1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > Appier Japan株式会社
  • Appier Japan株式会社

  • 最高経営責任者(CEO)Chih-Han Yu
  • 東京都港区愛宕二丁目5番1号愛宕グリーンヒルズMORIタワー40階


    • 会社規模 非公開
  • その他

会社概要

【代表者】最高経営責任者(CEO)Chih-Han Yu
【本社所在地】東京都港区愛宕

【事業内容】
同社は、AI搭載のマーケティングプラットフォームを1,000社以上に提供し、導入企業と顧客間のデータに基づく意思決定を自動化しています。

【当社について】
Appierは、2012年にコンピューターサイエンティストとエンジニアを含むメンバーで創設され、2017年にはFortune Magazineにより「AI革命を牽引する50社」の1社に選出されました。

2018年以降、「QGraph」と「Emotion Intelligence」の2社のスタートアップ企業を買収。同社の製品に2社の技術を統合し、マーケティングにおいてカスタマージャーニーの各ステップで生じる異なる課題(顧客獲得、維持、支払い、購入予測など)の解決に取り組んできました。

【投資家情報】
Appierは、シリーズA、シリーズB、シリーズC及びシリーズDラウンドで総額1億6,200万米ドルに達しています。

シリーズAラウンドでは、セコイア・キャピタルから600万ドルの出資を受けています。

シリーズBラウンドでは、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベンチャーマネジメント(UOBVM)、セコイア・キャピタル、ジャフコ、トランスリンク・キャピタル、メディアテック・ベンチャーズから2,300万ドルの出資を受けています。

追加のシリーズBラウンドでは、(テマセク・ホールディングスの一員である)Pavilion Capital International Pte Ltd、WI Harper Group、(カザナ・ナショナルの一員である)FirstFloor Capital、およびQualgroから1,950万米ドルの出資を受けています。

シリーズCラウンドでは、ソフトバンクグループ株式会社、LINE株式会社、NAVER、EDBI社、AMTDグループから合計3,300万米ドルの出資を受けています。

シリーズDラウンドにて、TGVest Capital、HOPU-ARM Innovation Fund、Temasek傘下のPavilion Capital、Insignia Venture Partners、JAFCO InvestmentおよびUMC Capitalから総額8,000万米ドル(約86億8千万円)の資金調達を実施しました。

【拠点】
Appierは台北、シンガポール、東京、シドニー、ホーチミン、マニラ、香港、ムンバイ、デリー、ジャカルタ、ソウル、クアラルンプール、バンコク、大阪のアジア全域に14の拠点を構え、1,000を超える世界中のブランドと代理店にサービスを提供しています。

【チーム】
従業員数400人以上。Appierは、AI、データ分析、分散処理システム、マーケティングの経験を有するコンピューター科学者とエンジニアの熱意あふれるメンバーによって構成されています。社員は、グーグル、インテル、ヤフーのほか、ハーバード大学やスタンフォード大学の有名なAI研究グループの出身です。

この企業を見た方は下記企業もチェックしています

    • 東京都港区白金1-27-6白金高輪ステーションビル10F

      • 会社規模31-100人
    • インターネットサービス

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ