1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 株式会社日立製作所

株式会社日立製作所

人類の未来を支える技術を社会に還元する、日立の研究開発グループ

お客様起点のR&Dから研究所独自の製品発信まで行う、日立の研究開発グループ。広範な技術基盤を融合させて、お客様や社会の課題解決に向かうスケールの大きさが魅力です。若い、柔軟な発想で情熱を持ってプロジェクトにあたる「人財」を募集します。

本ページの求人の募集は終了しました。

募集期間:2018年7月12日(木)〜 2018年8月8日(水)

本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

「顧客協創」「技術革新」「基礎探索」の3つのイノベーションで課題を解決

日立は1910年の創業以来、「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という理念を掲げてきました。われわれの技術開発によって社会問題や個別のお客様の経営課題に応えてきたわけですが、2016年にCEOに就任した社長の東原敏昭のもと、体制を一新。お客様とのコミュニケーションを深めるフロント機能を一元化し、お客様とともに課題を見いだし、解決を図っていく体制を強化させています。

研究開発グループも、その概念を具現化する3つのセクションから成っています。お客様のそばで課題を見いだし解決する「顧客協創」を旨とする「社会イノベーション協創センタ」はグローバルラボと定義され、日本のほか米国、欧州、中国、インド、アジアなど世界中のお客様やその地域特有の問題に取り組んでいます。従来の日立の強みである、広範な技術基盤を融合し、最適な組み合わせで課題解決につなげることで革新的な製品を創出する「技術革新」。そのエンジンとなる「テクノロジーイノベーションセンタ」では、エネルギー、機械、材料、制御、デジタルテクノロジー、エレクトロニクス、ヘルスケア、システム、生産の9つの技術分野で38の技術基盤を確立しています。2,000人規模の技術者が、専門分野やその掛け合わせで最先端の価値創造を日々試みています。そして、「基礎研究センタ」では研究者主導で独創的に、スピントロニクス、新概念コンピューティング、ディベート人工知能、ハピネス計測、脳科学応用、再生医療、高度計測・シミュレーション融合、原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡など、新たな領域の開拓にチャレンジしています。

研究開発グループ テクノロジーイノベーション統括本部 統括本部長/青木 雅博

今回の募集について

2018年度は東原を社長とする体制で始まった3カ年中期経営計画の最終年度です。現在まで日立は、成長事業へのシフトにより社内リソースの最適配置を行い、効率的な経営で成長を促進してきました。今後は、M&Aや外部のテクノロジーとの連携も含め、オープンイノベーションをさらに推し進めながら既存事業の強化とともに新しい事業にも積極的に挑戦してゆきます。このようなタイミングにおいて、研究開発グループへの期待もとりわけ大きく、この成長戦略を主導する人財が不可欠です。情熱を持って粘り強く、フレッシュな感覚で新事業創出や研究開発にあたることのできる場、テーマが多数あります。ボトムアップのカルチャーで、提案が歓迎される風土であり、自由度高く研究を進めていけるケースも少なくありません。

求める人物像

日立では、人財もオープンに迎えることで、さまざまな考え、文化を取り込みたいと思っています。研究開発グループのミッションは多様な技術を融合させて新たな価値を創生することですが、企業文化や考え方についても同様です。顧客協創を進める上では、多様な人的ネットワークが有用です。また、変化やチャレンジに対して情熱を持ってあたれる方が求められます。研究は論文や特許などナレッジを生むだけのものではなく、製品やサービスにまで還元することが大切です。技術によって利益への貢献だけでなく、社会にも貢献できることにモチベーションを感じられる方には、もってこいの環境といえるでしょう。

得られるキャリア価値

日立で技術基盤を語る際には、自前の「中核技術」、必要な技術を外部から得る「導入技術」、お客様の環境をも含めた「統合」、試算試行ツールなどの「シミュレーション技術」、技術成立性に加え経済価値の創出までの「検証」、計5つの技術階層を定義しています。これらを研究所、事業部、営業に加え大学の先生方やお客様と一体となり計画的に推し進めていきますので、自身の貢献が事業として世に出る喜びややりがいが得られやすいと思います。専門領域を究めて、研究者や設計者として国際学会を代表するような存在もめざせますし、ご自身の志向によっては複数領域やフロントを経験した後、研究開発のマネジメントや事業創出に直接携わるようなキャリアへのステップアップも可能です。

日本や世界とつながる技術を、研究所発信で社会に還元する

日立では個別の技術だけでなく、エネルギーや交通網などインフラのオペレーションや、地域や社会のシステム・ビジネスモデルを構築するような、大きなスケールの事業が多種多様に行われています。オープンイノベーションにより、実現できる領域や可能性はさらに広がっています。たとえば、人工知能(AI)による自動走行モデルを見てみても、さまざまなお客様からの要望が引きも切らず寄せられ、プロジェクトが多数進行しています。

私自身は約30年前、大学で学んだ光通信技術を買われて日立に入社し、これまでお客様のニーズに応えながら最先端技術を次々と製品化してきました。論文発表も活発に行いながら、全国に高速道路網を引いていくような感覚で、現在の情報化社会を支える光通信インフラに貢献した自負があります。

当研究所では、新事業創生をめざした数多くのテーマを推進していますが、世の中のニーズに鑑みて研究所主導で製品化に踏み切るケースもあります。サービスロボットの「EMIEW」はその一例です。体長90センチほどの人型ロボットで、ロボットの移動や動作の制御を本体に、対話や認識などの知能処理をクラウド上に、さらに複数拠点での遠隔運用・監視システムをその上位に備えた、3層のアーキテクチャとなっています。異なるサイトで活動する複数のEMIEWの経験知が一つのクラウド脳で集約されるしくみです。複数の外国語にも通じ、接客や案内のサービス現場で実証試験を行っていますが、これらの実績をもって本格事業化を見据えています。

そのほか、慶應義塾大学と共同で試験運用しているセキュリティオペレーションセンターでは、ネットワーク巡回に当研究所のセキュリティー監視技術が用いられています。また、英国で2017年秋から稼働している都市間高速鉄道車両では、EUで義務化されている衝突実験に当研究所の解析技術が大きく貢献しました。

このように、さまざまな領域、さまざまな段階において研究開発グループの活躍の場があります。社会とつながり、足跡を残せるような仕事、大きくインパクトを与えられる仕事を求める方には、現在の日立はうってつけの環境です。経営計画は3カ年で運用していますが、日立が見据える未来は数十年、百年という長期視点のテーマもあります。原子力、エネルギー、社会システムの進化など人類の将来に密接に関わる課題です。近い将来に普及が期待される電気自動車(EV)にしても、現在の技術では1回の充電で家庭の1週間分の電力を要するといわれます。EVの普及価格帯を実現するだけでなく、クリーンエネルギーの供給、自動化やサービス提供を同時に可能にするエネルギー、情報、サービスの各プラットフォームの開発と社会実装は、まさに日立が期待され、得意とするところです。

多くの楽しみな社会イノベーションテーマに対し、技術革新を通じた早期実用化を一緒に進めてゆきましょう。

募集職種

  • 多種多様なデータの処理技術に関する研究開発
    • 研究・開発
    • 東京都

    IoT等のセンサデータから文書・音声・画像等も含めた多種多様なデータの処理技術に関する研究開発。具体的には下記の通り。 ・現場から収集したデータをAIや機械学習を用いて、理解・加工・統合するデータ処理効率化技術の研究開発 ・上記技術を含めたデータ処理プラットフォームのアーキテクチャ及び詳細機能設計及び商材化に向けたプロトタイプ開発 ■主な分野 情報、通信、電気

  • 半導体検査装置に関する研究開発(画像処理アルゴリズムの研究-横浜研究所)
    • SE(制御・組み込み系) 研究・開発 電気・電子制御設計
    • 神奈川県

    カメラや電子顕微鏡で撮像された2次元画像,超音波信号,X線ボリュームデータなどの, 各種センシングデータを用いた検査・計測データ処理アルゴリズムの開発。 パターン認識,正常/異常の弁別,特徴の定量化・計測などの処理を実現するアルゴリズムの考案,実装,評価などを行う。

  • モビリティ・産業分野のシステム制御研究員
    • SE(制御・組み込み系) 研究・開発 電気・電子制御設計
    • 茨城県

    自動車や鉄道といったモビリティや建設機械、プラントなど産業分野における自動運転、無人運転のシステム制御の研究開発業務 【具体的には】 経験・スキルや適性に応じて、以下のいずれかの部門で活躍していただきます。 ◆制御プラットホームの研究開発 ・自動車の自動運転に向けたコントローラやアーキテクチャ、ECU等の研究開発 ・自動車の自動運転に向けた足回り部品の研究開発 ・工場プラントにおける自動制御プラットホームの研究開発 ◆輸送システム制御の研究開発 ・建設機械の自動運転、無人運転の研究開発 ・鉄道の自動運転、無人運転に関する先行の研究開発 ・センシング(カメラ)の研究開発

  • 研究開発「システムアーキテクチャ」
    • 研究・開発 研究・開発 研究・開発
    • 神奈川県

    社会インフラ領域を担うシステムの新たなアーキテクチャを追い求め、次代の大規模情報システムの根幹を生み出す研究開発を担当 (業務例) ・鉄道、電力領域を中心とした新しいコンセプト立案とシステム化のための概念実証と実装 ・IoTプラットフォーム「Lumada」に代表される情報制御システムの研究など ・AI/数理最適 応用システムの研究(保守、生産計画支援などへの活動)

  • 研究開発「映像・音声・信号処理」
    • 研究・開発 研究・開発 研究・開発
    • 東京都

    IoTの普及に対応する映像・音声・信号など認識系各メディアのAI処理を推し進め、ロボティクスやフィジカルセキュリティ領域での研究開発を担当して下さい。 (業務例) ◎映像認識(ビジョンセンシング)の技術研究→ドイツのIndustry 4.0や日本のSociety 5.0を見据え、その先のスタンダード足りうるAI活用による開発・社会実装。 ◎音声認識の技術研究→騒がしい場所でも音声だけを拾い出す認識技術(現在、70dbの雑音環境で可能)のさらなる向上など。

  • 電気自動車等の制御技術に関する研究・開発
    • 研究・開発 回路・実装設計 研究・開発
    • 茨城県

    電気自動車等の制御に欠かせないインバータを中心に、モータやバッテリとのシステム化に関する研究開発業務 【具体的には】 活躍していただく研究部では、グローバルなEV化のトレンドに対応。 材料からコンポーネントまで、ワンストップで技術を提供できる 研究開発部門になっています。 そのなかで、パワーエレクトロニクスのキーデバイスであるインバータを中心に、 モータやバッテリ等のコンポーネントをシステム化していく研究を担当していただきます。 【幅広い知見が発揮できる研究フィールド】 モータやバッテリの一体化を進めていく研究なので、非常に幅広い知見が問われることも この研究業務の大きな特徴です。 パワエレやドライブ技術、デバイスの構造、アナログ回路の基礎知識はもちろんのこと、 材料力学や各種解析技術、さらには金属材料の結合等に関する知見に磨きをかけ、 業界にインパクトを与えるイノベーションを巻き起こしてください。

  • 産業向けコネクティビティ技術の研究開発
    • 研究・開発 研究・開発
    • 神奈川県

    情報通信、電力、産業、公共・都市・交通、自動車機器、金融、ヘルスケア、セキュリティなど、社会インフラを担う各業種のIoT化に向け、システムやネットワークのアーキテクチャの設計と社会実装を担当。 (具体的には) お客様と一緒に課題分析→仮説構築→プロトタイピング→価値検証のプロセスを繰り返しながら、迅速にソリューションを協創するための新たなネットワーク基盤の研究開発を行います。 また事業部と連携しながら、お客様の現場でEnd-to-Endでのコネクティビティを担保するためのエンジニアリングを行い、同時にそれらを支える新技術の研究開発やオープンイノベーション化も手掛けてください。

  • 情報処理向けエレクトロニクスに関する研究開発
    • データサイエンティスト 研究・開発 研究・開発
    • 東京都

    情報処理向けエレクトロニクスに関するAIや機械学習、信号処理(画像・映像認識、デジタルフィルタ等)等のハード・ソフトの研究開発を担当。 【具体的には】 活躍していただく「情報エレクトロニクス研究部」では、 IoT時代のキーテクノロジーのひとつであるセンシング技術に関して ハードウェアとソフトウェアの両面から先端研究を進めています。 なかでも、インターネットを介さず、モノに近い位置でビッグデータを 瞬時に処理するエッジコンピューティングなどの研究テーマに取り組んでいただきます。 【研究開発体制の特徴】 研究開発には、40代のユニットリーダーのもとチームで取り組んでいます。 まずは、メンバーの一人として研究に取り組んでください。 現在は先行開発の段階であり、ゆくゆくは顧客と協創して 具体的なデバイス等の開発につなげていく予定。 あなたの意欲しだいでは、そうしたモノづくりのフェーズまで携わることも可能です。

  • 多彩な知能情報処理を活用した次世代AIの実現をめざす研究開発職
    • 製品エンジニア(ハードウェア・ソフトウェア) 研究・開発 研究・開発
    • 東京都

    人工知能の基盤/応用技術、産業用/人間共生など広範なロボティクス、ドローン、言語情報いずれかの領域で知能情報処理を推し進める研究開発を担当して下さい。 (業務例) ・人工知能の基盤/応用技術→多目的に使えるAI技術やディベート人工知能などの研究開発 ・産業用/人間共生など広範なロボティクス→自律移動型産業ロボットや人間共生ロボットなどの研究開発 ・ドローン→リモートセンシングサービスや運行管理システムなどの研究開発 ・言語情報→文字認識や言語情報の処理などの研究開発

  • デザインスキルを活用し将来の事業創出に取り組む(サービスデザイナー/UXデザイナー)
    • 新規事業企画・事業開発 プロダクト・工業デザイナー 戦略コンサルタント
    • 東京都

    当社の事業部門(情報通信・電力エネルギー・鉄道・ヘルスケアなど)、社内の研究部門や顧客企業と協創しながら、社会課題やユーザーエクスペリエンスに根差したアプローチを行い、新事業や新サービスの創出をめざします。 具体的には ・長期的な視野で、社会や顧客企業が抱える課題を抽出し、デザインスキルを活用した方法論によるアプローチ。 ・事業創出の可能性を推進するための、各種プロジェクト企画の立案と運営(ワークショップにおけるファシリテーションなど) ・上記におけるコンセプトメイキング、ビジネスモデルの検討 また具体的な、プロダクトデザイン、UIデザイン、映像制作、各種資料作成なども行います。 ※社内(事業部門や研究所)だけでなく、顧客企業を巻き込みながら、新事業の芽を育てる仕事ですので、発想力と実行力が求められます。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ