1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 学校法人 昭和女子大学

学校法人 昭和女子大学

次世代を担う女子学生を、あなたのビジネス経験で後押しする

2020年に創立100周年を迎える昭和女子大学。キャリア教育にも早期より力を入れ、実就職率は8年連続で全国女子大1位を記録。意欲ある学生に向け、ビジネスで得た経験や知識を伝える非常勤講師を公募します。

本ページの求人の募集は終了しました。

募集期間:2018年11月1日(木)〜 2018年11月28日(水)

本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

日本屈指の女子大学で、働き方やビジネスに「教える」という経験を加える

坂東眞理子 理事長・総長からのメッセージ

昭和女子大学は、20世紀の良妻賢母を育成する大学から女性が人生を拓く力と社会を支える力をつけるための大学に発展してきました。
そのために本学では、世界とつながるグローバル化、企業とつながるプロジェクト型学習、そして地域との連携を進めています。また、伝統の学寮研修、文化講座に加え、社会人メンターネットワーク、現代ビジネス研究所など新しい試みを行い、総合的な人間力を高める教育を行っています。実就職率で8年連続全国女子大1位を維持しているのは、その成果の一つです。

私たちは学生に社会から必要とされる知識、資格、スキルを習得するだけでなく、自分で課題を発見し最後までやり遂げる力を身につけてほしいと願っています。
そのためにアカデミックな世界で研究者・教育者としてキャリアを積み重ねてこられた方だけでなく、ビジネスの現場で経験を積まれた方にも教壇に立っていただき、学生を指導してくださる方を公募いたします。
ぜひ、女子学生に現場の仕事の苦労とやりがい、楽しさと厳しさを伝えてください。教える経験はご自身の経験と知識の体系化につながり、働き方やビジネスの新しい視点が皆さま自身の人生を豊かにする機会にもなると期待します。

理事長・総長/坂東 眞理子

金子朝子 学長からのメッセージ

日々新しい何かが始まっている昭和女子大学。学生たちのチャレンジが続いています。
学生たちは、将来のキャリアを見据えた本学の人材育成プログラムを通して、それぞれの夢を実現しています。
毎年約500名の学生がアメリカにある海外キャンパス「昭和ボストン」に留学し、近隣の大学や地域の人々との交流から、英語を、日本を、そして世界を学びます。
こども園から大学院まである世田谷キャンパスは、留学生や各種プロジェクトで協働するさまざまな分野の社会人など、グローバルでダイバーシティーに富んだ人々との活気のある学びの場となっています。
急速に変化する世の中で、学生たちが女性リーダーとして活躍する力を養い、入学したときより大きく成長できる大学でありたいと思います。

非常勤としてお願いする先生方には、学生の創造性や共感性を育て、その学びが、プロジェクト活動に、さらには、学生それぞれのキャリアにつながる授業を期待しています。学生たちの成長の後押しをできることは、教員にとっての大きな喜びです。
2019年、ペンシルべニア州立テンプル大学日本キャンパスが本学に移転し、これまでにないスーパーグローバルキャンパスを創りあげるため、積極的にチャレンジできる力と意欲のある方を望みます。

学長/金子 朝子

パイオニア精神のある学生が在籍。ビジネスの現場で輝く人材を育成

生活科学部 食安全マネジメント学科

2017年に開設された本学科では、「フードシステムを総合的に支え、人々の生活に貢献する人材を育てる」ことを目的に、食と食品に関する安全性やフードビジネスを教えています。食品、栄養、食品安全の自然科学といった領域と、経済、経営、流通からなる社会科学の領域を学ぶことで、卒業後は主として食品業界で活躍する人材の育成を担います。

同学部の管理栄養学科、健康デザイン学科と共催する「健康『美』プロジェクト」では、地方公共団体や企業とのコラボレーション企画を実施。地域おこしの計画や実践、企業とのメニュー開発やレシピコンテストの開催なども行っています。

また、アメリカにある昭和ボストンへの留学も可能で、夏季休暇や春季休暇を利用した短期プログラムと、1セメスター(4カ月)以上の長期プログラムから選択でき、グローバルに活躍するための経験を得られます。

他大学では類を見ない新しい学びの領域で、パイオニア精神のある学生の成長に寄与すべく、さまざまな工夫を重ねています。その工夫の一つ一つを「楽しみ」として実践する教職員が集い、見識をもって日々の人間教育に携わります。それは同時に、昭和女子大学の建学の精神である「世の光となろう」を具現化すべく活動している証拠でもあると感じています。

グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科

本学科が「真のリーダー」と考えるのは、多様なビジネス領域において、自ら課題を発見し、その解決に取り組もうとする人です。その精神にのっとり、「ビジネスの最先端を切り拓く女性を育成する」ことを目的に、1年次から大小さまざまなプロジェクト活動を実施。半年間の昭和ボストンへの留学は必修で、英語習得にも前向きに取り組み、グローバルな視野と知識を自らのキャリアプランに生かそうとする、意欲ある学生の育成に励んでいます。

本学科の講義は、学生が主体的に参加するアクティブラーニング型が豊富です。担当する教員も実務家の出身者が大半を占めており、理論や知識だけでなく、実務の場で得られた経験を伝えることに主眼を置きます。また、プロジェクト演習などにより、学生は実際に課題解決に取り組むことで、実践力を養うことも意識しています。

女性の活躍が望まれる社会であるからこそ、「自律した個」を確かなものにする教育に重点を置いています。その成果として、就職率(就職希望者に対する就職者の割合)は、2016年、2017年と2年連続で100%を記録し、国際経営系学部で全国トップでした。就職先は大手メーカー、金融、保険会社など、輩出する人材の進路は多彩です。

今回の募集について

ご自身がビジネスの現場で得た経験を、学生に向けて講義する非常勤講師を求めています。民間企業からのプロフェッショナル人材を採用することで、これまでにない学校教育を実施していくことを目標に掲げます。「ICTビジネス入門」「マーケティングリサーチ入門」「店舗経営論」「起業とベンチャービジネス」のいずれかの科目をご担当いただける方を募集いたします。

本学は、真面目で地に足がついた学生が多いことが特徴です。学生一人一人が必要とされる場所で輝き、仕事に打ち込めるようにすることは、大学の社会的責任だと考えています。皆さんの経験を学生たちに伝え、その結果として、学生たちが希望ある進路に進んでいく。その瞬間に立ち会えることは、他では得られない経験となるのではないでしょうか。

求める人物像

本学・本学科の教育方針を理解し、熱意をもって学生の教育・指導および校務の運営に参加できることを基本としています。また、ご担当いただける科目の領域に対し、研究業績や業務実績を有することを望んでいます。

科目の性格から最新の知見を織り交ぜた講義を期待します。また、学科の教育方針に基づき、学生の理解度や習熟度に応じて、教育効果を上げる工夫も必要となります。親身になって学生に接し、担当分野への興味を喚起することで、未来を担う女性の育成にやりがいを感じる方であれば、またとない人生の基点になるはずです。

得られるキャリアの価値

昭和女子大学には、1学年ごとに約1,500名、計6,000名ほどの学生が在籍しています。ビジネスに対する女子学生ならではの視点や、リサーチデータなどでは感じ取れない「実際の声」に触れる機会もあります。学生と教員との距離が近く、インタラクションを望む学生が多いことからも、本業のビジネスにおいても、その経験は生かせることでしょう。

生活科学部 食安全マネジメント学科では、自然科学、社会科学双方の分野の専門教員がいるため、フードシステムを総合的な観点から見ることができ、多様なものの見方や考え方を身につける場としての可能性もあります。グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科では、イノベーションに関する講義を充実させるべく、今回の募集を行います。今後のビジネス環境を担う人材の成長に寄与できることは、あなたの未来において、大きな価値となることも期待できます。

募集職種

  • 【副業兼業】生活科学部食安全マネジメント学科 非常勤講師(科目名:ICTビジネス入門)
    • 教授・准教授・教諭
    • 東京都

    【仕事内容】 ・担当科目名称:「ICTビジネス入門」(開設学期 前期) ・科目または業務の概要: 食品関連分野におけるICTビジネスを理解し活用するための基礎的な知識と手法、事例を学ぶ3年次の選択科目。 食品の安全を念頭に最新の知見も織り交ぜながら、ICTビジネスの可能性についてインタラクティブな授業展開としたい。 ・担当する曜日と講時:木曜日 2講時(予定)または応相談 【研究分野】大分類:社会科学 小分類:経営学、経済学 【着任時期】2019年4月1日(月)から 【勤務形態】非常勤(任期あり)年度ごとの更新あり 【待遇】本学規定による   【選考方法】 (第1次)書類審査(応募締切後に行います) (第2次)面接20分・模擬授業45分/12月中旬ごろに実施の予定 旅費は応募者負担 ※書類審査にあたり本学指定フォームの応募書類をご提出いただきます。 (詳細につきましては、応募後こちらからご連絡します。) 【応募締め切り】2018年11月28日(水)応募書類必着

  • 【副業兼業】生活科学部食安全マネジメント学科 非常勤講師(科目名:マーケティングリサーチ入門)
    • 教授・准教授・教諭
    • 東京都

    【仕事内容】 ・担当科目名称:「マーケティングリサーチ入門」(開設学期 後期) ・科目または業務の概要: 食品関連分野におけるマーケティングリサーチを理解し活用するための基礎的な知識と手法、事例を学ぶ3年次の選択科目。 最小限必要な調査の技術と統計の知識の習得も含め、最新の知見も織り交ぜながらインタラクティブな授業展開としたい。 ・担当する曜日と講時:木曜日 2講時(予定)または応相談 【研究分野】大分類:社会科学 小分類:経営学、経済学 【着任時期】2019年10月1日(火)から 【勤務形態】非常勤(任期あり)年度ごとの更新あり 【待遇】本学規定による   【選考方法】 (第1次)書類審査(応募締切後に行います) (第2次)面接20分・模擬授業45分/12月中旬ごろに実施の予定 旅費は応募者負担 ※書類審査にあたり本学指定フォームの応募書類をご提出いただきます。 (詳細につきましては、応募後こちらからご連絡します。) 【応募締め切り】2018年11月28日(水)応募書類必着

  • 【副業兼業】生活科学部食安全マネジメント学科 非常勤講師(科目名:店舗経営論)
    • 教授・准教授・教諭
    • 東京都

    【仕事内容】 ・担当科目名称:「店舗経営論」(開設学期 後期) ・科目または業務の概要: 食品関連分野における店舗経営を理解するためにスモールビジネスを含めた起業、成長、衰退の事例研究と共に、新規事業計画の立て方の実践的手法を学ぶための2年次の選択科目。 最新の知見も織り交ぜながらインタラクティブな授業展開としたい。 ・担当する曜日と講時:金曜日 2講時(予定)または応相談 【研究分野】大分類:社会科学 小分類:経営学、経済学 【着任時期】2019年10月1日(火)から 【勤務形態】非常勤(任期あり)年度ごとの更新あり 【待遇】本学規定による   【選考方法】 (第1次)書類審査(応募締切後に行います) (第2次)面接20分・模擬授業45分/12月中旬ごろに実施の予定 旅費は応募者負担 ※書類審査にあたり本学指定フォームの応募書類をご提出いただきます。 (詳細につきましては、応募後こちらからご連絡します。) 【応募締め切り】2018年11月28日(水)応募書類必着

  • 【副業兼業】グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科 非常勤講師(科目名:起業とベンチャービジネス)
    • 教授・准教授・教諭
    • 東京都

    【仕事内容】 ・担当科目名称:「起業とベンチャービジネス」(開設学期 後期) ・科目または業務の概要: ベンチャー企業に関する知識の中でも、特に起業してベンチャー企業を成長させるにあたっての資金調達方法、及び組織管理の方法を中心に講義を行い、学生に財務、会計的な知識を教えられる事。 ・担当する曜日と講時:応相談 【研究分野】大分類:社会科学 小分類:経営学 【着任時期】2019年10月1日(火)から 【勤務形態】非常勤(任期あり)年度ごとの更新あり 【待遇】本学規定による   【選考方法】 (第1次)書類審査(応募締切後に行います) (第2次)面接20分・模擬授業20分/12月中旬ごろに実施の予定 旅費は応募者負担 ※書類審査にあたり本学指定フォームの応募書類をご提出いただきます。 (詳細につきましては、応募後こちらからご連絡します。) 【応募締め切り】2018年11月28日(水)応募書類必着

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ