企業にもっと多くのインパクトをもたらせないだろうかと考えていました。

というのも、ここ数年、日本では働き方改革と言われていますが、ただ単純に労働時間を減らすだけでは、本当の改革になっているのか疑問が残ります。せっかくテクノロジーを活用するのであれば、テクノロジーによってもたらされる体験を、現場で働く人々にとって本当に価値のあるものにしていきたいのです。そのためには、徹底的にユーザーに寄り添ったデザインと設計が必要です。

イノベーターである自分たちのWXを最も大事に考え、従業員の働きやすさを追求するアバナードなら、マイクロソフトのテクノロジーを活用して、より大きな規模で、より社会にインパクトをもたらせるはず。そう感じて、私はアバナードを選びました。

素晴らしい体験と、これまでにない価値を提供するために、新しいアプローチも積極的に取り入れ、本当に価値のあるワークプレース実現に貢献していきたいと思っています。

自社環境の良さがあってこそ、真のイノベーターになれる

グループマネージャー/田中 敦斎

──先ほど庄さんから、アバナードは従業員の働きやすさを追求していると伺いました。その働きやすい環境とは一体どういうものか教えてください。

アバナードは、3月に入ってからすぐに業務のテレワーク化を実施し、やむを得ない理由がある場合を除いては、全社でテレワークをしています。

メンバーは安心して仕事に取り組めていますし、日頃から柔軟な働き方に対応しているので、テレワークであっても仕事に大きな支障はありません。このような迅速な企業判断と、それを実現できる環境は、働きやすさの一つではないでしょうか。

業務を遂行するなかでは、マイクロソフトテクノロジーを活用した働くための基盤や仕組みは言うまでもなく、アバナードの仕事の進め方そのものが、仕事の取り組みやすさ、休みやすさという「働きやすさ」につながっていると思いますね。

私たちは仕事を進めるうえで、メンバーに手取り足取り順序立てて仕事を教えたり、依頼したりすることはしません。役割として、ある程度大きな単位で仕事を任せていきます。これは、役職や年次によって変わることはなく、若手であっても同じです。

ですから、任された人は必然的に自分でどうすべきかを考えながら進めていくことになります。自分自身で全てを調整しながら進めていくので、休み一つをとっても自分でスケジューリングするのが当たり前の環境です。

もちろん仕事は一人で進めるものではないので、各所に調整が必要なこともありますが、それも含めて個人の責任の範囲でお任せします。仕事の進め方も休み方も、考え方は同じなのです。

年々増加する男性の育休取得。なかには1年間取得している社員も

──確かに、自分自身で決められるのは働くうえで重要なポイントかもしれませんね。福利厚生なども充実しているのでしょうか。

そうですね。アバナードには、テレワークや時短勤務、産休・育休などを含めて、選択できるオプションが用意されています。

例えば、現在私の組織には育休を取得しているメンバーが数名いるのですが、そのうちの1人の男性メンバーは、1年間の育休を取得しています。女性だから、男性だからという区別がそもそもないので、責任を全うしていれば、いつ、どのくらい休むかは個人で選択できます。

──プロジェクトからメンバーが1人抜けるというのはチームにとって大きな打撃にはならないのでしょうか。

もちろん、優秀なメンバーの1人を1年間プロジェクトにアサインできないのは残念なことです。しかし、メンバーが希望していることを尊重したいですし、会社都合でそれを無視してはいけないと思っています。休暇取得の際にはみなきちんと計画を立てて、誰かに迷惑をかけることなく取得するようにしているので、組織としてはそれをバックアップしますし、仕事に支障が出ることもありません。

制度があるけど利用できない、利用しにくいという空気はまったくなく、きちんとやることをやっていれば、制度を使って休むことに障害はないですね。アバナードは人に重きを置く会社であり、個の事情が最優先されるべきであるという文化が根付いています。

企業カルチャーに根付く、イノベーターとしての決意

──組織が大きくなればなるほど、個の意見は吸い上げにくく、反映されにくくなると思います。アバナードはいかにして「個」を大事にしているのですか。

まず会社全体としては、年に2回従業員の満足度調査を実施しています。匿名調査のため、メンバーは正直な意見を書いてくれます。

その意見に対してリーダーたちは一つ一つ全てに目を通し、ディスカッションを行います。そして、どんな意見があったのか、どんなディスカッションがなされたのかを途中経過も含めて報告していきます。もらった意見に対して、真摯に対応し、改善していこうという意識はとても強いです。

加えて、「キャリア・アドバイザー」という制度によって、一人一人に専属アドバイザーがつく体制があります。プロジェクトの上司とは別の人間がアドバイザーとしてつくことで、可能な限り個人のキャリアや働き方を支援できる体制を整えています。

──そこにアバナードの企業姿勢とイノベーターとしての決意が表れていますね。

そうですね。われわれはイノベーターとして、お客様に対し会社をいかに改革していくかを話し、実行していく立場にあります。そんなわれわれ自身が、自社を良くしていくことができなければ、他社にイノベーションは起こせません。

イノベーターであるからこそ、まずは自分たちの会社を良くしていこう、どんどん変化させていこうという意識が強いと思いますね。

一番に幸せにすべきは従業員。これだけは間違いない

代表取締役/安間 裕

──WXの向上を追求し、従業員を大切にする姿勢をこれまでのお話で伺いました。なぜ、そこまでWXを重要視するのでしょうか、その理由を教えてください。

企業を取り巻くステークホルダーは、株主、地域社会、顧客、サプライヤー、従業員など、さまざまです。その中で私が最も重要なステークホルダーだと思っているのは、従業員なんです。決して、株主でも顧客でもありません。

なぜ従業員を最優先に考えるのかというと、もちろん人として、経営者としてそうありたいという思いもありますが、そこには、実に営利的で実利的な理由があります。

例えば、株主を最優先に考えれば株主だけを幸せにすることはできるし、お客様を最優先に考えればお客様だけを幸せにすることはできます。ところが、従業員を最優先に考えると、従業員を幸せにするのはもちろんのこと、その先のお客様も株主も、みんな幸せにできるんです。

従業員を幸せにできれば、より頑張って働いてもらえる。その働きを見てお客様が喜んでくださる。お客様が喜んでくださるということは、企業の売り上げが上がる。そうすると、株主も経営者も喜ぶんですよ。

仮に、従業員の幸せとお客様の幸せが相反する場合、できる限り共存させるよう努めますが、最終的には従業員を優先させます。そうしなければ、本当の意味で従業員を最優先する「People First」は実現できないですね。

「あなたとあなたの家族は会社が守る」という姿勢

──今回、いち早く全社テレワーク対応に向けて動いたのも、従業員を第一に考えてのことでしょうか。

もちろん、その揺るぎない思想があっての今回の対応です。

有事に、意思決定をするうえで大事にするべきことは多々ありますが、究極的には「経済活動の継続」か「従業員とその家族の安全」かの2択になります。

経済活動を止めることでリストラを招いては元も子もありませんから、「できる限り経済活動を継続しつつ、究極の選択の際は、いくらお金を捨てても従業員とその家族の安全を守る」という方針を早い段階で決めました。この軸さえあれば、そのあとの意思決定は難しくありません。

この方針に従って、今も毎日、意思決定とその対応を行っています。

──具体的にはどのように対応を行っているのでしょうか。

会社としては、新型コロナウイルス対策チームを設置しています。私を含めさまざまな部署から10名ほどが集まり、毎日オンラインで会議を行い、日々寄せられる現場の声や課題についていかに解決するかを話し合い、従業員が安心、安全に働けるようサポートするのが、このチームの役割です。

そして、現場の声はさまざまな方法で集めています。一つは、毎日誰がどのような勤務をしているのか把握するためのアンケートシステムで、そこには困りごとがあれば何でも書き加えられるようにしています。加えて、対策チーム内にも何でも意見を言えて相談できる窓口となるメンバーを置き、相談しやすい環境をつくっていますし、これ以外にもメールで寄せられる意見に一通一通丁寧に対応しています。

このような対応をしながら徐々にテレワークへの移行を進め、どうしても避けられない出社を除き、2020年4月末の時点で大多数の従業員がテレワークで仕事をしています。

現在は、オフィス出社不可が基本となっていて、出社や自宅付近の場所で働くなどの外出に関しては承認が必要です。その全ての稟議や承認判断は直接私のもとに届くようになっていて、どうしたら出社や外出をせずに済むかを徹底的に一緒に考えています。

私に直接稟議を出さなくてはいけないことも出社や外出の抑止につながっていて、これらは全て、「あなたとあなたの家族は会社が守る」という会社の意思表明です。それほど身の安全を守ることが重要だということを従業員にもわかってもらいたいという思いもあります。

今後も起こり得る変化へのデジタル貢献で、確実に足跡を

──デジタルイノベーターとして、現状からいかにしてイノベーションを生み出すのでしょうか。

まず、従業員の安全のために「ステイ・ホーム」が大前提です。そのうえで、デジタルの専門家として、経済活動を止めないためにどう貢献すればいいかを考えていかなくてはいけません。

そして、環境が移行すれば、渦中での学びを経て各企業は体制を考え直すことになります。それを見越したうえで、たとえ今緊急でテクノロジー導入を進める場合であっても、突貫工事的ではない柔軟性のあるデジタル化を進めることが、デジタルイノベーターとしてのアバナードの任務です。

今アバナードでは、「!nnovate(イノベート)」というイベントをオンラインで実施しています。これは、設定した課題に対してどうデジタルで解決していくのかをチームで作り上げるメイカソンのイベントです。現在は各拠点内で行っており、次のステップとして、全世界の拠点を集結させて実施していきます。

このようなイベントを通してわれわれが行っていることは、「目の前にあるテクノロジーを活用して課題をどう解決するのか、どんな面白い解決ができるのか」を考えるトレーニングなんです。

基礎問題ではなく応用問題を解けるようになるためのトレーニングを積み、それを全世界で共有し、より高いレベルでのデジタル貢献をしていくことがわれわれの役目であり、われわれのイノベーションの起こし方です。

──最後に、今後の展望をお聞かせください。

今、世界は混乱のさなかにありますが、そんな世の中や人々にとって何か足跡を残す企業になりたいし、なるべきだと思っています。しかもそれは、この先もずっと続いていく足跡でありたい。みなさんにも、みなさんの後輩にも、そのまた後輩にも面白い会社だなと思ってもらえる存在であり続けたいと思っています。

募集職種

  • ソリューション アーキテクト
    • システムコンサルタント
    • 東京都 大阪府

    【当社について】 当社は、お客様の課題を様々なテクノロジーを駆使して解決し、お客様自身またはお客様のビジネスに変革を起こすサポートをする会社です。マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、マイクロソフトのエコシステム全体をカバーする専門性と技術力はもちろんのこと、クラウド&デジタルトランスフォーメーション推進のための深い業界知識と経験を持ち合わせています。また大規模開発プロジェクトにおいては、弊社は、戦略立案・企画から開発、運用保守まで、プロジェクトの上流から下流までを一気通貫で対応し得る企業基盤があります。グローバル化も企業課題の一つですが、弊社のネットワークを活かすことで、国内にとどまらず国境を超えたプロジェクトまでも得意としています。 【業務概要】 当社のソフトウェアエンジニアリングチームでは、エンジニアは上流工程である企画・コンサルティングから技術力を要す要件定義、設計、開発・構築・テスト、導入後、運用管理までのすべてのフェーズで経験を積み、スキルを発揮することができます。 【業務詳細】 ソフトウェアエンジニアリング部門のビジネスを牽引する立場として.NET環境やマイクロソフト製品を活用した企業向け業務アプリケーション開発案件でご活躍いただきます。 当社がグローバルレベルで共有するアセット、開発方法論を活用し、エンタープライズ向けのソリューショニングの展開を担当。 海外を中心に積極的に採用しているDevOps、アジャイルを通じ、最新のマイクロソフト技術を用いて、スクラッチ開発、パッケージのカスタマイズなどを組み合わせた最適なソリューションを構築し、顧客の課題解決へと導きます。 案件の対象は多岐にわたり、モバイルアプリケーションやWebアプリケーションといったアプリケーション形態、業務アプリケーションや基幹システムといった領域、クラウド、Power BI, RPAやIoTなどの技術要素を幅広く扱っております。 【当社の強み】 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス ●事業拠点 世界27ヶ国、80以上のオフィス ●人材  ・従業員数、3万5千人以上 ・12ヶ国、総勢2万人が在籍する、オフショアの開発拠点 ●収益 売上高:20億米ドル以上、年平均成長率20% 【受賞歴-過去5年間】 Artificial Intelligence and Machine Learning アワード 2019 SAP on Azure アワード 2019 Microsoft SAP on Azure アワード 2018 Microsoft Public Sector アワード 2017 Microsoft Internet of Things (IoT)アワード 2016 Microsoft Cloud Customer Relationship Management コンピテンシー アワード 2015

  • インフラストラクチャ プロジェクトマネージャー
    • プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) プロジェクトリーダー(Web・オープン系)
    • 東京都 愛知県 大阪府

    【当社について】 当社は、お客様の課題を様々なテクノロジーを駆使して解決し、お客様自身またはお客様のビジネスに変革を起こすサポートをする会社です。マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、マイクロソフトのエコシステム全体をカバーする専門性と技術力はもちろんのこと、クラウド&デジタルトランスフォーメーション推進のための深い業界知識と経験を持ち合わせています。また大規模開発プロジェクトにおいては、弊社は、戦略立案・企画から開発、運用保守まで、プロジェクトの上流から下流までを一気通貫で対応し得る企業基盤があります。グローバル化も企業課題の一つですが、弊社のネットワークを活かすことで、国内にとどまらず国境を超えたプロジェクトまでも得意としています。 【業務概要】 当社のプロジェクトマネージャーは、上流工程である企画・コンサルティングから技術力を要す要件定義、設計、開発・構築・テスト、導入後、運用管理までのすべてのフェーズで経験を積み、スキルを発揮することができます。 【業務詳細】 プロジェクトマネージャー/プロジェクトリーダー、またはその候補として、各種プロジェクト、ご参画いただきます。 ■新規、または既存顧客に対する提案活動 ■開発全般における品質/スケジュール/コスト管理、およびマネジメント業務 ■要件定義、基本設計等の上流工程 【案件の特徴】 先進的なテクノロジーを活かした、難度の高い案件が多いのが当社の特徴です。当社のミッションは製品の販売ではなく顧客の経営課題に対し、ソリューションを活用して解決することです。 製品を軸とせず、顧客のビジネスやワークスタイルを軸としたソリューションの提供を⾏うためには、⾼い技術⼒だけでなく顧客にコミットするビジネスマインド、信頼を得られるヒューマンスキルが求められる仕事です。 ※プロジェクトにより国内・海外出張有 【当社の強み】 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス 【受賞歴・過去5年間】 Artificial Intelligence and Machine Learning アワード 2019 SAP on Azure アワード 2019 Microsoft SAP on Azure アワード 2018 Microsoft Public Sector アワード 2017 Microsoft Internet of Things (IoT)アワード 2016 Microsoft Cloud Customer Relationship Management コンピテンシー アワード 2015

  • ソフトウェアエンジニアリング プロジェクトマネージャー
    • プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) プロジェクトリーダー(Web・オープン系)
    • 東京都 大阪府

    【当社について】 当社は、お客様の課題を様々なテクノロジーを駆使して解決し、お客様自身またはお客様のビジネスに変革を起こすサポートをする会社です。マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、マイクロソフトのエコシステム全体をカバーする専門性と技術力はもちろんのこと、クラウド&デジタルトランスフォーメーション推進のための深い業界知識と経験を持ち合わせています。また大規模開発プロジェクトにおいては、弊社は、戦略立案・企画から開発、運用保守まで、プロジェクトの上流から下流までを一気通貫で対応し得る企業基盤があります。グローバル化も企業課題の一つですが、弊社のネットワークを活かすことで、国内にとどまらず国境を超えたプロジェクトまでも得意としています。 【業務概要】 当社のソフトウェアエンジニアリングチームにおけるプロジェクトマネージャーは、上流工程である企画・コンサルティングから技術力を要す要件定義、設計、開発・構築・テスト、導入後、運用管理までのすべてのフェーズで経験を積み、スキルを発揮することができます。 【業務詳細】 Webアプリケーション開発におけるプロジェクトマネージャー/プロジェクトリーダー、またはその候補として、各種プロジェクト、ご参画いただきます。 以下のいずれかの案件をお任せします。 ・クラウド環境、特にMicrosoft Azure環境(IaaS、PaaS)上でのWEBアプリ、IoTアプリ、AIアプリの開発 ・Microsoft 365の(SharePoint、Teams、Power Platformなど)カスタマイズ案件 ・BI(SQL ServerやPower BI)案件 ・Dynamics 365 (ERP/CRM)案件 ・Digital Marketing(SiteCoreなど)案件 ・RPA(BluePrizmやUiPath)案件 ■新規、または既存顧客に対する提案活動 ■開発全般における品質/スケジュール/コスト管理、およびマネジメント業務 ■要件定義、基本設計等の上流工程 【当社の強み】 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス ●事業拠点 世界27ヶ国、80以上のオフィス ●人材  ・従業員数、3万5千人以上 ・12ヶ国、総勢2万人が在籍する、オフショアの開発拠点 ●収益 売上高:20億米ドル以上、年平均成長率20% 【受賞歴・過去5年間】 Artificial Intelligence and Machine Learning アワード 2019 SAP on Azure アワード 2019 Microsoft SAP on Azure アワード 2018 Microsoft Public Sector アワード 2017 Microsoft Internet of Things (IoT)アワード 2016 Microsoft Cloud Customer Relationship Management コンピテンシー アワード 2015

  • Microsoft Dynamics 365 導入プロジェクトマネージャー
    • プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) プロジェクトリーダー(Web・オープン系) パッケージ導入コンサルタント
    • 東京都 大阪府

    【職務概要】 Microsoft Dynamics 365導入の、計画立案から要件定義、設計、開発、導入、導入後の運用サポートまで、プロジェクトマネジャーとしてプロジェクト全体をリードしていただきます。また、お客様への提案活動の支援も行っていただきます。 ・新規、または既存顧客に対するソリューションプランニング/提案/プリセールス活動 ・パッケージ導入/アドオン開発に関わるスケジュール/コスト/品質管理、およびマネジメント業務 ・導入工程における顧客コミュニケーション/レポート/スコープ調整等 ・ローカル/グローバルのデリバリーオフィスやリーダーシップへの定期的なレポート/エスカレーション 【Microsoft Dynamics 365とは】 Dynamics 365は、Microsoftの次世代ビジネスアプリケーションです。クラウド上で CRM/ERP 領域を統合的に提供し、 拡張性、開発の柔軟性、容易なデータ活用によりお客様業務の生産性向上、迅速/最適な経営判断を可能にします。 このビジネスアプリケーションには4つの特徴があります。 1. 「いつでもどこでも」Officeシステムとの融合:日常業務システムであるOfficeとシームレスに使用でき、生産性を向上させます 2. クイックにニーズへ対応できる柔軟性:ビジネス変化への継続的な順応を可能にします 3. 標準装備のインテリジェンスによるデータ活用:高度なデータ分析で最適で迅速な判断、アクションを支援します 4. ERP/CRM統合型、段階的拡張も容易:顧客接点からバックエンドシステムまでカバーします 【企業概要】 ●事業内容 弊社は、マイクロソフトテクノロジーに関する洞察と革新性、高い技術力を駆使したビジネス ソリューションとマネージドサービス提供し、お客様のビジネスを成功へと導きます。 マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、業界とビジネスに関する深い専門知識と最適なエンタープライズ ソフトウェア ソリューションを統合したサービスを提供しています。 ●特徴 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス

  • インフラエンジニア
    • インフラエンジニア サーバーエンジニア(構築・運用) システムコンサルタント
    • 東京都 愛知県 大阪府

    【当社について】 当社は、お客様の課題を様々なテクノロジーを駆使して解決し、お客様自身またはお客様のビジネスに変革を起こすサポートをする会社です。マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、マイクロソフトのエコシステム全体をカバーする専門性と技術力はもちろんのこと、クラウド&デジタルトランスフォーメーション推進のための深い業界知識と経験を持ち合わせています。また大規模開発プロジェクトにおいては、弊社は、戦略立案・企画から開発、運用保守まで、プロジェクトの上流から下流までを一気通貫で対応し得る企業基盤があります。グローバル化も企業課題の一つですが、弊社のネットワークを活かすことで、国内にとどまらず国境を超えたプロジェクトまでも得意としています。 【業務概要】 当社では、上流工程である企画・コンサルティングから技術力を要す要件定義、設計、開発・構築・テスト、導入後、運用管理までのすべてのフェーズで経験を積み、スキルを発揮することができます。 【業務詳細】 エンタープライズ向けにインフラストラクチャ領域エキスパートとして主にWindows Serverをベースにシステム基盤の設計と構築、さらに、Microsoft 365(Office 365-Exchange, SharePoint, Skype for Business, Teams)のコンサルティング、アドバイザリー、システム構築を行っており、Office 365を中心に、認証基盤、メール基盤、ユニファイドコミュニケーション基盤など、OA環境におけるクラウドソリューションの導入サービスを提供しています。 【当社の強み】 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス 【受賞歴-過去5年間】 Artificial Intelligence and Machine Learning アワード 2019 SAP on Azure アワード 2019 Microsoft SAP on Azure アワード 2018 Microsoft Public Sector アワード 2017 Microsoft Internet of Things (IoT)アワード 2016 Microsoft Cloud Customer Relationship Management コンピテンシー アワード 2015

  • クラウドエンジニア
    • インフラエンジニア サーバーエンジニア(構築・運用) システムコンサルタント
    • 東京都 大阪府

    【当社について】 当社は、お客様の課題を様々なテクノロジーを駆使して解決し、お客様自身またはお客様のビジネスに変革を起こすサポートをする会社です。マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、マイクロソフトのエコシステム全体をカバーする専門性と技術力はもちろんのこと、クラウド&デジタルトランスフォーメーション推進のための深い業界知識と経験を持ち合わせています。また大規模開発プロジェクトにおいては、弊社は、戦略立案・企画から開発、運用保守まで、プロジェクトの上流から下流までを一気通貫で対応し得る企業基盤があります。グローバル化も企業課題の一つですが、弊社のネットワークを活かすことで、国内にとどまらず国境を超えたプロジェクトまでも得意としています。 【業務概要】 当社では、上流工程である企画・コンサルティングから技術力を要す要件定義、設計、開発・構築・テスト、導入後、運用管理までのすべてのフェーズで経験を積み、スキルを発揮することができます。 【業務詳細】 クラウド戦略のソリューション提案(クラウドの展開を検討しているお客様、クラウドの活用、運用の検討)、Azureマイグレーション (Win2008のEoSに伴う、Azureへの移行、データセンターからAzureへの移行(Windows/Linux)、 SAPオンAzure (SAP EoS対応→Azure上でSAPの導入オフショア(英語圏)の活用等) など様々な業界のお客様へソリューションの構築設計から導入まで行う。 【当社の強み】 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス 【受賞歴-過去5年間】 Artificial Intelligence and Machine Learning アワード 2019 SAP on Azure アワード 2019 Microsoft SAP on Azure アワード 2018 Microsoft Public Sector アワード 2017 Microsoft Internet of Things (IoT)アワード 2016 Microsoft Cloud Customer Relationship Management コンピテンシー アワード 2015

  • Microsoft Dynamics 365 導入コンサルタント
    • パッケージ導入コンサルタント パッケージ開発 システムコンサルタント
    • 東京都 大阪府

    【当社について】 当社は、お客様の課題を様々なテクノロジーを駆使して解決し、お客様自身またはお客様のビジネスに変革を起こすサポートをする会社です。マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、マイクロソフトのエコシステム全体をカバーする専門性と技術力はもちろんのこと、クラウド&デジタルトランスフォーメーション推進のための深い業界知識と経験を持ち合わせています。また大規模開発プロジェクトにおいては、弊社は、戦略立案・企画から開発、運用保守まで、プロジェクトの上流から下流までを一気通貫で対応し得る企業基盤があります。グローバル化も企業課題の一つですが、弊社のネットワークを活かすことで、国内にとどまらず国境を超えたプロジェクトまでも得意としています。 【業務概要】 当社では、上流工程である企画・コンサルティングから技術力を要す要件定義、設計、開発・構築・テスト、導入後、運用管理までのすべてのフェーズで経験を積み、スキルを発揮することができます。 【業務詳細】 クライアントが抱える様々な経営課題やニーズに対してERPおよびCRMアプリケーション(Microsoft Dynamics 365)を用いたソリューションの提案や導入プロセスに携わっていただきます。具体的には業務プロセス分析・設計、要件の管理、作業計画タスクのリード、リスク管理等を担当していただくことを想定しています。 【Microsoft Dynamics 365とは】 Dynamics 365は、Microsoftの次世代ビジネスアプリケーションです。クラウド上で CRM/ERP 領域を統合的に提供し、 拡張性、開発の柔軟性、容易なデータ活用によりお客様業務の生産性向上、迅速/最適な経営判断を可能にします。 このビジネスアプリケーションには4つの特徴があります。 1. 「いつでもどこでも」Officeシステムとの融合:日常業務システムであるOfficeとシームレスに使用でき、生産性を向上させます 2. クイックにニーズへ対応できる柔軟性:ビジネス変化への継続的な順応を可能にします 3. 標準装備のインテリジェンスによるデータ活用:高度なデータ分析で最適で迅速な判断、アクションを支援します 4. ERP/CRM統合型、段階的拡張も容易:顧客接点からバックエンドシステムまでカバーします 【当社の強み】 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス

  • ソフトウェアエンジニアリング - .NETエンジニア
    • SE(Web・オープン系) システムコンサルタント プロジェクトマネージャー(Web・オープン系)
    • 東京都 大阪府

    【当社について】 当社は、お客様の課題を様々なテクノロジーを駆使して解決し、お客様自身またはお客様のビジネスに変革を起こすサポートをする会社です。マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、マイクロソフトのエコシステム全体をカバーする専門性と技術力はもちろんのこと、クラウド&デジタルトランスフォーメーション推進のための深い業界知識と経験を持ち合わせています。また大規模開発プロジェクトにおいては、弊社は、戦略立案・企画から開発、運用保守まで、プロジェクトの上流から下流までを一気通貫で対応し得る企業基盤があります。グローバル化も企業課題の一つですが、弊社のネットワークを活かすことで、国内にとどまらず国境を超えたプロジェクトまでも得意としています。 【業務概要】 当社のソフトウェアエンジニアリングチームでは、エンジニアは上流工程である企画・コンサルティングから技術力を要す要件定義、設計、開発・構築・テスト、導入後、運用管理までのすべてのフェーズで経験を積み、スキルを発揮することができます。 【業務詳細】 ソフトウェアエンジニアリング部門の一員として.NET環境やマイクロソフト製品を活用した企業向け業務アプリケーションの構想設計および導入を行います。 当社がグローバルレベルで共有するアセット、開発方法論を活用するとともに、海外を中心に積極的に採用しているDevOps、アジャイルを通じ、最新のマイクロソフト技術を用いて、スクラッチ開発、パッケージのカスタマイズなどを組み合わせた最適なソリューションを構築し、顧客の課題解決へと導きます。 案件の対象は多岐にわたり、モバイルアプリケーションやWebアプリケーションといったアプリケーション形態、業務アプリケーションや基幹システムといった領域、クラウド、Power BI, RPAやIoTなどの技術要素を幅広く扱っており、様々な経験を積んでいただけます。 【当社の強み】 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス ●事業拠点 世界27ヶ国、80以上のオフィス ●人材  ・従業員数、3万5千人以上 ・12ヶ国、総勢2万人が在籍する、オフショアの開発拠点 ●収益 売上高:20億米ドル以上、年平均成長率20% 【受賞歴-過去5年間】 Artificial Intelligence and Machine Learning アワード 2019 SAP on Azure アワード 2019 Microsoft SAP on Azure アワード 2018 Microsoft Public Sector アワード 2017 Microsoft Internet of Things (IoT)アワード 2016 Microsoft Cloud Customer Relationship Management コンピテンシー アワード 2015

  • ソフトウェアエンジニアリング - ERP/CRMソリューションエンジニア
    • パッケージ開発 SE(Web・オープン系) パッケージ導入コンサルタント
    • 東京都 大阪府

    【当社について】 当社は、お客様の課題を様々なテクノロジーを駆使して解決し、お客様自身またはお客様のビジネスに変革を起こすサポートをする会社です。マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、マイクロソフトのエコシステム全体をカバーする専門性と技術力はもちろんのこと、クラウド&デジタルトランスフォーメーション推進のための深い業界知識と経験を持ち合わせています。また大規模開発プロジェクトにおいては、弊社は、戦略立案・企画から開発、運用保守まで、プロジェクトの上流から下流までを一気通貫で対応し得る企業基盤があります。グローバル化も企業課題の一つですが、弊社のネットワークを活かすことで、国内にとどまらず国境を超えたプロジェクトまでも得意としています。 【業務概要】 当社のERPおよびCRMソリューションエンジニアは、上流工程である企画・コンサルティングから技術力を要す要件定義、設計、開発・構築・テスト、導入後、運用管理までのすべてのフェーズで経験を積み、スキルを発揮することができます。 【業務詳細】 クライアントが抱える様々な経営課題やニーズに対してERPおよびCRMアプリケーション(Microsoft Dynamics 365)のソリューションエンジニアとして、お客様へのシステム設計・構築・開発などを担当していただきます。 【当社の強み】 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス ●事業拠点 世界27ヶ国、80以上のオフィス ●人材  ・従業員数、3万5千人以上 ・12ヶ国、総勢2万人が在籍する、オフショアの開発拠点 ●収益 売上高:20億米ドル以上、年平均成長率20% 【受賞歴-過去5年間】 Artificial Intelligence and Machine Learning アワード 2019 SAP on Azure アワード 2019 Microsoft SAP on Azure アワード 2018 Microsoft Public Sector アワード 2017 Microsoft Internet of Things (IoT)アワード 2016 Microsoft Cloud Customer Relationship Management コンピテンシー アワード 2015

  • ソフトウェア エンジニアリング –  BIエンジニア
    • SE(Web・オープン系) プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) プロジェクトリーダー(Web・オープン系)
    • 東京都 大阪府

    【 概 要 】 ソフトウェア エンジニアリング タレントコミュニティに属し、マイクロソフトテクノロジーをベースにした各業界へのBIソリューション導入コンサルティング、システム設計・構築を担当いただきます。 【 詳 細 】 業務課題の明確化、各種分析システムに求められる要件分析、テクニカルアーキテクチャ設計(標準)、KPIの設計、システム導入、保守まで、主にリレーショナルデータベース管理システムの機能を最大限に活用した経営層向けのダッシュボード開発や業務分析/意思決定支援システムの構築など、顧客の経営やサービスの中核となるITシステムの提供及びアウトソーシング。 【案件の特徴】 先進的なテクノロジーを活かした、難易度の高い案件が多いのが当社の特徴です。当社のミッションは製品の販売ではなく顧客の経営課題に対し、ソリューションを活用して解決することです。 製品を軸とせず、顧客のビジネスやワークスタイルを軸としたソリューションの提供を⾏うためには、⾼い技術⼒だけでなく顧客にコミットする ビジネスマインド、信頼を得られるヒューマンスキルが求められる仕事です。 ※プロジェクトにより国内・海外出張有 【企業概要】 ●事業内容 弊社は、マイクロソフトテクノロジーに関する洞察と革新性、高い技術力を駆使したビジネス ソリューションとマネージドサービス提供し、お客様のビジネスを成功へと導きます。 マイクロソフトとアクセンチュアの出資によるジョイント ベンチャーとして 2000 年に設立され、業界とビジネスに関する深い専門知識と最適なエンタープライズ ソフトウェア ソリューションを統合したサービスを提供しています。 ●特徴 ・マイクロソフト環境における圧倒的な技術力 ・ビジネスと業界に対する洞察力 ・お客様を成功に導くグローバル コラボレーション ・俊敏性と柔軟性に優れたデリバリ アプローチ ・上記大手2社との緊密なアライアンス ●事業拠点 世界27ヶ国、80以上のオフィス ●人材  ・従業員数、3万5千人以上 ・12ヶ国、総勢2万人が在籍する、オフショアの開発拠点 ●収益 売上高:20億米ドル以上、年平均成長率20%

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ