1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 株式会社光通信

株式会社光通信

スピードと情熱ある新サービスの発信で、地域創生や業界活性化を

創業から30年、ディストリビューターとして地位を築いてきた光通信は、新規事業を大きく展開し、新電力を「地域販社」「業種販社」で急速に拡大中。そのスキームをベースに、自らキャリアとして新たな商材に取り組んでいく仲間を募集。

本ページの求人の募集は終了しました。

募集期間:2018年3月1日(木)〜 2018年3月28日(水)

本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

新電力・電子契約・損保等のサービスを、「地域」「業種」の新感覚販社で一気に展開

光通信では携帯ショップ事業のほかに、通信回線、ウォーターサーバー、複合機などさまざまな商品を販売しています。誇れるのは、多岐にわたる販売チャネルのなかでも、各地方の有力企業などをパートナーとした合弁の販社による独自展開。光通信はその販売ノウハウや商品調達力を提供し、地元の土地勘や人脈、ブランド力を持つパートナー企業とともに事業体ごとに子会社を設立するという、地域販社戦略です。

商材コンテンツとして今注力しているのが、新電力です。2016年より事業を開始した「ハルエネでんき」は、電力卸売市場から余剰電力を買い付けて提供するスキームで、競合他社の営業網から抜け落ちている小規模法人・事業者等をターゲットとしている点に勝算があります。

「地域販社」については、実際に当地で起業してもらう経営者候補を集め、東京での研修で光通信の営業ノウハウや経営スキルを数カ月かけ徹底的に学んでもらいます。それと並行して起業予定地域にアライアンスチームが入り、新会社の応援団(株主など)を形成するよう地元に注力して起業に向けた準備を行います。

光通信が新会社に出資する比率は49%以下であり、地元企業にマジョリティを取っていただくことでより地元に応援してもらいやすい環境を整えています。開業資金と事業スキーム、実際の商材は提供するので、その事業を通じて地域を盛り立てていただきたい、まさに地方創生を地で行く事業です。起業をめざす研修の間にも仲間ができ、既に当社子会社として各種事業を運営している約1,000社の経営者ともグループ会社としてネットワークが得られるのもメリットでしょう。

アライアンスチームとの両輪で、今全国展開を図っている新電力については、2年以内に40社の地域販社設立が目標ですが、もう一つの展開軸が「業種販社」です。町工場、介護、物流、保育園など、業種ごとに専門のコンサルティング会社を設立して商材の販売を推進していきます。地域販社は地元に法人を設立して納税し、雇用創出するほか、売り上げの一部を地元に寄付して地域貢献を図ります。一方、業種販社もその業種ならではの業界事情や悩みに対応する形で商材の普及を図ります。また、その業界の活性化につながる寄付活動も行います。

業種についてはアイデアがあれば、どんな業界との掛け合わせも歓迎ですし、新電力に次ぐコンテンツも、電子契約や損害保険などめじろ押しです。経験を踏まえた事業アイデアを具現化できるチャンスとして、チャレンジしていただきたいですね。

今回の募集について

「ハルエネでんき」による新電力や、印紙代を大幅削減できる電子契約サービス「クラウドスタンプ」、運輸業や旅館業など業界事情を踏まえたリスクに備える損害保険の活用提案など、光通信から発信する新たな商材を、「地域販社」「業種販社」を通じて展開していくエンジンとなる人材の募集です。実際に地域で起業する経営者候補を、その準備から立ち上げ、運営まで、自身も深く入り込みながらサポートする開拓・アライアンス人材、これまでの業界経験から新たに業種販社をイメージし、提案・チャレンジしてくれる「熱量の高い」人材を求めています。

求める人物像

いずれの職種でも「人が好き」なことが重要で、「コミュニケーション力」「提案・交渉力」が求められます。バックグラウンドとしては、商材は問わず、法人に対する何らかの企画営業、提案営業経験のある方。「地域販社」に関わる場合は、特定地域への縁や愛着を持つ、あるいは本気で関わって自らがその地域に骨を埋めかねないくらいの熱意を持って当たれる方。アライアンスチームであれば、そうした熱量を持つ経営者・株主に注力して支援しながら、その体制づくりを全国展開・制覇する気概、発奮がある方。光通信でも新機軸の取り組みである「業種販社」について、フレッシュな発想でアプローチしてもらいたいです。

得られるキャリア価値

創業31年目の光通信は、ディストリビューターとしてさまざまな商材をさまざまなポートフォリオで展開し、事業変革の過渡期にあります。もともと特徴とする変化対応型スピード経営のノウハウを実践的に学んでいただける環境です。定評ある光通信の営業力、販売力を体感し、身につけていただくチャンスです。
新規事業には金融業界など他業種からの転職組も多く、さながら傭兵集団のような営業スペシャリストの集積地となっています。そこでの切磋琢磨も貴重なもので、スピード感ある決裁環境のなか、スキームのブラッシュアップも日々進んでいます。そうした仲間とともに販路構築の全国地図を塗りつぶしていく楽しさとやりがいに満ちた経験を得られます。

地域に入り込み、地元ネットワークを活用して「人対人」の信頼を構築

光通信に転職して1年、新電力事業の地域販社開拓、およびアライアンス支援を推進してきました。私は、自身が起業して11年の会社運営経験があります。その後は中堅建設会社で営業に携わりましたが、起業の醍醐味も苦労も身をもってわかっていますので、販社の立ち上げの仕掛けから起業、その後の経営までバックアップする仕事にやりがいを感じて転職しました。

光通信というと変化対応型スピード経営のイメージは持っていました。しかし日々のスピード感は想像以上でしたね。朝令暮改は日常茶飯事ですが、ボトムアップの社風なので上から言われたことをやるのではなく、現場が常に動いていて、走りながらより良いものがあればどんどん変えていくようなイメージです。また、新規事業ということもあって直接当社の経営層にプレゼンテーションを行う機会も多々ありますが、その際も決定が速やかです。迅速なゴーサインには勢いも感じますし、会社の期待を大いに感じます。

日々の活動については、私は東京育ちで他県にはあまり縁がないのですが、それでも今は全国15地域を担当し、地元商工会などを通じてネットワークを構築しています。その地域ごとに県民性などはありますが、まずは郷に入れば郷に従えといった感じで胸襟を開いて飛び込む姿勢が大切ですね。とはいえ、プッシュ型よりはプル型で、基本はその地域を良くしたいという熱意を伝えることです。

その地域で新電力販社を起業しようという候補人材が東京で経営者研修を行っている段階で、先に地域に入って地元の理解を得、株主として応援団になっていただくなど、起業の地ならしを行っていくのがミッションです。場合によっては、このポジションの者が地元への愛着を強めて起業してしまった例もあるほど、皆注力して熱意を持って業務に当たっていますね。

日本地図をどれだけ塗りつぶしていけるかも醍醐味です。地域販社は2年以内に40社設立が目標でしたが、既に十数社設立し、各地元で応援いただいている株主も150社以上です。地域をまとめ上げるノウハウや経験値もついてきましたので、今後はこの起業パッケージをさらに広域に展開して都道府県制覇をめざしています。そして、新電力の次に展開する商材にも応用していき、どんな商材でも販路開拓できる地域販社の全国ネットワークに育てるのが夢ですね。

営業統括本部 アライアンス・ファイナンス部開拓課 マネージングディレクター/大野 信

募集職種

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ