1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > アクセンチュア株式会社

アクセンチュア株式会社

RPAやAI による業務改革×データアナリティクスで企業改革に貢献

グローバルで25年にわたってBPO市場をリードするアクセンチュアのオペレーションズ本部。RPAやAI の導入による業務高度化や、業務データ分析によるインサイト提供など最新のオペレーション改革について、マネジング・ディレクターの植田順氏に伺いました。

本ページの求人の募集は終了しました。

募集期間:2019年1月24日(木)〜 2019年2月20日(水)

本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

コスト削減だけでない、「経営課題を解決する」手法へと進化

「インテリジェント・オペレーション」で抜本的改革に貢献

オペレーションズ本部 マネジング・ディレクター/植田 順

アクセンチュアのなかでも、オペレーションズ本部はお客様の現場改善に関する豊富な経験とノウハウに加え、業務改革におけるコンサルティングの手法や最新のデジタルテクノロジーの知見を総合的に有している点が特徴です。単純業務のアウトソーシングによる、コスト削減を目的とした従来型のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を超えて、AI(人工知能)やRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などの最新テクノロジーを活用したオペレーション改革、そして業務データの分析(データアナリティクス)から得られたインサイトによって、お客様の経営課題の解決と、ビジネスのパフォーマンス向上に貢献するBPS(ビジネス・プロセス・サービス)を展開しています。

このBPSを強化するうえでキーワードとなるのが「インテリジェント・オペレーション」。これは、RPAやAI などの自動化技術を活用した業務改革と、データアナリティクスによって得られたインサイトを活用する新しいビジネスプロセスの姿です。例えば、限られた人材や時間を付加価値の高い業務にシフトさせ、業務効率化や従業員価値を向上させる。そこに、データの取得や分析をリアルタイムで実施することで、より高度でスピーディーな経営判断を可能にする、といった姿です。企業成長に直結する組織改革や事業活性化などのイノベーションが求められる今、「インテリジェント・オペレーション」の実現は欠かせないものとなっています。

そこで、私たちが注力しているのが、一つ一つのツールやノウハウを「End to End」でつなげてプラットフォーム化し、そこにそれぞれの業務をのせていくという抜本的な改革です。これまで、購買部や経理部など、部門をまたいだ業務高度化・効率化はなかなか進みづらい状況にありましたが、部門長だけではなくCOO(最高執行責任者)と直接「End to End」で改善を進めることで、スケールを広げながら全体の効率性を向上させ、効果が表れるようにアプローチ。業務の全てを俯瞰することで、お客様にとってより価値のあるソリューションを提供できるようになりました。

「End to End」にアナリティクスを組み込み、経営判断に生かす

もう一つ、BPSでキーワードとなるのが、「インテリジェント・オペレーション」の重要なパーツの一つであるアナリティクス。従来は、現場ごとに上がってくるデータがあれば個別に分析し、お客様に提案を行うという流れでした。それが、RPAやAI ツールによるデータ連携によって、データ取得から分析に至るノウハウや経験の蓄積が、急激に向上しています。

これにより、お客様への提案能力や価値提供の質も飛躍的に向上、BPSの領域はアウトソーシングにとどまらず、経営判断に近い上流部分の戦略コンサルティングにまで広がっています。現在、「End to End」のなかにアナリティクスを組み込むサービスも増えており、今後は業界横断でさらに幅広いソリューションを提供できるようになると期待しています。

全体を俯瞰する「経営視点」がBPSのカギ

ノウハウの集約・蓄積により精度の高いソリューションへ

テクノロジーを用いたBPSプロジェクトの身近な例として、各種管理部門に寄せられる社内の問い合わせ業務を効率化するAIチャットボットが挙げられます。アクセンチュアでは、インドやルーマニア、中国など、海外のデリバリーセンターでも開発や運用を行っており、そこで蓄積されたノウハウをAIエンジンに活用。人間のオペレーターの応答をAIに学習させAIの応答能力を自動的に強化しています。さらに、AIチャットボットが解決できない質問は、人間のオペレーターへエスカレーションし、回答へ導くこともできます。最先端のテクノロジーと海外拠点のリソースを最適に組み合わせることで、運用開始時点から精度の高いサービスを提供できることは、アクセンチュアならではの強みでしょう。

BPSの成長のカギを握る「4つのポイント」

今後、業務領域で注力していくポイントは大きく4点あります。1つ目が、「End to End」で最も効果が見込める「調達・購買部門の強化」。これはサプライヤーとの交渉などを含めたバイヤー業務などをBPSで請け負った場合、購買額の削減にダイレクトに貢献できます。また、「インテリジェント・オペレーション」のなかで需要予測を行っていけば、より効率を高めることができます。数十億円単位でのコスト削減も期待でき、企業経営に与えるインパクトは計り知れないものになるでしょう。

2点目は、「サプライチェーンにおけるアナリティクスの強化」。現在、データの取得、分析から提案につなげるという新しい業務サイクルが生まれてきていますが、業界内でこうしたノウハウを持つ存在というのはまだまだ少数です。現場改善の知見を持つ、私たちBPSがコンサルティングのノウハウを用いながら、お客様にとって最上級の価値を生み出せる領域と見込んでいます。今後はさらに、サプライチェーンを束ねた「End to End」の視点で、BPSの存在感を示していきたいと考えています。

3点目が「金融業界へのアプローチ」。従来、専門ベンダーの独壇場であった金融業界ですが、テクノロジーによる変革の波が押し寄せ、競争が激化しています。しかし、アクセンチュアはこの機をチャンスととらえ、BPSならではの価値提供にチャレンジ。現場の知見と最先端のテクノロジーを最適に組み合わせることで、業界内でも圧倒的な強みを見せはじめています。

そして4点目が、RPAやAI などによる「テクノロジーのさらなる強化」。そこに、アクセンチュアが保有する豊富な知見とアセットを融合させれば、お客様の生産性向上や意思決定の高度化、コスト効率の劇的な改善に貢献できると確信しています。

次々と生まれる最先端の技術を、真っ先に体感できる

グローバルネットワークが「最善の価値提供」を可能に

アクセンチュアの最たる魅力は「チーム力」でしょう。個人のパフォーマンスはもちろんのこと、それ以上に社内の人脈や事例、知見などのアセットを活用することが、お客様への最善のソリューションへとつながっていると感じます。世界52カ国約47万人のネットワークを有するアクセンチュアには、テクノロジーを含め、日本ではまだ公表されていない海外の最新トレンドやトピックスに日常的に触れられる恵まれた環境があります。そうした最先端の事例や知見を常にキャッチすることを意識すれば、自己成長とお客様への最善の価値提供が可能になるでしょう。

私自身、新卒でアクセンチュアに入社後、キャリアの前半はマネジメント・コンサルタントとして戦略策定に携わり、BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)を通じて業務プロセス改革の面白さを実感してきました。現在はBPSに異動し、気づけば入社してから20年以上たちましたが、これまで同じ仕事を繰り返して行うような案件は一つもありませんでした。海外から次々と生まれる変革の波に触れられるのは非常にエキサイティングで、マネジング・ディレクターとなった現在も日々新しい発見にあふれています。

超上流から攻め、企業を変革する

オペレーションズ本部におけるコンサルタントは、戦略策定だけでなく、お客様と二人三脚でソリューションを実装し、効果にコミットできるのが醍醐味。近年、BPSにも戦略コンサルティングの資質やテクノロジー領域の知見が求められ、そのうえで現場を知る私たちの部門がプロジェクトをけん引する機会が増えています。

また、当本部の特徴の一つに、さまざまな業務やツールを扱いながら、各業界の専門家をコーディネートしてかじ取りできることが挙げられます。例えば、お客様はERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)など、多種多様なシステムやツールを使用していますが、BPSはそれらをただ効率化するのではなく、全体を見直して再構築し、抜本的な解決に導くことを重視しています。業務プロセスを熟知する私たちBPSチームが中心となり、コンサルティング部門やテクノロジー部門、デジタル部門などの専門チームをプロジェクトに巻き込んで動かすため、コーディネーターとしての資質も十分に鍛えられるはずです。

コンサルティングとして現場を知っているという方は、その強みを間違いなく生かせますし、事業会社出身の方であれば、業務を踏まえつつ、既成概念にとらわれない発想力やセンスを持ち合わせていることを期待します。また、戦略コンサルティングや経営企画出身の方の場合は、現場の感覚やイメージを持てることが重要となるでしょう。超上流の経営から企業を変革できるオペレーションズ本部で、これまで培ってきた経験やスキルをぜひ生かしてください。

募集職種

  • 【Operations-OC&A】業務プロセスコンサルタント/RPAや人工知能、Analyticsを活用したオペレーション改革コンサルティングを担うポジションです/オペレーションズ本部(世界最大のBPOプレイヤー)
    • 業務プロセスコンサルタント システムコンサルタント SE(Web・オープン系)
    • 東京都

    ■当社オペレーションズ本部のビジネス: “インテリジェント・オペレーションサービス” 当社オペレーションズは従来より、世界最大の業務プロセスアウトソーシング(BPO)プレイヤーとして、クライアントの長期的ビジネス・パートナーとなり、国・産業を超えて、コスト削減はもとより、ガバナンスの強化、働き方改革の実現を成し遂げてきました。 飛躍的な進化をとげるデジタル技術を活用することによって、今、このBPOサービスは、インテリジェント・オペレーションサービスへと急速に進化しつつあります。ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)、アナリティクス、人工知能(AI)を始めとするデジタル技術の組み合わせ活用により、End-to-Endのプロセス視点での業務改革を突き詰め、クライアントの業務オペレーションの圧倒的な省力化を実現します。省力化とともに、クライアントの業務オペレーションの飛躍的な高度化も実現します。経理、人事といった本社業務だけでなく、サプライチェーン業務、営業・マーケティング業務も含めた企業活動の全域を対象に、データ活用型の新たな業務を設計して組み込みインテリジェント化することで、それぞれの業務領域におけるビジネス成果(ビジネスアウトカム)に直接的に貢献します。 こうして実現するインテリジェント・オペレーションの本質は、人間とマシンの協働です。超自動化を推し進める業務オペレーションにおいても、人間の介在は直ぐには無くなりません。発展を続けるデジタル技術の適用は、即興性・試行錯誤性を特長としており、従来の基幹系システムの導入のような一過性の大改革(Big Bang)ではなく、複数年にわたる連続的な改革(Journey)となるため、その改革過程を通して人材の再訓練・再配置に取り組むことが必要となります。心を持った生身の人間の意欲を継続的に保ちながら、絶え間なく姿を変えていくマシン(デジタル技術)との協働を実現していくことが、インテリジェント・オペレーションの最大の鍵です。当社のインテリジェント・オペレーションサービスでは、当社の社員がデジタル業務改革(コンサルティング)だけでなく業務オペレーションそのもの(アウトソーシング)もセットで請け負うことにより、この人間とマシンの協働によるインテリジェント・オペレーションへのJourneyを現実のものとします。 ■仕事内容: 業務プロセスコンサルタントは、 経理・人事等の管理部門から、サプライチェーン、営業・マーケティング、カスタマーサービス、研究開発まで、幅広い業務プロセスを対象に、デジタル技術を活用した抜本的な業務改革を実現するコンサルティング職種です。 <具体的なミッション> ・デジタル技術を活用した「目指す姿」の策定 ・目指す姿を実現するための複数年にわたる「ジャーニーマップ」の策定 ・オペレーションサービス(アウトソーシング)活用を含めた、中長期の「リソースプラン」の策定 ・取組み全体の「ビジネスケース」の策定と検証 ・ジャーニーマップに沿ったデジタル業務改革の推進 ・業務改革・組織改革に伴うチェンジ・マネジメント ■入社後の流れ: 入社オリエンテーション後、約1週間のトレーニングに参加してコンサルティングの基礎スキルを学びます。研修後は、部門長との面談を経て、プロジェクトへアサインされます。 ■勤務地: 首都圏 ■給与: 基本年俸:400万円~1500万円程度 ※経験・能力などを考慮の上、社内規定に基づいて決定します。 手当:超過勤務手当、深夜勤務・休日勤務手当、出張手当、通勤費実費支給、住宅手当 ※役職によって異なります 賞与:変動制賞与/年1回 ■休日・休暇: 完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始 年次有給休暇、傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、 ボランティア休暇、生理休暇、介護休暇、母体保護休暇、配偶者出産休暇(配偶者出産休暇) ■福利厚生: 従業員株式購入プラン 財形貯蓄制度 退職年金制度 各種法人会員及び契約施設・ホテル 各種クラブ活動 産業医による健康相談室 カウンセリング支援制度 カフェテリアプラン ■今当社を勧める理由 当社グループは2001年に上場後本日まで、時価総額は約13倍、売上は約3倍の4兆円手前、従業員数も約6倍の40万人超に急成長しています(2017/6/30現在)。 お客様は一流の企業ばかりであり、世界のトップ企業100社*のうち89%が当社のお客様です。”インクルージョン(包括)&ダイバーシティ(多様性)”は当社の文化の根幹であり、女性をはじめ多様なバックグラウンドや考え方の違いを受け入れ、互いに尊重し合い、革新的で活気あふれる職場作りを目指します。また、働き方の多様性に応える制度や仕組みも整えています。 *米「フォーチュン誌」発表 ■当社独自の働き方改革『Project PRIDE』 全社員イノベーション活動としての組織風土改革を通して働き方改革を実践し、地道な施策を積み重ね、“制度”と“意識”の両輪で組織や一人ひとりの行動を変えていきます。具体的には、「18時以降の会議原則禁止」「残業の適用ルールを厳格化」「短日短時間制度の導入」「在宅勤務制度の全社展開」「全社員と遠隔でもコラボレーション可能になるツールの導入(Skype、Office365)」「徹底したフリーアドレス、徹底したペーパーレス化」など、当社がコンサルティングファームとして蓄積してきたノウハウ、テクノロジーを駆使した働き方改革にて、日々変革が進んでいます。 ■キャリアパス・人材開発・トレーニング制度 社員1人1人にキャリアカウンセラーがつき、キャリア構築をサポートします。また、国内外問わずキャリアチェンジできる『キャリアマーケットプレイス制度』があり、現在グローバルで約10,000ポジションあるポジションの中から、他部署や海外へも応募が可能です。また、次世代をリードする人材育成のための投資に積極的に取り組んでおり、24,000以上のオンライントレーニング・プログラム、海外の研修センターにおけるトレーニングなど、自分の成長・キャリアパスに必要な社内外のカリキュラムを選択することが可能です。 ■女性活躍促進活動 多様性を重視する当社では女性一人ひとりが自分らしいキャリアを構築し、活躍できるよう支援しています。日本では、2006年にJapan Women‘s Initiatives(JWI)を発足し、所属や役職を越えた社内横断組織により、女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となり様々な活動、制度作りに取り組んでいます。例えば、出産・育児をサポートする制度は法定以上。短日短時間勤務の制度、在宅勤務制度など中途採用の方でも入社後間もなくこれらの制度を活用することが可能です。日経ウーマン、米ワーキングマザー誌、トムソン・ロイターなどの女性活躍における各種受賞実績もあり、日本において2020年までに女性社員比率33%、女性管理職比率20%を目標に活動しています。

  • 【Operations-OC&A】RPA・AIコンサルタント/先進的なデジタルテクノロジーの業務オペレーションへの診断・開発・導入の全工程に携わるコンサルタント職種です/オペレーションズ本部(世界最大のBPOプレイヤー)
    • 業務プロセスコンサルタント システムコンサルタント SE(Web・オープン系)
    • 東京都 大阪府 福岡県

    ■当社オペレーションズ本部のビジネス: “インテリジェント・オペレーションサービス” 当社オペレーションズは従来より、世界最大の業務プロセスアウトソーシング(BPO)プレイヤーとして、クライアントの長期的ビジネス・パートナーとなり、国・産業を超えて、コスト削減はもとより、ガバナンスの強化、働き方改革の実現を成し遂げてきました。 飛躍的な進化をとげるデジタル技術を活用することによって、今、このBPOサービスは、インテリジェント・オペレーションサービスへと急速に進化しつつあります。ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)、アナリティクス、人工知能(AI)を始めとするデジタル技術の組み合わせ活用により、End-to-Endのプロセス視点での業務改革を突き詰め、クライアントの業務オペレーションの圧倒的な省力化を実現します。省力化とともに、クライアントの業務オペレーションの飛躍的な高度化も実現します。経理、人事といった本社業務だけでなく、サプライチェーン業務、営業・マーケティング業務も含めた企業活動の全域を対象に、データ活用型の新たな業務を設計して組み込みインテリジェント化することで、それぞれの業務領域におけるビジネス成果(ビジネスアウトカム)に直接的に貢献します。 こうして実現するインテリジェント・オペレーションの本質は、人間とマシンの協働です。超自動化を推し進める業務オペレーションにおいても、人間の介在は直ぐには無くなりません。発展を続けるデジタル技術の適用は、即興性・試行錯誤性を特長としており、従来の基幹系システムの導入のような一過性の大改革(Big Bang)ではなく、複数年にわたる連続的な改革(Journey)となるため、その改革過程を通して人材の再訓練・再配置に取り組むことが必要となります。心を持った生身の人間の意欲を継続的に保ちながら、絶え間なく姿を変えていくマシン(デジタル技術)との協働を実現していくことが、インテリジェント・オペレーションの最大の鍵です。当社のインテリジェント・オペレーションサービスでは、当社の社員がデジタル業務改革(コンサルティング)だけでなく業務オペレーションそのもの(アウトソーシング)もセットで請け負うことにより、この人間とマシンの協働によるインテリジェント・オペレーションへのJourneyを現実のものとします。 ■仕事内容: RPA・AIコンサルタントは、 ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)、自然言語処理や機械学習、高度なアナリティクスなど、広範かつ先進的なデジタルテクノロジーの業務オペレーションへの適用について、その診断・開発・導入の全工程に携わるコンサルタント職種です。 ■入社後の流れ: 入社オリエンテーション後、約1週間のトレーニングに参加してコンサルティングの基礎スキルを学びます。研修後は、部門長との面談を経て、プロジェクトへアサインされます。 ■勤務地: 首都圏、大阪、福岡 ■給与: 基本年俸:400万円~1500万円程度 ※経験・能力などを考慮の上、社内規定に基づいて決定します。 手当:超過勤務手当、深夜勤務・休日勤務手当、出張手当、通勤費実費支給、住宅手当 ※役職によって異なります 賞与:変動制賞与/年1回 ■休日・休暇: 完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始 年次有給休暇、傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、 ボランティア休暇、生理休暇、介護休暇、母体保護休暇、配偶者出産休暇(配偶者出産休暇) ■福利厚生: 従業員株式購入プラン 財形貯蓄制度 退職年金制度 各種法人会員及び契約施設・ホテル 各種クラブ活動 産業医による健康相談室 カウンセリング支援制度 カフェテリアプラン ■今当社を勧める理由 当社グループは2001年に上場後本日まで、時価総額は約13倍、売上は約3倍の4兆円手前、従業員数も約6倍の40万人超に急成長しています(2017/6/30現在)。 お客様は一流の企業ばかりであり、世界のトップ企業100社*のうち89%が当社のお客様です。”インクルージョン(包括)&ダイバーシティ(多様性)”は当社の文化の根幹であり、女性をはじめ多様なバックグラウンドや考え方の違いを受け入れ、互いに尊重し合い、革新的で活気あふれる職場作りを目指します。また、働き方の多様性に応える制度や仕組みも整えています。 *米「フォーチュン誌」発表 ■当社独自の働き方改革『Project PRIDE』 全社員イノベーション活動としての組織風土改革を通して働き方改革を実践し、地道な施策を積み重ね、“制度”と“意識”の両輪で組織や一人ひとりの行動を変えていきます。具体的には、「18時以降の会議原則禁止」「残業の適用ルールを厳格化」「短日短時間制度の導入」「在宅勤務制度の全社展開」「全社員と遠隔でもコラボレーション可能になるツールの導入(Skype、Office365)」「徹底したフリーアドレス、徹底したペーパーレス化」など、当社がコンサルティングファームとして蓄積してきたノウハウ、テクノロジーを駆使した働き方改革にて、日々変革が進んでいます。 ■キャリアパス・人材開発・トレーニング制度 社員1人1人にキャリアカウンセラーがつき、キャリア構築をサポートします。また、国内外問わずキャリアチェンジできる『キャリアマーケットプレイス制度』があり、現在グローバルで約10,000ポジションあるポジションの中から、他部署や海外へも応募が可能です。また、次世代をリードする人材育成のための投資に積極的に取り組んでおり、24,000以上のオンライントレーニング・プログラム、海外の研修センターにおけるトレーニングなど、自分の成長・キャリアパスに必要な社内外のカリキュラムを選択することが可能です。 ■女性活躍促進活動 多様性を重視する当社では女性一人ひとりが自分らしいキャリアを構築し、活躍できるよう支援しています。日本では、2006年にJapan Women‘s Initiatives(JWI)を発足し、所属や役職を越えた社内横断組織により、女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となり様々な活動、制度作りに取り組んでいます。例えば、出産・育児をサポートする制度は法定以上。短日短時間勤務の制度、在宅勤務制度など中途採用の方でも入社後間もなくこれらの制度を活用することが可能です。日経ウーマン、米ワーキングマザー誌、トムソン・ロイターなどの女性活躍における各種受賞実績もあり、日本において2020年までに女性社員比率33%、女性管理職比率20%を目標に活動しています。

  • 【Operations-Sales/AL】セールス&アカウントマネジメント/RPAや人工知能、Analyticsを活用した最先端のオペレーション改革の提案とプロジェクト管理責任を担うポジションです/オペレーションズ本部(世界最大のBPOプレイヤー)
    • 法人営業 業務プロセスコンサルタント システムコンサルタント
    • 東京都 大阪府

    ■当社オペレーションズ本部のビジネス: “インテリジェント・オペレーションサービス” 当社オペレーションズは従来より、世界最大の業務プロセスアウトソーシング(BPO)プレイヤーとして、クライアントの長期的ビジネス・パートナーとなり、国・産業を超えて、コスト削減はもとより、ガバナンスの強化、働き方改革の実現を成し遂げてきました。 飛躍的な進化をとげるデジタル技術を活用することによって、今、このBPOサービスは、インテリジェント・オペレーションサービスへと急速に進化しつつあります。ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)、アナリティクス、人工知能(AI)を始めとするデジタル技術の組み合わせ活用により、End-to-Endのプロセス視点での業務改革を突き詰め、クライアントの業務オペレーションの圧倒的な省力化を実現します。省力化とともに、クライアントの業務オペレーションの飛躍的な高度化も実現します。経理、人事といった本社業務だけでなく、サプライチェーン業務、営業・マーケティング業務も含めた企業活動の全域を対象に、データ活用型の新たな業務を設計して組み込みインテリジェント化することで、それぞれの業務領域におけるビジネス成果(ビジネスアウトカム)に直接的に貢献します。 こうして実現するインテリジェント・オペレーションの本質は、人間とマシンの協働です。超自動化を推し進める業務オペレーションにおいても、人間の介在は直ぐには無くなりません。発展を続けるデジタル技術の適用は、即興性・試行錯誤性を特長としており、従来の基幹系システムの導入のような一過性の大改革(Big Bang)ではなく、複数年にわたる連続的な改革(Journey)となるため、その改革過程を通して人材の再訓練・再配置に取り組むことが必要となります。心を持った生身の人間の意欲を継続的に保ちながら、絶え間なく姿を変えていくマシン(デジタル技術)との協働を実現していくことが、インテリジェント・オペレーションの最大の鍵です。当社のインテリジェント・オペレーションサービスでは、当社の社員がデジタル業務改革(コンサルティング)だけでなく業務オペレーションそのもの(アウトソーシング)もセットで請け負うことにより、この人間とマシンの協働によるインテリジェント・オペレーションへのJourneyを現実のものとします。 ■仕事内容: セールス&アカウントマネジメントは、 一貫してお客さま企業の経営層の視点に立ち、業務オペレーション改革の取組みの提案から複数年にわたる契約関係の締結、取組みの過程を通したお客さまとのコミュニケーションと協力体制の維持、合意したビジネスケースの実現に向けた当社のサービス品質の確保、および当社自身のファイナンス(収益・コスト・利益)の管理まで、広範なビジネス責任を担う職種です。 お客さま企業との信頼関係を拡大・深化させていくことが最大の使命です。 ■入社後の流れ: 入社オリエンテーション後、約1週間のトレーニングに参加してコンサルティングの基礎スキルを学びます。研修後は、部門長との面談を経て、プロジェクトへアサインされます。 ■勤務地: 東京オフィス、関西オフィスのいずれか ■給与: 基本年俸:1000万円~1500万円程度 ※経験・能力などを考慮の上、社内規定に基づいて決定します。 手当:超過勤務手当、深夜勤務・休日勤務手当、出張手当、通勤費実費支給、住宅手当 ※役職によって異なります 賞与:変動制賞与/年1回 ■休日・休暇: 完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始 年次有給休暇、傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、 ボランティア休暇、生理休暇、介護休暇、母体保護休暇、配偶者出産休暇(配偶者出産休暇) ■福利厚生: 従業員株式購入プラン 財形貯蓄制度 退職年金制度 各種法人会員及び契約施設・ホテル 各種クラブ活動 産業医による健康相談室 カウンセリング支援制度 カフェテリアプラン ■今当社を勧める理由 当社グループは2001年に上場後本日まで、時価総額は約13倍、売上は約3倍の4兆円手前、従業員数も約6倍の40万人超に急成長しています(2017/6/30現在)。 お客様は一流の企業ばかりであり、世界のトップ企業100社*のうち89%が当社のお客様です。”インクルージョン(包括)&ダイバーシティ(多様性)”は当社の文化の根幹であり、女性をはじめ多様なバックグラウンドや考え方の違いを受け入れ、互いに尊重し合い、革新的で活気あふれる職場作りを目指します。また、働き方の多様性に応える制度や仕組みも整えています。 *米「フォーチュン誌」発表 ■当社独自の働き方改革『Project PRIDE』 全社員イノベーション活動としての組織風土改革を通して働き方改革を実践し、地道な施策を積み重ね、“制度”と“意識”の両輪で組織や一人ひとりの行動を変えていきます。具体的には、「18時以降の会議原則禁止」「残業の適用ルールを厳格化」「短日短時間制度の導入」「在宅勤務制度の全社展開」「全社員と遠隔でもコラボレーション可能になるツールの導入(Skype、Office365)」「徹底したフリーアドレス、徹底したペーパーレス化」など、当社がコンサルティングファームとして蓄積してきたノウハウ、テクノロジーを駆使した働き方改革にて、日々変革が進んでいます。 ■キャリアパス・人材開発・トレーニング制度 社員1人1人にキャリアカウンセラーがつき、キャリア構築をサポートします。また、国内外問わずキャリアチェンジできる『キャリアマーケットプレイス制度』があり、現在グローバルで約10,000ポジションあるポジションの中から、他部署や海外へも応募が可能です。また、次世代をリードする人材育成のための投資に積極的に取り組んでおり、24,000以上のオンライントレーニング・プログラム、海外の研修センターにおけるトレーニングなど、自分の成長・キャリアパスに必要な社内外のカリキュラムを選択することが可能です。 ■女性活躍促進活動 多様性を重視する当社では女性一人ひとりが自分らしいキャリアを構築し、活躍できるよう支援しています。日本では、2006年にJapan Women‘s Initiatives(JWI)を発足し、所属や役職を越えた社内横断組織により、女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となり様々な活動、制度作りに取り組んでいます。例えば、出産・育児をサポートする制度は法定以上。短日短時間勤務の制度、在宅勤務制度など中途採用の方でも入社後間もなくこれらの制度を活用することが可能です。日経ウーマン、米ワーキングマザー誌、トムソン・ロイターなどの女性活躍における各種受賞実績もあり、日本において2020年までに女性社員比率33%、女性管理職比率20%を目標に活動しています。

  • 【Operations-Solution Architect】ソリューションアーキテクト/RPAや人工知能、Analyticsを活用した最先端のオペレーション改革のソリューション構築をリードするポジションです/オペレーションズ本部(世界最大のBPOプレイヤー)
    • 業務プロセスコンサルタント システムコンサルタント
    • 東京都

    ■当社オペレーションズ本部のビジネス: “インテリジェント・オペレーションサービス” 当社オペレーションズは従来より、世界最大の業務プロセスアウトソーシング(BPO)プレイヤーとして、クライアントの長期的ビジネス・パートナーとなり、国・産業を超えて、コスト削減はもとより、ガバナンスの強化、働き方改革の実現を成し遂げてきました。 飛躍的な進化をとげるデジタル技術を活用することによって、今、このBPOサービスは、インテリジェント・オペレーションサービスへと急速に進化しつつあります。ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)、アナリティクス、人工知能(AI)を始めとするデジタル技術の組み合わせ活用により、End-to-Endのプロセス視点での業務改革を突き詰め、クライアントの業務オペレーションの圧倒的な省力化を実現します。省力化とともに、クライアントの業務オペレーションの飛躍的な高度化も実現します。経理、人事といった本社業務だけでなく、サプライチェーン業務、営業・マーケティング業務も含めた企業活動の全域を対象に、データ活用型の新たな業務を設計して組み込みインテリジェント化することで、それぞれの業務領域におけるビジネス成果(ビジネスアウトカム)に直接的に貢献します。 こうして実現するインテリジェント・オペレーションの本質は、人間とマシンの協働です。超自動化を推し進める業務オペレーションにおいても、人間の介在は直ぐには無くなりません。発展を続けるデジタル技術の適用は、即興性・試行錯誤性を特長としており、従来の基幹系システムの導入のような一過性の大改革(Big Bang)ではなく、複数年にわたる連続的な改革(Journey)となるため、その改革過程を通して人材の再訓練・再配置に取り組むことが必要となります。心を持った生身の人間の意欲を継続的に保ちながら、絶え間なく姿を変えていくマシン(デジタル技術)との協働を実現していくことが、インテリジェント・オペレーションの最大の鍵です。当社のインテリジェント・オペレーションサービスでは、当社の社員がデジタル業務改革(コンサルティング)だけでなく業務オペレーションそのもの(アウトソーシング)もセットで請け負うことにより、この人間とマシンの協働によるインテリジェント・オペレーションへのJourneyを現実のものとします。 ■仕事内容: ソリューションアーキテクトは インテリジェント・オペレーション実現に向けた“ソリューション”の構築をリードする職種です。ソリューションには、業務オペレーションの超自動化・インテリジェント化を実現する諸施策の立案、複数年にわたる取組み全体の要員プランとコスティング、創出されるビジネス価値の評価とプライシング、を含みます。当社の持つ膨大なアセットを活用することで、確実に実行可能でありながら、競合他社を凌駕する圧倒的な価値を持ったソリューションを構築することに責任を持ちます。 ■入社後の流れ: 入社オリエンテーション後、約1週間のトレーニングに参加してコンサルティングの基礎スキルを学びます。研修後は、部門長との面談を経て、プロジェクトへアサインされます。 ■勤務地: 首都圏 ■給与: 基本年俸:400万円~1500万円程度 ※経験・能力などを考慮の上、社内規定に基づいて決定します。 手当:超過勤務手当、深夜勤務・休日勤務手当、出張手当、通勤費実費支給、住宅手当 ※役職によって異なります 賞与:変動制賞与/年1回 ■休日・休暇: 完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始 年次有給休暇、傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、 ボランティア休暇、生理休暇、介護休暇、母体保護休暇、配偶者出産休暇(配偶者出産休暇) ■福利厚生: 従業員株式購入プラン 財形貯蓄制度 退職年金制度 各種法人会員及び契約施設・ホテル 各種クラブ活動 産業医による健康相談室 カウンセリング支援制度 カフェテリアプラン ■今当社を勧める理由 当社グループは2001年に上場後本日まで、時価総額は約13倍、売上は約3倍の4兆円手前、従業員数も約6倍の40万人超に急成長しています(2017/6/30現在)。 お客様は一流の企業ばかりであり、世界のトップ企業100社*のうち89%が当社のお客様です。”インクルージョン(包括)&ダイバーシティ(多様性)”は当社の文化の根幹であり、女性をはじめ多様なバックグラウンドや考え方の違いを受け入れ、互いに尊重し合い、革新的で活気あふれる職場作りを目指します。また、働き方の多様性に応える制度や仕組みも整えています。 *米「フォーチュン誌」発表 ■当社独自の働き方改革『Project PRIDE』 全社員イノベーション活動としての組織風土改革を通して働き方改革を実践し、地道な施策を積み重ね、“制度”と“意識”の両輪で組織や一人ひとりの行動を変えていきます。具体的には、「18時以降の会議原則禁止」「残業の適用ルールを厳格化」「短日短時間制度の導入」「在宅勤務制度の全社展開」「全社員と遠隔でもコラボレーション可能になるツールの導入(Skype、Office365)」「徹底したフリーアドレス、徹底したペーパーレス化」など、当社がコンサルティングファームとして蓄積してきたノウハウ、テクノロジーを駆使した働き方改革にて、日々変革が進んでいます。 ■キャリアパス・人材開発・トレーニング制度 社員1人1人にキャリアカウンセラーがつき、キャリア構築をサポートします。また、国内外問わずキャリアチェンジできる『キャリアマーケットプレイス制度』があり、現在グローバルで約10,000ポジションあるポジションの中から、他部署や海外へも応募が可能です。また、次世代をリードする人材育成のための投資に積極的に取り組んでおり、24,000以上のオンライントレーニング・プログラム、海外の研修センターにおけるトレーニングなど、自分の成長・キャリアパスに必要な社内外のカリキュラムを選択することが可能です。 ■女性活躍促進活動 多様性を重視する当社では女性一人ひとりが自分らしいキャリアを構築し、活躍できるよう支援しています。日本では、2006年にJapan Women‘s Initiatives(JWI)を発足し、所属や役職を越えた社内横断組織により、女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となり様々な活動、制度作りに取り組んでいます。例えば、出産・育児をサポートする制度は法定以上。短日短時間勤務の制度、在宅勤務制度など中途採用の方でも入社後間もなくこれらの制度を活用することが可能です。日経ウーマン、米ワーキングマザー誌、トムソン・ロイターなどの女性活躍における各種受賞実績もあり、日本において2020年までに女性社員比率33%、女性管理職比率20%を目標に活動しています。

  • 【Operations-Mobilization】モビライゼーション/RPAや人工知能、Analyticsを活用した最先端のオペレーション改革の業務移行をリードするポジションです/オペレーションズ本部(世界最大のBPOプレイヤー)
    • 業務プロセスコンサルタント システムコンサルタント
    • 東京都

    ■当社のオペレーションズ本部のビジネス: “インテリジェント・オペレーションサービス” 当社オペレーションズは従来より、世界最大の業務プロセスアウトソーシング(BPO)プレイヤーとして、クライアントの長期的ビジネス・パートナーとなり、国・産業を超えて、コスト削減はもとより、ガバナンスの強化、働き方改革の実現を成し遂げてきました。 飛躍的な進化をとげるデジタル技術を活用することによって、今、このBPOサービスは、インテリジェント・オペレーションサービスへと急速に進化しつつあります。ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)、アナリティクス、人工知能(AI)を始めとするデジタル技術の組み合わせ活用により、End-to-Endのプロセス視点での業務改革を突き詰め、クライアントの業務オペレーションの圧倒的な省力化を実現します。省力化とともに、クライアントの業務オペレーションの飛躍的な高度化も実現します。経理、人事といった本社業務だけでなく、サプライチェーン業務、営業・マーケティング業務も含めた企業活動の全域を対象に、データ活用型の新たな業務を設計して組み込みインテリジェント化することで、それぞれの業務領域におけるビジネス成果(ビジネスアウトカム)に直接的に貢献します。 こうして実現するインテリジェント・オペレーションの本質は、人間とマシンの協働です。超自動化を推し進める業務オペレーションにおいても、人間の介在は直ぐには無くなりません。発展を続けるデジタル技術の適用は、即興性・試行錯誤性を特長としており、従来の基幹系システムの導入のような一過性の大改革(Big Bang)ではなく、複数年にわたる連続的な改革(Journey)となるため、その改革過程を通して人材の再訓練・再配置に取り組むことが必要となります。心を持った生身の人間の意欲を継続的に保ちながら、絶え間なく姿を変えていくマシン(デジタル技術)との協働を実現していくことが、インテリジェント・オペレーションの最大の鍵です。当社のインテリジェント・オペレーションサービスでは、当社の社員がデジタル業務改革(コンサルティング)だけでなく業務オペレーションそのもの(アウトソーシング)もセットで請け負うことにより、この人間とマシンの協働によるインテリジェント・オペレーションへのJourneyを現実のものとします。 ■仕事内容: モビライゼーションは、 業務移行ソリューション(作業計画・予算)の策定から、当社の要員によるサービスデリバリー体制の構築、サービスイン後の業務安定化までを、一気通貫にマネジメントする職種です。業務を引き継ぐためお客さまと協働するとともに、社内の複数チームのまとめ役の役回りを担い、業務移行フェーズにおけるスケジュール、予算、品質に対する包括的な責任を果たします。移行対象となる業務は、お客さまの現行業務通りとは限らず、デジタル技術の活用による初期改革を経た業務であることが普通になっています。 ■入社後の流れ: 入社オリエンテーション後、約1週間のトレーニングに参加してコンサルティングの基礎スキルを学びます。研修後は、部門長との面談を経て、プロジェクトへアサインされます。 ■勤務地: 首都圏 ■給与: 基本年俸:400万円~1500万円程度 ※経験・能力などを考慮の上、社内規定に基づいて決定します。 手当:超過勤務手当、深夜勤務・休日勤務手当、出張手当、通勤費実費支給、住宅手当 ※役職によって異なります 賞与:変動制賞与/年1回 ■休日・休暇: 完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始 年次有給休暇、傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、 ボランティア休暇、生理休暇、介護休暇、母体保護休暇、配偶者出産休暇(配偶者出産休暇) ■福利厚生: 従業員株式購入プラン 財形貯蓄制度 退職年金制度 各種法人会員及び契約施設・ホテル 各種クラブ活動 産業医による健康相談室 カウンセリング支援制度 カフェテリアプラン ■今当社を勧める理由 当社グループは2001年に上場後本日まで、時価総額は約13倍、売上は約3倍の4兆円手前、従業員数も約6倍の40万人超に急成長しています(2017/6/30現在)。 お客様は一流の企業ばかりであり、世界のトップ企業100社*のうち89%が当社のお客様です。”インクルージョン(包括)&ダイバーシティ(多様性)”は当社の文化の根幹であり、女性をはじめ多様なバックグラウンドや考え方の違いを受け入れ、互いに尊重し合い、革新的で活気あふれる職場作りを目指します。また、働き方の多様性に応える制度や仕組みも整えています。 *米「フォーチュン誌」発表 ■当社独自の働き方改革『Project PRIDE』 全社員イノベーション活動としての組織風土改革を通して働き方改革を実践し、地道な施策を積み重ね、“制度”と“意識”の両輪で組織や一人ひとりの行動を変えていきます。具体的には、「18時以降の会議原則禁止」「残業の適用ルールを厳格化」「短日短時間制度の導入」「在宅勤務制度の全社展開」「全社員と遠隔でもコラボレーション可能になるツールの導入(Skype、Office365)」「徹底したフリーアドレス、徹底したペーパーレス化」など、当社がコンサルティングファームとして蓄積してきたノウハウ、テクノロジーを駆使した働き方改革にて、日々変革が進んでいます。 ■キャリアパス・人材開発・トレーニング制度 社員1人1人にキャリアカウンセラーがつき、キャリア構築をサポートします。また、国内外問わずキャリアチェンジできる『キャリアマーケットプレイス制度』があり、現在グローバルで約10,000ポジションあるポジションの中から、他部署や海外へも応募が可能です。また、次世代をリードする人材育成のための投資に積極的に取り組んでおり、24,000以上のオンライントレーニング・プログラム、海外の研修センターにおけるトレーニングなど、自分の成長・キャリアパスに必要な社内外のカリキュラムを選択することが可能です。 ■女性活躍促進活動 多様性を重視する当社では女性一人ひとりが自分らしいキャリアを構築し、活躍できるよう支援しています。日本では、2006年にJapan Women‘s Initiatives(JWI)を発足し、所属や役職を越えた社内横断組織により、女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となり様々な活動、制度作りに取り組んでいます。例えば、出産・育児をサポートする制度は法定以上。短日短時間勤務の制度、在宅勤務制度など中途採用の方でも入社後間もなくこれらの制度を活用することが可能です。日経ウーマン、米ワーキングマザー誌、トムソン・ロイターなどの女性活躍における各種受賞実績もあり、日本において2020年までに女性社員比率33%、女性管理職比率20%を目標に活動しています。

  • 【Operations-SD】調達領域のオペレーション改革BPO所属/プロジェクトリード(マネジャー候補)/オペレーションズ本部(世界最大級のBPOプレイヤー)
    • 物流企画・物流管理 購買・資材調達 業務プロセスコンサルタント
    • 東京都

    ■当社オペレーションズ本部のビジネス: “インテリジェント・オペレーションサービス” 当社オペレーションズは従来より、世界最大の業務プロセスアウトソーシング(BPO)プレイヤーとして、クライアントの長期的ビジネス・パートナーとなり、国・産業を超えて、コスト削減はもとより、ガバナンスの強化、働き方改革の実現を成し遂げてきました。 飛躍的な進化をとげるデジタル技術を活用することによって、今、このBPOサービスは、インテリジェント・オペレーションサービスへと急速に進化しつつあります。ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)、アナリティクス、人工知能(AI)を始めとするデジタル技術の組み合わせ活用により、End-to-Endのプロセス視点での業務改革を突き詰め、クライアントの業務オペレーションの圧倒的な省力化を実現します。省力化とともに、クライアントの業務オペレーションの飛躍的な高度化も実現します。経理、人事といった本社業務だけでなく、サプライチェーン業務、営業・マーケティング業務も含めた企業活動の全域を対象に、データ活用型の新たな業務を設計して組み込みインテリジェント化することで、それぞれの業務領域におけるビジネス成果(ビジネスアウトカム)に直接的に貢献します。 こうして実現するインテリジェント・オペレーションの本質は、人間とマシンの協働です。超自動化を推し進める業務オペレーションにおいても、人間の介在は直ぐには無くなりません。発展を続けるデジタル技術の適用は、即興性・試行錯誤性を特長としており、従来の基幹系システムの導入のような一過性の大改革(Big Bang)ではなく、複数年にわたる連続的な改革(Journey)となるため、その改革過程を通して人材の再訓練・再配置に取り組むことが必要となります。心を持った生身の人間の意欲を継続的に保ちながら、絶え間なく姿を変えていくマシン(デジタル技術)との協働を実現していくことが、インテリジェント・オペレーションの最大の鍵です。当社のインテリジェント・オペレーションサービスでは、当社の社員がデジタル業務改革(コンサルティング)だけでなく業務オペレーションそのもの(アウトソーシング)もセットで請け負うことにより、この人間とマシンの協働によるインテリジェント・オペレーションへのJourneyを現実のものとします。 ■当社が提供する調達ビジネスプロセスサービスについて: ▶企業が抱える間接材の調達プロセスの課題 会社の調達部門の大半では、製品単価に直結する直接材(原材料・資材・部品など)については、調達品目(=カテゴリー)ごとに専門的な知識と豊富な経験を持つ社員が在籍しています。また、統一のプロセスとルールに基づき、共通のITシステムで全ての調達状況・支出が一元管理されています。 それと比較して、間接材(消耗品や燃料などの副資材)の調達においては、社内の優先順位が低く、対象カテゴリーが多いことから、カテゴリーごとに専門家を在籍されることが難しい状況です。また、各拠点・事業部でバラバラなプロセス・ルールで調達オペレーションを行っており、全ての調達状況と支出を管理できるITシステムが導入されていない場合が大半です。 そのため、間接材の調達は、非効率・高コストという課題を抱えています。 ▶間接材の調達プロセス改善は、数億~数十億のコスト削減が見込めるソリューション 企業の支出に占める間接材の割合は、一般的に20%程度だといわれています。例えば、売上1兆円の企業の場合、約2千億円が間接材の調達費となります。 当社の調達ビジネスプロセスサービスとは、お客様の間接材の調達プロセスを改善することで、数億~数十億円の調達コスト削減=営業利益の改善を見込めるソリューションです。 ▶調達専門チームが、End to Endで調達プロセスを根本的に改善 分析・戦略立案・実行・プラットフォーム導入まで、End to Endでお客様の調達プロセスを改善します。当社の調達専門チームが、過去の支出・契約データを分析・課題を特定、5年~7か年の長期的なスコープで、全体最適な調達プロセスを再構築します。戦略策定後は、社員がお客様先に入り込み、責任をもって遂行し、成果を享受いただくまでご一緒します。お客様の調達部門の方々と“ワンチーム”で構造改革を実行しますので、ノウハウの定着と継続運用も期待できます。 ■仕事内容: ・支出分析:お客様先に分散している過去の支出データを集約し、調達カテゴリーごと/事業部ごとに、支出を分析し、課題を特定します。 ・カテゴリー毎の調達計画の策定:分析で得られた情報から、お客様の事業や支出の動向を踏まえ、マーケット情報と照らし合わせて、年単位の調達プログラムを策定します。 ・複数の調達プロジェクトのマネジメント:計画的にプロジェクトが実行されているかを管理します。 ・プロジェクトメンバーのマネジメント ・お客様先の現場部長の方との折衝 ・効果へのコミットメント:戦略を策定して終わりではなく、コスト削減にコミットして戦略を実行します。 ■入社後の流れ: 入社オリエンテーション後、約1週間のトレーニングに参加してコンサルティングの基礎スキルを学びます。研修後は、部門長との面談を経て、プロジェクトへアサインされます。 ■勤務地: 首都圏 ■給与: 基本年俸:800万円~1500万円程度 ※経験・能力などを考慮の上、社内規定に基づいて決定します。 手当:超過勤務手当、深夜勤務・休日勤務手当、出張手当、通勤費実費支給、住宅手当 ※役職によって異なります 賞与:変動制賞与/年1回 ■休日・休暇: 完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始 年次有給休暇、傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、 ボランティア休暇、生理休暇、介護休暇、母体保護休暇、配偶者出産休暇(配偶者出産休暇) ■福利厚生: 従業員株式購入プラン 財形貯蓄制度 退職年金制度 各種法人会員及び契約施設・ホテル 各種クラブ活動 産業医による健康相談室 カウンセリング支援制度 カフェテリアプラン ■今当社を勧める理由 当社グループは2001年に上場後本日まで、時価総額は約13倍、売上は約3倍の4兆円手前、従業員数も約6倍の40万人超に急成長しています(2017/6/30現在)。 お客様は一流の企業ばかりであり、世界のトップ企業100社*のうち89%が当社のお客様です。”インクルージョン(包括)&ダイバーシティ(多様性)”は当社の文化の根幹であり、女性をはじめ多様なバックグラウンドや考え方の違いを受け入れ、互いに尊重し合い、革新的で活気あふれる職場作りを目指します。また、働き方の多様性に応える制度や仕組みも整えています。 *米「フォーチュン誌」発表 ■当社独自の働き方改革『Project PRIDE』 全社員イノベーション活動としての組織風土改革を通して働き方改革を実践し、地道な施策を積み重ね、“制度”と“意識”の両輪で組織や一人ひとりの行動を変えていきます。具体的には、「18時以降の会議原則禁止」「残業の適用ルールを厳格化」「短日短時間制度の導入」「在宅勤務制度の全社展開」「全社員と遠隔でもコラボレーション可能になるツールの導入(Skype、Office365)」「徹底したフリーアドレス、徹底したペーパーレス化」など、当社がコンサルティングファームとして蓄積してきたノウハウ、テクノロジーを駆使した働き方改革にて、日々変革が進んでいます。 ■キャリアパス・人材開発・トレーニング制度 社員1人1人にキャリアカウンセラーがつき、キャリア構築をサポートします。また、国内外問わずキャリアチェンジできる『キャリアマーケットプレイス制度』があり、現在グローバルで約10,000ポジションあるポジションの中から、他部署や海外へも応募が可能です。また、次世代をリードする人材育成のための投資に積極的に取り組んでおり、24,000以上のオンライントレーニング・プログラム、海外の研修センターにおけるトレーニングなど、自分の成長・キャリアパスに必要な社内外のカリキュラムを選択することが可能です。 ■女性活躍促進活動 多様性を重視する当社では女性一人ひとりが自分らしいキャリアを構築し、活躍できるよう支援しています。日本では、2006年にJapan Women‘s Initiatives(JWI)を発足し、所属や役職を越えた社内横断組織により、女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となり様々な活動、制度作りに取り組んでいます。例えば、出産・育児をサポートする制度は法定以上。短日短時間勤務の制度、在宅勤務制度など中途採用の方でも入社後間もなくこれらの制度を活用することが可能です。日経ウーマン、米ワーキングマザー誌、トムソン・ロイターなどの女性活躍における各種受賞実績もあり、日本において2020年までに女性社員比率33%、女性管理職比率20%を目標に活動しています。

  • 【首都圏】RPAや人工知能、Analyticsを活用した最先端の業務改革BPOプロジェクト所属/チームリーダー・プロジェクトリーダー候補/オペレーションズ本部(世界最大のBPOプレイヤー)
    • 労務・給与 業務プロセスコンサルタント
    • 東京都

    ■事業内容: 当社オペレーションズ本部は、世界最大の業務プロセスアウトソーシング(BPO)プレイヤーです。 長期的なビジネスパートナーとして、あらゆる産業の大手企業や、官公庁のクライアントに対して、BPOを主軸としたオペレーション改革のコンサルティングを行っています。 人事、総務、経理・財務、調達、営業支援、カスタマーサービス(主に事務処理)、テクニカルサポート、広告運用、製薬R&Dなど、全域の業務を対象として、ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)、アナリティクス、人工知能(AI)など最先端のデジタル技術を活用し、End-to-Endのプロセス視点での業務改革を突き詰め、クライアントの業務オペレーションの圧倒的な省力化と、飛躍的な高度化を実現しています。 ■仕事内容 BPOプロジェクトにおける業務プロセスサービスの提供(Delivery)を専門とするポジションです。 安定的で高品質なアウトソーシングサービスの提供に責任を持ち、メンバーマネジメントの他、 業務運用をモニタリング・可視化し、お客様や社内へのレポーティングや、 Automation導入やプロセス改善による継続的改善の立案/実行などを行います。 お客様に最も近い立場で付加価値を提供することができるポジションです。 ご参画いただくプロジェクトの種類や、お任せするRole(Team LeaderもしくはProject Leader)は、 ご経験と培ってこられたスキル・バックグラウンド、及びご本人のキャリア志向に合わせて決定いたします。 〇Team Leader: オペレータ、SVで構成された3-20名程度のチームを管理していただきます。OP・SV層が比較的簡単なオペレーションを担当しますが、各業務領域において難易度の高い業務を担当しつつ、オペレーターの管理・承認行為を実施するプレイングリーダーとなっていただきます。サービス領域単位ごとのサービス提供責任者として、オペレーションミスの防止と対策、日々のサービスボリュームとFTEの稼働責任を負います。チームの責任者として、稼働量管理、品質管理、例外管理、要員管理、業務改善提案などを行います。 〇Project Leader: プロジェクトのサービス提供にかかわる全体責任者をご担当いただきます。1~5つ程度のチームをもつプロジェクト全体について、契約ベースライン管理、コスト管理、スコープ管理、品質管理、リスク管理、課題管理、改善提案、要員管理など、小規模事業の経営に近いお仕事です。 ■入社後の流れ: 入社後は1週間程度、中途入社者向けのトレーニングに参加いただき、当社の社員として求められる基礎的な知識を学んでいただきます。 プロジェクトに配属された後は、上司や先輩社員から、OJTを通して必要な業務知識を学んでいただきます。

  • 【関西】製薬BPO所属/BPSサービスマネジメントスペシャリスト(TL/PL/スペシャリスト候補)
    • 薬剤師・管理薬剤師 PV(安全性情報担当) PMS(市販後調査)
    • 大阪府

    ■勤務地 大阪 ■採用理由: 組織拡大に伴う増員 ■仕事内容: 安全性情報業務(PV業務)のBPOプロジェクトに所属し、スキル・経験、ご志向に応じて下記のいずれかの業務をご担当いただきます。 〇チームリーダー: ・PV業務のオペレーション ・PV業務のオペレーションチームの運営(数名のメンバー管理) ・業務運用をモニタリング、可視化しクライアントおよび社内へのレポーティング(日本語・英語) ・RPA導入やプロセス改善等による継続的改善の立案、実行 ・SV/オペレーターに対しての業務管理・教育研修・人事評価報酬管理 ・営業部門と連携し、領域拡大、追加セール 〇プロジェクトリーダー: 製薬BPOプロジェクトのサービス提供にかかわる全体責任者をご担当いただきます。 契約管理、コスト管理、スコープ管理、品質管理、リスク管理、課題管理、改善提案、要員管理など、小規模事業の経営に近い業務です。 〇PVスペシャリスト(Subject Matter Expert) PV業務のスペシャリストとして、クライアントに対する高品質なサービス提供を担当します。 ▶選考プロセス: 面接回数2回  ※面接場所は、東京/大阪/オンラインのいずれかで、ご都合に応じて決定します。 【ライフサイエンス企業向けR&D業務におけるBPOサービス】 当社が現在市場で高い評価を受けているのは病院や患者、薬剤師などから提供される薬の安全性情報を管理する 「ファーマコビジランス(以下PV)」です。日本国内企業向けには中国のオフショア要員とオンショア要員とを組み合わせ、 日本語、英語でのPVアウトソーシングサービスを提供。当社ではPV領域における多くの経験とスケールを活用し、 PV業務の効率化やコスト削減のみならず、コンプライアンスの強化や業務品質の向上・高度化に貢献しており、お客様から高い評価を得ています。 その知見を日本でも活かし、拡大していく方針です。 【当社独自の方法論】 当社には40万人以上のグローバル社員が在籍。既に海外では、同様プロジェクトも多数受注しており、実績があります。 サービス提供者としてダイナミックに業務改革を進められる為、製薬会社・製薬業界に対して大きな影響力を与えることができます。 また、当社がグローバルで培ってきたITに関するスキル、アカウント管理能力をはじめ、プロジェクト管理など 生きたマネジメント手法を学べます。更にはそこで得た知見を活かし、製薬業界における横断的な業務改革に寄与できるため、 大きなやりがいを感じていただけることと思います。

  • 【熊本】バックオフィスBPO所属(顧客:東証一部上場の大手日系メーカー)/経理財務スペシャリスト(リーダー候補)/オペレーションズ本部/Analyst~Senior Analyst Level
    • 経理(財務会計) 財務 業務プロセスコンサルタント
    • 熊本県

    ▶所属部署: Operations本部 Business Process Service(BPS)グループ ▶勤務地: 当社熊本BPOセンター(熊本市内) ▶採用理由:退職に伴う欠員補充、および増員 <プロジェクトの概要> 当社のオペレーションズ本部は、クライアントの業務改革/組織改革と、それによるコスト削減などの経営目標の実現を目的として、クライアントの業務プロセス改善の戦略立案(BPR)から、業務プロセスのアウトソーシング(BPO)を通じた戦略実行まで、End to Endで、サービス提供を行っています。 同プロジェクトは、当社熊本BPOセンターにて、東証一部上場の大手日系メーカーのバックオフィス業務を、遠隔でアウトソーシングしています。大規模なプロジェクトであり、プロジェクト全体で、百数十名のメンバーが所属しています。 現在は、当社による業務アウトソーシングの段階となっていますが、継続的な改善のために、業務プロセスの分析と見直し、RPA等のツールを活用した自動化・効率化を同時並行で進めています。 <業務内容> ご入社いただいた方には、ご経験に応じて、下記のいずれかのチームへ所属していただく予定です。 ▶本社の経理財務担当チーム 東証一部上場企業である日系大手メーカーの財務経理の主要業務を担当しているチームで、十数名が所属しています。 主に、下記の業務をご担当いただきます。 ・決算資料の作成…単体・連結決算(月次、四半期、年次) ・有価証券報告書の作成 ・税務申告書の作成 ・クライアントの経理財務部門の担当者との折衝。 ▶グループ会社の経理財務担当チーム 数十社のグループ会社の経理財務の主要業務を担当しているチームで、数十名が所属しています。 主に、下記の業務をご担当いただきます。 ・業務運営チームの管理と実務(2社程度のお客様を担当して、5名~10名の契約社員・派遣社員のスタッフをマネジメントいただく予定) └業務進捗状況の管理と、スタッフへの指示だし └スタッフの相談への対応 └サービス品質や、最終工程のチェック ・問題発生時の調整 ・クライアントとの折衝 上記の業務の他に、併せて、継続的な業務プロセスの改善を目的として、業務改善策の立案と実行、RPA導入など、プロジェクト内部でのBPRも推進していっていただきます。 <入社後の流れ> 入社後の1週間は、中途入社者向けのトレーニングに参加いただき、当社の社員として求められる基礎的な知識を学んでいただきます。プロジェクトに配属された後は、上司や先輩社員から、OJTを通して必要な業務知識を学んでいただきます。 <中途入社者の事例> ・上場企業の経理財務部を経験していた方 ・BPOプロジェクトに所属し、クライアントの経理財務業務のオペレーションを経験していた方 <仕事の魅力> 熊本で暮らしながら、東証一部上場/大手日系企業の、経理財務の主要業務に関わる事ができます。 さらに、RPA(ロボティクスプロセスオートメーション)導入をはじめとした、最先端かつ高度なBPRの知識と経験を身につけることが可能です。今後、経理財務の業務も、機械化・自動化による省人化が進むことが予想されています。そんな時代の中で、機械に自分の仕事を奪われるのではなく、既存の経理財務の業務プロセスを再構築し、機械化・自動化の手法を活用して、業務の効率化・高度化を推進していく高度な知識と経験を身に着けることは、今後、経理財務の分野でキャリアを構築する上で、とても有意義な経験となるはずです。 ▶選考プロセス: 面接回数2回  ※面接場所は、熊本か東京か、ご都合に応じて決定します。 ▶給与: 基本年俸:経験・能力などを考慮の上、社内規定に基づいて決定します。 賞与:個人の業績連動賞与/年1回 手当:超過勤務手当、深夜勤務・休日勤務手当、出張手当、通勤費実費支給、 住宅手当 ▶休日・休暇: 完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始 年次有給休暇、傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、 ボランティア休暇、生理休暇、介護休暇、母体保護休暇、配偶者出産休暇(配偶者出産休暇) ▶福利厚生: 従業員株式購入プラン 財形貯蓄制度 退職年金制度 各種法人会員及び契約施設・ホテル 各種クラブ活動 産業医による健康相談室 カウンセリング支援制度 カフェテリアプラン

  • 【熊本/UJIターン歓迎】アクセンチュア熊本BPOセンター所属/BPOサービスマネジメントスペシャリスト(人事総務BPO所属/サブチームリーダー候補)
    • 総務 組織・人事コンサルタント 業務プロセスコンサルタント
    • 熊本県

    ■所属グループ: Operations本部 Business Process Service(BPS)グループ オペレーションズ本部BPS(Business Process Service)グループは、クライアントの収益拡大やコスト削減といった、経営目標を実現する手段の一つとして、業務プロセス改善のコンサルティング(BPR)と、業務プロセスのアウトソーシング(BPO)を通じた戦略実行まで、End to Endで、サービス提供を行っています。 クライアントの業務変革を推し進めるために、高度な業務分析と、AI、RPA(ロボットによる業務自動化)などの最新テクノロジーの導入によって、お客様の業務プロセスの最適化/高度化を実現します。 ■勤務地: 熊本BPOセンター ■外部採用の理由: 退職に伴う欠員補充と、組織体制変更に伴う増員。 ■希望入社時期: 随時 ■選考プロセス: 書類選考 面接回数2回(面接場所は、熊本OR東京) ■プロジェクトの概要: オペレーションズ本部は、クライアントの業務改革/組織改革と、それによるコスト削減などの経営目標の実現を目的として、クライアントの業務プロセス改善の戦略立案(BPR)から、業務プロセスのアウトソーシング(BPO)を通じた戦略実行まで、End to Endで、サービス提供を行っています。 同プロジェクトでは、大手日系メーカーをクライアントして、人事総務のBPOプロジェクトを運営しています。 熊本BPOセンターにて遠隔でオペレーションを行っていて、業務領域は、給与計算、福利厚生、社会保険、異動手続きなど、多岐にわたります。同プロジェクトには、正社員、契約社員、派遣社員を合わせて、数十名が所属しています。 ■仕事内容: 人事総務系のBPOプロジェクトに所属して、サブチームリーダーとして下記の業務をご担当いただきます。 ・大手日系メーカー本社もしくはその関連会社から受託している人事総務業務の実務対応 ・5名~10名程度のチームメンバー(20代前半~50代後半まで、派遣・契約社員・地域限定正社員)への、業務の進捗状況の管理と業務指示、相談への対応。、 ・クライアントに対する、運営状況のレポーティング・問題発生時の調整、業務プロセスの改善提案。 ・同プロジェクトの業務の一部をアウトソーシングしている当社の大連チーム(日本語スピーカー)との折衝 ・業務改善策の立案と実行、RPA導入など、プロジェクト内部で継続的な業務効率化の推進。 ■入社後の流れ: 入社後の1週間は、中途入社者向けのトレーニングに参加いただき、アクセンチュアの社員として求められる基礎的な知識を学んでいただきます。プロジェクトに配属された後は、上司や先輩社員から、OJTを通して必要な業務知識を学んでいただきます。 ■仕事の魅力: 熊本で暮らしながら、東証一部上場/大手日系企業の、人事総務業務に関わる事ができるますので、人事総務の専門性を身につけることが出来ます。また、サブチームリードとして、チームの運営(進捗管理・メンバー管理・顧客折衝)の経験を積むことが可能です。 さらに、プロジェクト内部で、継続的な業務改善活動を行っていますので、当社がグローバルで25年間培ってきた、RPA(ロボティクスプロセスオートメーション)導入をはじめとした、最先端かつ高度なBPRの知識と経験を身につけることができます。 ■給与: ※経験・能力などを考慮の上、社内規定に基づいて決定します。 賞与:変動制賞与/年1回 手当:超過勤務手当、深夜勤務・休日勤務手当、出張手当、通勤費実費支給、 住宅手当  ※役職によって異なります ■休日・休暇: 完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始 年次有給休暇、傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、 ボランティア休暇、生理休暇、介護休暇、母体保護休暇、配偶者出産休暇(配偶者出産休暇) ■福利厚生: 従業員株式購入プラン 財形貯蓄制度 退職年金制度 各種法人会員及び契約施設・ホテル 各種クラブ活動 産業医による健康相談室 カウンセリング支援制度 カフェテリアプラン ▼今当社を勧める理由 当社のグループは2001年に上場後本日まで、時価総額は約13倍、売上は約3倍の4兆円手前、従業員数も約6倍の40万人超に急成長しています(2017/6/30現在)。 お客様は一流の企業ばかりであり、世界のトップ企業100社*のうち89%が当社のお客様です。”インクルージョン(包括)&ダイバーシティ(多様性)”は当社文化の根幹であり、女性をはじめ多様なバックグラウンドや考え方の違いを受け入れ、互いに尊重し合い、革新的で活気あふれる職場作りを目指します。また、働き方の多様性に応える制度や仕組みも整えています。 *米「フォーチュン誌」発表 ▼企業文化とコアバリュー 【Think Straight, Talk Straight】-当社の社風を表現する世界共通の言葉です。当社では、1年目の新人も10年目のマネジャーも、上下の隔たりなく自由に意見を発信します。また、個々人の考えを尊重し、多様な考え方や働き方を受け入れる文化が根付いています。自由な発想と活発な議論が、世界をリードするソリューション創ります ▼当社独自の働き方改革『Project PRIDE』 全社員イノベーション活動としての組織風土改革を通して働き方改革を実践し、地道な施策を積み重ね、“制度”と“意識”の両輪で組織や一人ひとりの行動を変えていきます。具体的には、「18時以降の会議原則禁止」「残業の適用ルールを厳格化」「短日短時間制度の導入」「在宅勤務制度の全社展開」「全社員と遠隔でもコラボレーション可能になるツールの導入(Skype、Office365)」「徹底したフリーアドレス、徹底したペーパーレス化」など、当社がコンサルティングファームとして蓄積してきたノウハウ、テクノロジーを駆使した働き方改革にて、日々変革が進んでいます ▼キャリアパス・人材開発・トレーニング制度 社員1人1人にキャリアカウンセラーがつき、キャリア構築をサポートします。また、国内外問わずキャリアチェンジできる『キャリアマーケットプレイス制度』があり、現在グローバルで約10,000ポジションあるポジションの中から、他部署や海外へも応募が可能です。また、次世代をリードする人材育成のための投資に積極的に取り組んでおり、24,000以上のオンライントレーニング・プログラム、海外の研修センターにおけるトレーニングなど、自分の成長・キャリアパスに必要な社内外のカリキュラムを選択することが可能です。 ▼女性活躍促進活動 多様性を重視する当社では女性一人ひとりが自分らしいキャリアを構築し、活躍できるよう支援しています。日本では、2006年にJapan Women‘s Initiatives(JWI)を発足し、所属や役職を越えた社内横断組織により、女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となり様々な活動、制度作りに取り組んでいます。例えば、出産・育児をサポートする制度は法定以上。短日短時間勤務の制度、在宅勤務制度など中途採用の方でも入社後間もなくこれらの制度を活用することが可能です。日経ウーマン、米ワーキングマザー誌、トムソン・ロイターなどの女性活躍における各種受賞実績もあり、日本において2020年までに女性社員比率33%、女性管理職比率20%を目標に活動しています。 ▼福利厚生 当社では、国で定める社会保険のほか、長期収入所得補償、確定拠出年金制度(401k)、Accenture Discount Directory、財形貯蓄制度、退職年金制度など、多数の制度や特典を提供しています。25種以上の公式クラブ活動も積極的にバックアップしており、仕事以外での社内ネットワーキングを広げる場としても活用されています。 ▼インクルージョン&ダイバーシティ 「インクルージョン(包括)&ダイバーシティ(多様性)」はアクセンチュア文化の根幹です。ともに働く人のバックグラウンドや考え方の違いを受け入れ、互いに尊重し合い、革新的で活気あふれる職場作りを目指します。 ▼Client Case Studies 当社が担当したお客様事例が掲載されています。金融サービス部門ではふくおかフィナンシャルグループ様、第一生命保険様、アメリカン・エクスプレス様、VISA様、UBS銀行様の事例が紹介されています。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ