1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > 株式会社ジェナ
  • 株式会社ジェナ

  • 五十嵐 智博
  • 東京都千代田区東神田3-1-2


    • 資本金 194百万円
    • 会社規模 1-30人
  • ソフトウエア コンサルティング
  • アピールポイント: 自社サービス・製品あり ベンチャー企業 シェアトップクラス 年間休日120日以上 資格支援制度充実

会社概要

==================
株式会社ジェナについて
==================
高機能なAIチャットボットを簡単作成&自動学習できる「hitTO(ヒット)」を開発・提供しています。

AIチャットボットサービスは、コールセンターのカスタマーサポートなどコンシューマー向けで活用されている「BtoC」の利用シーンも多く見られますが、当社が特化しているのは、企業で社員が利用して「社内問い合わせの自動化」を図る「BtoE」向けのAIチャットボットサービスです。

「hitTO」は「働き方改革に貢献するAIチャットボット」として、企業内の以下に代表される部署で活躍しています。

・情報システム部
・総務/人事部

こうした部署には、企業内の色々な他部署の社員から、日々膨大な質問が寄せられます。
社員から寄せられる数多くの同じような質問に、何度も対応しなければならない負担は、とても大きなものです。

その質問の一次対応をチャットボットで対応することができれば、問い合わせを受ける担当社員の負荷は大幅に軽減されます。

また、問い合わせをする社員にとっては、担当者が夜間や休日で不在の場合にも、迅速に不明点を解消できるというメリットがあります。

そしてさらに、お問い合わせの工数が軽減されるだけでなく、属人的になっていたナレッジを言語化し、体系的にチャットボットに蓄積して、そのナレッジを社内で共有することも可能になります。


===
なぜAI分野にて事業を行なっているのか
===
日本の少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少は、今後避けられません。
1995年と2040年を比較すると2000〜3500万人のインパクトで日本の労働力は下がっていきます。仮に日本人のみが日本の仕事をする場合、日本のGDPは約7割程度に減少するとも言われています。

こうした背景から、日本は労働人口を確保するか、人間が必ずしもやる必要がない繰り返しのルーチン作業を、AIに任せていくことが求められているのです。



===
「hitTO」の特徴
===

(1)高機能なAIチャットボットを簡単作成&自動学習できること
 - IBM Watson x hitTO AIのハイブリッドAI
 - hitTO AIによる自動学習機能の搭載

(2)社内利用から社外公開まで、お客様オリジナルの運用ができること
 - チャットボットキャラクター無償提供
 - API提供によるカスタマイズ対応可能

(3)カスタマサクセスチームによる充実の支援メニューがあること
 - 学習データ作成代行・精度向上支援
 - 学習データプリセット無償提供

リリースから2年程が経ち、現在「hitTO」のサービスは拡大期に入っています。

2019年に行われたAIチャットボットサービスの市場シェア調査で、AIチャットボット市場トップクラス(市場シェア33.2%)と認められ、継続利用率は『98.6%』と高い継続率を誇るサービスです。

また、「エコシステム・パートナーアワード」において、 AIチャットボットサービス「hitTO」の高い導入実績と日々のパートナー営業活動をご評価いただき、Watsonのビジネス展開に最も貢献したパートナーとして『Best Partner of the year』を2017年/2018年と2年連続で受賞しました。

会社として掲げているビジョンは「Excite your business, excite yourself」です。
お客様、パートナー、従業員も含め、当社に関わる全ての人たちに「Excite」してもらえるような企業を作っていきたいと考えています。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ