1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 年収1000万円研究所一覧
  3.  > 年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「海外で働くことへの興味」

年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「海外で働くことへの興味」

働きたい国1位:アメリカ、2位:シンガポール、3位:イギリス

こんにちは、「ビズリーチ年収1000万円研究所」所長の佐藤和男です。

この研究所では、年収1000万円以上のビジネスパーソンに対してさまざまなアンケートを取り、"年収1000万円を稼ぐビジネスパーソンの考え方"を調査しています。

今回は、年収1000万円のビジネスパーソンに対して、海外で働くことへの興味についてアンケートを行いました。ビジネス感度の高いビジネスパーソンは、海外で働いてみたいと思うのか、また働くならどこの国が良いのか。最新の調査結果をご覧ください。

年収1000万円研究所の一覧ページへ戻る

81%が、海外で働いてみたいと回答

Q1: 海外で働いてみたいですか?もしくは海外勤務の希望はありますか?
働いてみたい 53%
少し働いてみたい 27%
あまり働きたくない 11%
働きたくない 9%

「働いてみたい」「少し働いてみたい」を合わせると81%のビジネスパーソンが海外で働くことへの興味を持っていることが分かりました。

働いてみたい国上位は、アメリカ、シンガポール、イギリス、香港、カナダ

Q2: どこの国で働いてみたいですか?

どこの国で働いてみたいですか?

1位は世界経済の中心と言えるアメリカ、2位は成長著しいシンガポール、次いでイギリス、香港、カナダ、ドイツという結果になりました。

60%が海外赴任や留学経験が無いと回答

Q3: 海外赴任または留学経験がありますか?
2年以上の海外赴任/留学経験がある 30%
1~2年の海外赴任/留学経験がある 10%
いずれも該当しない 60%

今回の回答者のうち、40%は1年以上の海外赴任または留学経験がありますが、残りの60%は海外経験が無いことがわかりました。このことから、海外経験が無いビジネスパーソンも、海外で働くことに興味を持っていることが分かります。

経験よりも踏み出す勇気。活躍の場は世界へ

少子高齢化による人口減少から内需成長の見込みが薄い昨今の日本。多くの企業は特にアジアなどの成長著しい国への進出を積極化しています。海外への人的資源の投資も例外ではなく、今後海外で働く日本人が増えることが予想できるでしょう(海外の求人は増えています)。今回アンケートに答えたビジネスパーソンも、海外経験があるのは4割でしたが、8割の人が海外で働いてみたいと回答しています。これらを踏まえると、今後は国内だけでなく海外で働くという選択肢も視野に入れて、将来を考えてみるべきなのかも知れません。

【アンケート実施概要】
  • ・実施期間:2011年12月26日~2012年1月4日
  • ・対象:ビズリーチ会員のビジネスパーソン(平均年収1125万円):1701名

年収1000万円研究所一覧

  • 【年収1000万円研究所 vol.52】
    年収1000万円のビジネスパーソンが就活生にお勧めしたい、「"本当の"就職人気企業ランキング2012」
    ~1位:三菱商事、2位:トヨタ、3位:ソニー~

    今後も加速度を上げて進んでいくと見られる市場経済のグローバル化や、すでに崩壊している日本の終身雇用制度を考えると、ビジネス経験が豊富な年収1000万円のビジネスパーソンが選んだ30社こそが、「本当の就職人気企業」なのかも知れません。

  • 【年収1000万円研究所 vol.51】
    年収1000万円のビジネスパーソンが選ぶ「2012年注目企業ランキングベスト20」
    ~1位:トヨタ、2位:アップル、3位:ソフトバンク~

    今回は2012年に注目したい企業についてアンケートを行いました。世界的な金融危機や日本の財政破綻、エネルギー問題などさまざまな不安が叫ばれる現代において、各企業がどのような活躍をするのか注目したいと思います。

  • 【年収1000万円研究所 vol.50】
    年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「世界の経済情勢に対する不安」
    ~9割が「欧州財政危機による世界不況の可能性に不安を感じる」~

    今回は、「今後の経済情勢と働き方」についてアンケートを行いました。日本も対岸の火事ではなく、金融業界を中心とした大規模な人員削減や財政破綻などへの不安が募る一方だと言えるでしょう。これらの不安が拭えない以上、この先どんなに最悪のシナリオが待ち受けていたとしても、賢く生き抜くための働き方をしっかりと考え、備えておく必要がありそうです。

  • 【年収1000万円研究所 vol.49】
    年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「ビジネスとユーモア Vol.2」
    ~ユーモアセンスのある経営者1位は孫正義、2位はスティーブ・ジョブズ~

    今回は、ビジネスとユーモアについての第2回目です。年収1000万円のビジネスパーソンは普段からユーモアのある環境に身を置くことが多いのか、どんなユーモアを好むのか、ユーモアセンスのある人は誰と思うかについてアンケートを行いました。今後は国内だけでなく海外で働くという選択肢も視野に入れて、将来を考えてみるべきなのかも知れません。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ