1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > AI TOKYO LAB株式会社
  • AI TOKYO LAB株式会社

  • 小野 良太
  • 東京都渋谷区本町三丁目12番1号住友不動産西新宿ビル6号館7階


    • 資本金 5百万円
    • 会社規模 非公開
  • その他 その他
  • アピールポイント: 創立5年以内 ベンチャー企業 年間休日120日以上 ストックオプション制度あり 資格支援制度充実

会社概要

【代表者】小野 良太
【資本金】500万円
【本社所在地】東京都渋谷区本町三丁目12番1号

【事業内容】
1.AIカメラ
店舗に設置したカメラで、来店顧客の人数や属性を把握することはもちろん、店舗内の回遊導線や行動分析、可視化することで、マーケティング戦略に沿った顧客が来店しているかの計測や、棚割や陳列が、購買行動に適切につながっているかを把握し、PDCAを増すことが可能になります。
AIカメラは、高度な防犯カメラ機能も兼ね備えているため、複数のカメラを設置することなく、1台だけで「マーケティング+防犯+業務効率化」の機能を満たすため、コストを最小化することができます。

2.需要(売上)予測
様々な要因で変化する店舗への来店数や商品別の売上などを予測し、これまで熟練店長や本部スタッフなど特定の人材のみで行っていた予測業務を効率化し、精度の高いPDCAを実現することができるソリューションです。
例えば、店舗にどれぐらいの来店数があるか、それによってどれぐらいの売上が予測されるのかを過去の販売データやキャンペーン、地域の天候や周辺のイベント情報を加味しながら予測し、その結果これまで予測に費やしていた時間を有効に活用することが出来るようになり、需要予測の結果を詳細に検証していくことで人とAIの共存による優れたデータベースを育みます。

3.シフト自動作成
店長が経験値で作成していることの多いシフト表の作成は、社員、パート各々の勤務希望を加味し、スタッフのスキルや生産性を考慮して配置する必要があり、頭を抱える業務の一つになっています。
また例え時間を掛けてシフトを作成したとしても、実際の現場では計画通りに動いているとは限らず、社員が商品の品出しをしていたり、レジ対応の応援で当初予定していた業務ができなかったということが頻繁に起こります。

AIシフト自動作成は、各スタッフの希望や売上予測に応じた生産性の最適化を考慮したシフト作成を自動化することに加え、AIカメラと連動することで、実際のシフト計画通りに作業を行うことができたかどうかをチェックし、計画と実績の差分をフィードバックすることで、PDCAを回し、より高い精度のシフトの自動作成が可能となります。

4.AI人材育成講座
世界で80万人不足すると言われるAI人材の育成が課題となる中、大企業を中心に、自社内でのAI人材の育成ニーズが急速に高まっています。
AI TOKYO LABでは、ビジネス職向け、技術職向けの多様な人材育成カリキュラムを構築しており、産官学連携により、幅広く提供をしております。
新入社員向けにビジネス教養としてAIの基礎を2時間で教える講座、ビジネス職向け、AI開発をプロジェクマネージャーとして適切にディレクションするための講座、そして、AI開発を推進していける人材を育成するためのエンジニア向け講座など、企業のご要望に応じてオーダーメイドでご提供をしています。

5.AI受託開発
AI TOKYO LABは、これまで多種多様な業界でのAI開発の支援を行ってきました。
自動車、金融、メーカー、通信、リテール、メディア、物流、外食など大企業を中心とした開発依頼に対して、適切な体制を構築し、顧客のニーズに沿った最適な手法を選択し、密にコミュニケーションをとりながら、フレキシブルに、高い満足度でAIシステムを納品してきております。
特定のプラットフォームやサービスに依存することなく、顧客の側に立ったベストな選択をご提案できるのが強みです。

6.and more
AIに関する企業のお困りごとやニーズは多種多様です。
例えば、AIを導入したいけれど、どこから着手して良いのかわからないといったご相談の段階からサポートをさせていただきます。
また既存の業務のボトルネックを特定し、AIを導入した場合の投資対効果を検証して欲しいと言ったコンサルティングや、簡単なモックアップ(PoC)の開発も請け負っています。
AI導入のことなら、まずはお気軽にご相談ください。

【当社について】
AI TOKYO LABは、AIに代表される新技術と、小売業を中心とした豊富な実績を活用し、様々な分野における業務課題の抜本解決と、新しい価値の創出に貢献します。
北海道大学を始めとする国内研究機関と連携し、共同研究を行うことでビジネスとアカデミックの両方のアプローチから日々新しいソリューションを開発しています。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ