1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社

情報革命において、社会を「変える側」に立つ新しい人材を募集

IoTやAIによる第4次産業革命は、世界の産業構造を激変させるだけでなく、人々のライフスタイルにも大きなインパクトを与えています。こうしたなか、ソフトバンク株式会社では、新しい時代のビジネスシーンをけん引する人材を求めています。

本ページの求人の募集は終了しました。

募集期間:2018年2月22日(木)〜 2018年3月21日(水)

本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

2018年4月24日(火)ソフトバンクグループ代表の孫正義によるキャリアLIVEを開催

ソフトバンクキャリアLIVE 概要

ソフトバンクグループ代表 孫正義が、未来戦略と求める人材についてお話しします。

日時:2018年4月24日(火)15:00~17:00
場所:東京国際フォーラム ホールA

ブースセッションについて

ソフトバンクキャリアLIVE終了後、ソフトバンクの最前線で活躍する社員と交流できるブースセッションをご準備しております。(18:00~19:30予定)

参加予定部門:
 事業企画・サービス企画
 エンジニア(セールス・開発・インフラ)
 営業企画・マーケティング
 投資・経営企画

ソフトバンクキャリアLIVE応募方法

求人名「孫正義 登壇イベント ソフトバンクキャリアLIVE 2018年4月24日(火)」よりご応募ください。
応募者多数の際は、抽選となります。

抽選結果は、4月16日(月)を目途にお知らせいたします。
当日の来場方法やブースセッションへのご参加など詳細については、当選された方のみに、お知らせいたします。

以下に人事・採用を担当する源田、新規事業を担当する新岡、ICTイノベーションを担当する佐藤のインタビューを掲載しております。ぜひ参考になさってください。
※「ソフトバンクキャリアLIVE」への登壇は孫のみです。

最高の舞台で、ビジネスパーソンとしての自己実現にチャレンジを

人事本部 採用・人事開発統括部 統括部長/源田 泰之

ソフトバンクグループは、1981年にソフトウエアの流通から事業をスタート。その後、出版やADSL、携帯電話など、コアとなる事業を変化させながら成長し、現在は子会社や関連会社も含めると7万人近い従業員を抱える企業グループに成長しました。

近い将来、コンピューターのパフォーマンスが飛躍的に高まり、超知性が誕生する「シンギュラリティー」を迎えます。シンギュラリティーのキーとなるのは、「IoT」「AI」「スマートロボット」の3つのテクノロジー。ソフトバンクグループはこれらのテクノロジーに注力し、世界規模でこのパラダイムシフトに向けた重要な役割を果たします。

AIやIoTが生活に浸透しつつあるなか、そこでは膨大なデータがやりとりされています。それらのデータをどのようにつないでいくのか。ここに情報通信の大きな役割と可能性があります。さらに、そこでやりとりされた膨大なデータを、どのように活用するのか。ここで求められるのがデータマイニングであり、それを実現するためにAIが必要になります。

そのうえで、国内事業の柱となるスマートフォンを中心とした通信事業も、次の成長戦略にうまく接続していかなければなりません。そこでは、通信網や顧客基盤、販売店といったアセットを最大限に活用し、いかに付加価値をつけていくのかが問われています。

こうした背景を踏まえ、ソフトバンクグループは、「ソフトバンク新30年ビジョン」に基づき、情報革命で人々の幸せに貢献するために、さらに300年後の世界までを俯瞰した成長を続けていきます。

IT業界は非常に変化の激しい世界です。特定のスキルや経験があるからといって、それで一生仕事ができるという時代は、すでに昔のこととなりました。今は、常に変化に対応でき、新しいことに思い切ってチャレンジできるような、ポジティブなビジネスマインドが求められています。

一方で、ソフトバンクにおける主力事業である国内通信事業を考えると、携帯電話やインターネットは、今や電気やガス、水道と同じように、社会に欠かすことのできないライフラインとなりました。たとえば大きな災害が発生したとき、電話やインターネットが通じるかどうかは、人の命にかかわる可能性があります。だからこそ、災害やトラブルに強い、信頼性の高いネットワークを構築・維持・補修するような仕事や、一つの事業をコツコツと頑張ってくれるような人材も必要です。そのような仕事や人をきちんと評価し、称賛する文化も、ソフトバンクにはあります。

このように皆さんの活躍のフィールドは、無限大に広がっています。ぜひ、ソフトバンクという最高の舞台で、ビジネスパーソンとしての自己実現にチャレンジしてください。

変化を続けるソフトバンクで、未来のビジネスを創造する最前線

事業開発統括 事業計画本部 本部長/新岡 勉

「ソフトバンク」という社名を聞いて、あなたはどんな事業の会社を思い浮かべますか。通信キャリアを軸としながらもロボット、AIなどにも手を広げており、一体何の会社なのか、いまいち実体がつかめないという方もいらっしゃると思います。私は、未来に向けて変化を続ける文化こそがソフトバンクの魅力であり、当社でキャリアを形成する醍醐味だと感じています。

事業開発統括が発足したのは2015年。専務取締役エリック・ガンの指揮のもと、「情熱を持ってなんでもチャレンジしていく」という言葉とともにスタートしました。そのなかでも重視したのは、イグジットやキャピタルゲインを目的とせず、投資先と共に成長しグローバルに市場を拡大していく投資エコシステムを構築すること。ハンズオンで手がけ、市場とともにソフトバンク自身も成長するという軸を持っています。現在では、ソフトバンクをはじめとする既存事業とのシナジーを強く発揮できる領域として、セキュリティー、クラウド、Fintech、シェアリングエコノミーの領域で、戦略的投資を行い、ジョイントベンチャーの立ち上げやアライアンスによる事業展開などを進めています。この領域の深化とともにさらに新しい領域を開拓し、従来のソフトバンクのイメージにはないことを次々に仕掛けていく。その最前線が事業開発統括の役割です。

たとえば、イスラエル発のサイバー攻撃対策プラットフォームのスタートアップであるCybereasonには、出資とともに日本にジョイントベンチャーを設立しました。クラウド領域では、アリババグループと連携してクラウドサービスを提供するジョイントベンチャーとして、SBクラウドを設立。そしてFintech領域では、1,000円から株式投資ができるスマートフォン専業証券会社のOne Tap BUYへ出資。また、みずほ銀行と共同で国内初のスコア・レンディング事業を手がけるJ.Scoreも設立しました。シェアリングエコノミー領域では、グローバルなシェアオフィスのプラットフォームを手掛けるWeWorkとのジョイントベンチャーを設立し、日本国内に拠点を開設。世界最大級の交通プラットフォームを手掛ける滴滴出行(DiDi)とは合弁会社の設立を視野に、2018年中に国内でタクシー配車プラットフォームの実証実験を実施する予定です。

ソフトバンクという社名を聞いて、未来の人々がどんな事業の会社を思い浮かべるかは、次の事業を創出して飛躍させる、新しい人材となる皆さんの手腕にかかっています。

未成熟な産業であるIoT/AI 、ソフトバンクの技術力でビジネスチャンスを形にする

法人事業統括 ICTイノベーション本部 本部長/佐藤 貞弘

ソフトバンクグループは、国内通信事業を基幹としつつ、これからの事業戦略の柱として、IoT、AI、スマートロボットの3つを掲げています。この3つの技術革新は、私たちの社会の産業構造を大きく変えるものと言えるでしょう。

こうした大きな変化について、たとえば「ロボットが本格的に普及することで、人間の仕事が奪われるのではないか」といった不安も指摘されています。しかし、私たちソフトバンクグループは、この変革によって余ったリソースを、もっとクリエイティブな、人間が本来担うべき仕事に振り分けるべきだと考えています。

今、日本は少子高齢化により急激な労働力人口の減少という課題を抱えています。こうした課題をAIやロボットが補い、そこで余った国全体としてのリソースを、知的でクリエイティブな仕事に充てていかなければなりません。それがひいては、日本という国そのものの競争力強化につながるはずです。このような産業構造の変革の基盤となる、システムやネットワークサービスというものを、できるだけ早く作り出さなければなりません。

私たちICTイノベーション本部は、このようなビジョンのもと、法人向けのITプロダクトサービス開発を業務としています。法人向けのネットワークやクラウドサービスを創出し、あるいはその上にIoTのプラットフォームを作り、そこで集められたビッグデータをAIで処理するといったサービスの開発も手掛けていきます。

一方で、IoTやAIは産業としては未成熟であり、まさに産声を上げたばかりの段階です。ということは、そこにビジネスチャンスも山のようにあるのです。しかし残念ながら、私たちもそれに対応する潤沢なリソースを持ってはいません。まったく新しい産業を興そうとしているだけに、お客さまからの需要はいくらでもあるのですが、それに応えるためのリソースを必要としています。

たとえば、IoTの普及によってセキュリティーという課題がこれまで以上にクローズアップされています。ネットワークそのものに攻撃を加えたり、CPUの脆弱性というシステムの根幹を狙ったりするような攻撃が現実化するなかで、グローバルな視点でこの問題に対応することが、私たちにとっても急務なのです。

今後、3年から5年といったスパンで、社会は大きく変わりますし、変えることができます。ぜひ皆さんには「変える側」に立って、変革をリードしていただきたい。そのためには謙虚にお客さまの話を聞き、新しい技術を学び続ける姿勢が重要になります。謙虚さと誠実さ、そして熱意を持った皆さんと一緒に世の中を良い方向に変えていきたいと考えています。

今回の募集について

ソフトバンクは「Beyond Carrier」を掲げ、国内通信事業だけではなく、最新のテクノロジーで生まれる新しい付加価値のあるサービスや製品を続々と提供しています。私たちは未来に向けて新しい事業にかじを切っている最中と言えます。昨今、「働き方改革」が叫ばれていますが、ソフトバンクにおいても、働いている従業員がより効率的に楽しく働けるように変化していくことが問われています。常に変化し続けることを是とするソフトバンクでは、特定の職種に限定するのではなく、多様なバックグラウンドと価値観を持った人材を求めています。

求める人物像

新領域への挑戦を重ねるには、「次の30年」を共に担う人材が必要です。そして、挑戦には変化が必要不可欠になります。その変化を他人事ではなく「自分事」として捉えることができるかどうか。常に変化し、挑戦していくソフトバンクという企業の在り方を自分自身のことと捉え、ひとりのビジネスパーソンとしても、ここで何かにチャレンジし、それを楽しめるような資質があるか。これらは私たちが求める人材像として大変重要なポイントです。加えて、個人としてのビジネスキャリアを中長期にわたって確実に積み上げていくためにも、「素直さ」と「ポジティブさ」、そして諦めずにやり抜く「粘り強さ」という3要素も重視しています。

得られるキャリア価値

ソフトバンクで働くことの魅力は、そのスケールの大きさとスピード感でしょう。たとえば、AIやIoTなどの情報産業で考えても、それをベンチャーでやるのか、それともソフトバンクでやるのかで戦略とキャリアプランは大きく異なってきます。
もちろん、ベンチャーにはベンチャーならではの魅力があります。しかし、ソフトバンクであれば、会社にある膨大なアセットを活用し、しかも比較的短い期間で、新しい挑戦の成果を上げることができるはずです。さらに、ソフトバンクならではの新しい事業や変化に富んだビジネス環境のなかでは、働く人に良い意味での背伸びが求められますので、ビジネスパーソンとして成長するチャンスも、より多いと言えるでしょう。

ソフトバンクキャリアLIVEに関するよくある質問

Q:ソフトバンクキャリアLIVEへの参加は選考に影響しますか?
A:ソフトバンクキャリアLIVEへの参加が、採用選考に影響することはございません。ソフトバンク採用選考のご希望有無にかかわらず、参加可能です。

Q:ブースセッションのみの参加は可能ですか?
A:ブースセッションは、ソフトバンクキャリアLIVEにご来場の方のみ、参加いただけます。

Q:既にソフトバンクHPより申し込みをしていますが、重ねての応募は可能ですか?
A:ソフトバンクキャリアLIVEへのご応募は、応募経路によらず、おひとりさま1回のみ有効です。重複してのご応募はご遠慮ください。

Q:ソフトバンクキャリアLIVEの抽選結果はいつ分かりますか?
A:抽選結果にかかわらず、2018年4月16日(月)を目途にお知らせいたします。

Q:ソフトバンクキャリアLIVE抽選結果の連絡方法は?
A:ご登録のe-mail宛てにご連絡いたします。メール指定受信を設定されている場合は、<@s.axol.jp>のドメイン設定をお願いいたします。

Q:ソフトバンクキャリアLIVEの詳細や抽選結果などについての問い合わせ方法は?
A:ビズリーチ上でのお問い合わせには対応しておりませんのでご了承ください。
 本件に関するお問い合わせ先は、ご応募受付メールにてお知らせいたします。
 ご応募受付メールは、ご応募後1週間以内を目途に、ご登録のe-mail宛てにお送りいたします。

Q:キャンセル待ちはできますか?
A:キャンセル待ちは承っておりません。

Q:当日の来場方法は?
A:当日の来場方法やブースセッションへのご参加など詳細については、当選された方のみに、お知らせいたします。

Q:当日、登壇者への質問は可能ですか?
A:登壇者への質問は受け付けていません。ソフトバンクへの質問に際しては、ソフトバンクキャリアLIVE終了後、ブースセッションにぜひお立ち寄りください。

Q:次回開催の予定はありますか?
A:次回の開催は予定しておりません。

Q:当日都合がつかないのですが、ソフトバンクのキャリア採用に興味があります。応募は可能ですか?
A:キャリア採用の応募は可能です。求人名「【オープンエントリー】 ソフトバンク キャリア採用」よりご応募ください。ご応募後、追加でご経歴の詳細などを専用フォームでお伺いすることがありますが、ご了承ください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
■個人情報の取り扱いについて:
1.本イベント応募にあたり当社が取得した個人情報はソフトバンク株式会社にも
提供いたします。ソフトバンク株式会社の個人情報の管理については以下のURLをご確認ください。
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/privacy/

2.ソフトバンク株式会社は参加者の個人情報を次の目的で利用します。
(1)本イベントの運営管理
(2)本イベントに関する連絡
(3)イベントその他のお知らせの配信
------------------------------------------------------------------------------------------------------

募集職種

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ