1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > サントリー食品インターナショナル株式会社

サントリー食品インターナショナル株式会社

デザインシンキングのスキル・経験を生かし、SUNTORYのブランド開発を手掛ける

サントリーグループの中核を担い、飲料業界のリーディングカンパニーを目指している当社。お客様の「飲む」瞬間をより楽しく、よりワクワクさせ、より満足できるものにするために、ブランドマネージャーを募集します。

本ページの求人の募集は終了しました。

募集期間:2017年4月20日(木)〜 2017年5月17日(水)

本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

顧客と向き合い、失敗を恐れずチャレンジし続ける文化が根付いている会社です

食品事業本部 ブランド開発第二事業部/大塚匠

サントリー食品インターナショナルでは原則として、1人のブランドマネージャーが1つの商品の企画からお客様の手に届くまで、すべてを担当しています。一般的にブランドマネージャーは、ブランドができあがるまでの工程の一部分だけ切り出して担当する、いわゆる分業制のケースも多いかと思いますが、当社では1つの商品に対して、味わいや環境に配慮したパッケージデザインといった商品企画・開発、生産・SCM、宣伝、販売促進、営業推進といった、バリューチェーントータルに携わります。顧客と事業・経営の両方の視点を持ちながら、多くの仲間をブランド・商品開発に巻き込み、プロジェクトを推進していけることが、当社のブランドマネージャー最大の醍醐味。会社から与えられた指示にただ従うのではなく、「自分はお客様のためにこういうことがやりたい」という意志を貫き通せる仕事です。

例えば、私が入社3年目に立ち上げを担当した新ジャンル(第三のビール)「金麦」は、市場からどう評価されるか、企画段階は社内でも賛否が分かれました。「紺地に白文字を主体としたパッケージデザインはまるで焼酎のようだ、美味しくなさそう」という声もありましたが、現場である我々開発チームは「新しい価値を提供できる」という強い意志を貫き、発売に至りました。その開発チームが宣伝・販促企画トータルで携わることで、印象的なコミュニケーションデザインを設計でき、その効果もあって、今なお、お客様から愛されるロングセラー商品となりました。

一方で、お客様からの評価をなかなか得られなかったケースももちろんあります。特に覚えているのは「オフィスワーカーの新しいリフレッシュ飲料として、コーヒー味の炭酸飲料はありだ!」という考えから生まれた、「エスプレッソーダ」という商品です。商品としてすごくインパクトがあったためか、お客様の記憶に色濃く残っているようですが、記録のほうは全然でした(笑)。ただ、そうした失敗も経験している私が今、20年以上も続く、SUNTORYの看板商品の一つである缶コーヒー「BOSS」シリーズに携われているのは、この会社の懐の深さの表れであり、新しいことに挑戦する姿勢を評価してくれているからだと感じます。

今回の募集について

清涼飲料事業は、国内外で事業を展開しています。現在は国内No.2の売上高ですが、この約15年でヒット商品を連発し、シェアを10ポイント改善。1位を猛追しています。ここ数年はM&Aを通じた海外展開を加速させ、グローバルシナジーのチカラも生かし、まずは早期に国内No.1の座を勝ちとるべく全社員が各持ち場でイノベーションに取り組んでいます。

求める人物像

新たな風を事業部内に吹かせるべく、キャリア採用を開始します。今回の募集で強く求めるのは、デザインシンキングに関する経験・知見です。ブランド戦略全体をデザインしていく、すなわち「どうすればお客様をより引きつける商品になるか」と「どうすればバリューチェーン全体を最適化できるか」を考え抜く。冷徹な事業環境分析に加えて、文化、歴史、サイエンスに基づいた未来予測を踏まえたブランド戦略の立案力と実行力。社内外のスタッフ、プロフェッショナルとの仕事を通じて、信用を積み重ね信頼されていくリーダーを求めています。

得られるキャリア価値

1つの商品が産声を上げてからお客様の手に届くまで、その全工程に携わるなかで得られる経験値は非常に膨大です。「パッケージデザインだけ」「Webサイトのディレクションだけ」という縦割り感は一切なく、ブランド事業の責任者として、バリューチェーンに関わるすべての人と共創していくプロセスは、経営者を疑似体験することができます。

社内には創業者のチャレンジ精神を表現した「やってみなはれ」の価値観が根付いており、年齢や職歴に関係なく、自らやりたいことにどんどん挑戦できます。SUNTORYというブランドを通じてどのような商品を世に送り出し、どのようなキャリアを築いていくかは、あなた自身が決めていけるといっても過言ではありません。

お客様が商品を手にとってくれた瞬間を見ると、今でも鳥肌がたつほどうれしくなる

ブランドマネージャーは、多くの人と接点を持つ職業柄、広く仲間を巻き込んでいく力が求められます。社内の関連部署だけでなく、社外のプロフェッショナルを巻き込んでプロジェクトを推進していくケースも多々あります。

私自身の例でいうと、魔法びんのパイオニアであり「マイボトル」というスタイルを広く世の中に浸透させたTHERMOS社と一緒に「MY BOTTLE DRINK drop」という商品を企画しました。缶やペットボトルは、どうしても美味しい温度を保つことができない。温度が生み出す美味しさが続く飲用スタイルを提案したいと考え、初めてSUNTORYとしてマイボトル専用の濃縮飲料を考案し、THERMOS社と共同開発を行いました。当然、飲料メーカーである私たちと、魔法びんのような耐久消費財を作っているTHERMOS社では、考え方や消費者のとらえ方はまったく違います。また、デザインについても、サントリーのデザイナーと、魔法びんのプロダクトデザイナーでは視点が違います。普段はなかなか接点を持てないようなスペシャリストたちと仕事ができる。これも当社のブランドマネージャーならではの贅沢な経験であり、私の財産になっています。

ゼロからブランドを作り上げる、既に広く認知されているブランドに関わる、その両方を経験してきましたが、どちらにも共通しているのは、常にイノベーションへの挑戦だったということです。例えば、私が担当している「BOSS」は、長く愛され続けてきた裏側で、お客様の心をつかんで離さない工夫と趣向を凝らし、絶えざる進化を目指しています。お客様が抱くブランドに対するイメージが、どうすればより良くなるか、そして、新たなファンを創ることができるだろうか、と試行錯誤し続ける客観性を大切にしています。それこそが当社のブランドマネージャーの一番大切な役割かもしれません。商品が世の中に出るまで、そのすべてを担当するという責任は大きいですが、街中で自分たちが手がけた商品を購入してくださっている方を見かけたときには、今でも思わず笑顔になってしまう……その「1本の喜び」が、大きなやりがいになる仕事です。

募集職種

  • ブランドマネージャー【公募】
    • 広報・PR・広告宣伝 リサーチ・データ分析 商品企画
    • 東京都

    清涼飲料事業は、国内外で事業を展開しています。 現在は国内トップクラスの売上高ですが、この約15年でヒット商品を連発し、シェアを10ポイント改善。1位を猛追しています。 そして、ここ数年はM&Aを通じた海外展開を加速させ、グローバルシナジーのチカラも生かし、 まずは早期に国内No.1の座を勝ちとるべく全社員が各持ち場でイノベーションに取り組んでいます。 【仕事内容】 ブランドマネージメント業務(商品開発・コミュニケーションデザイン・ブランド事業損益マネージメント) 新ブランド、ビジネスモデル開発

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ