1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 年収1000万円研究所一覧
  3.  > CMで著名なあの企業が年収3000万円で次期社長を募集開始!その狙いとは?

CMで著名なあの企業が年収3000万円で次期社長を募集開始!その狙いとは?

年収1000万円研究所 特別編

こんにちは、「ビズリーチ年収1000万円研究所」所長の佐藤和男です。

「結局悩み無用♪」

和田アキ子さんによる、インパクトのある歌詞と歌声が響くあのCM、あなたも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

リーブ21を営業開始以来18年間で従業員数約800人、年商約150億円の企業に育て上げた岡村社長。社長自らCMに出演し続けているため、一度はご覧になったことがあるかと思います。今回、岡村社長がリーブ21の次期社長を公募し、ハイクラス人材の転職サイト「ビズリーチ」で募集を行うことになりました。そこで、ビズリーチ代表取締役の南が岡村社長にインタビューを行って参りました。「年収1000万円研究所 特別編」としてお送りいたしますので、ご覧ください。

年収1000万円研究所の一覧ページへ戻る

岡村社長

南: リーブ21といえば、インパクトのあるCMで認知されている方が多いかと思います。

岡村社長: はい、おかげさまで認知度という点ではそれなりのところまで知られるようになったと思います。安心感と本気度を伝えるため、私自身もCM開始2年目から今にいたるまで出演し続けてきました。しかし、事業内容となると、いまだにカツラ屋さんだと勘違いされてしまうことがあるのが悩みです。そうではなく、弊社は髪の悩みをトータルでケアする、発毛専門企業です。

南: 具体的に、どのように違うのでしょうか?

岡村社長: 弊社のサービスは、何らかの理由で生えなくなった髪を、自らの力で生えるように改善することをお客様にお約束しています。単にシャンプーやトニックなどの髪毛をケアする商品を提供するだけではなく、生活習慣の見直し、精神面のケアも含め、トータルケアによって発毛を促進するサービスを提供していることが特徴です。

南: 髪毛を遺伝子レベルから研究する研究所もお持ちだそうですね。

岡村社長: 研究員だけでも10名以上おり、慶應義塾大学や金沢大学、大阪大学、京都産業大学などにも研究生として派遣してきました。発毛専門の企業としては世界一と言っても過言ではないと思っています。弊社の現状のサービスは「これを塗ったら髪の毛が生える」という単純なものではなく、トータルケアによって発毛を促進させていますので、塗れば発毛するという商品の開発は今すぐには難しいですが、開発に成功して、「いずれはノーベル賞を」という目標があります。

次期社長を募集する理由とは?

南: 社長が一代で築かれたこの会社を引き継ぐ次期社長を募集するということですが、ずばりその理由を教えてください。

岡村社長: 理由は二つあります。一つは、今後の事業拡大のためには、私中心の会社から、部署ごとに卓越した能力を発揮していけるマネジメントチームが必須でそのトップとしての経営者が必要であること。もう一つは、私自身も年齢的に、そろそろ次のステップに進んでいきたいと考えていることです。

岡村社長

南: 社内から社長を登用することはお考えになっていないのでしょうか?

岡村社長: 弊社の平均年齢は28歳とまだ若く、新卒採用を開始してから13年しか経っていません。今後はどんどんマネジメントチームに入っていって欲しいとは思いますが、まだ経営者という役割を担える人材は、社内にはまだ育ちきっていないと判断しました。

求める人材について

南: 次期社長にはどのような人材を求めていますか?

岡村社長: 弊社は現在年商約150億円、従業員数約800名、全国に97の店舗を持っています。これを、少なくとも500店舗にしていきたいと考えています。同時に、海外進出も視野に入れています。

そのために必要なのは、まずはリーダーシップ。そして、仕事を人生の真ん中においていける人。それと、自分の輝きは周りの人のためにあり、周りの喜びが自分の一番の喜びであると考えられる人。

仕事と人生が別々の人は社長にはなれても、経営者にはなれません。私が求めているのは「経営者」です。経営者としての人格と能力の両方を備えていること。この条件を満たしていれば、業界の経験などは問いません。

採用のプランについて

南: 採用のプランについて教えてください。

岡村社長: 年収は採用直後から3000万円以上を予定しています。入社してから1年半後には代表権を渡すつもりですべての業務を見ていっていただきます。詳しくは、南社長が運営されているビズリーチのサイトに掲載していますのでご覧ください。

岡村社長からのメッセージ

南: 最後のメッセージをお願いします。

岡村社長: 発毛と聞くと、正直「いかがわしいのでは?」と思う方がいらっしゃることは存じあげています。おそらくエステの創成期も、同じだったと思います。今はおしゃれに通うところですが、当時は隠れてこっそり行く人が多かったでしょう。同様に、髪に関する悩みも、もっとオープンにしたいと思っています。そして、リーブ21という会社を100年続く公器にしていきたいですね。

南: ありがとうございました。

年収1000万円研究所一覧

  • 【年収1000万円研究所 vol.44】
    年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「同年齢(同期)との年収差」
    ~約3割が、同期との年収差は「500万円以上」~

    今回は、年収1000万円のビジネスパーソンに同年齢(同期)との年収の差と、2010年・2011年の年収増減についてアンケート調査を行いました。震災により甚大な被害を受けた企業や業界が多数存在していることや、今後の見通しが不安定であることからも、ビジネスパーソンの年収二極化は今後も進んでいくのかも知れません。

  • 【年収1000万円研究所 vol.43】
    年収1000万円のビジネスパーソンと、20代一般ビジネスパーソンに聞いた「"お金"に関する意識調査」
    ~ビジネスに関するコスト意識の差が、明らかに~

    今回は、平均年収1000万円超のビジネスパーソンと、20代一般ビジネスパーソンに同じ質問でアンケートを行い、両者の“お金”に関する意識調査を行いました。かかっている時間と得られるお金のバランスを意識することで、年収1000万円のビジネスパーソンのコスト意識に近づけるのではないでしょうか。

  • 【年収1000万円研究所 vol.41】
    年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「企業版サマータイムについて」
    ~79%が企業版サマータイムの導入に賛成~

    今回は、「企業版サマータイム(企業が独自に始業時間を早める制度)」についてアンケートを行いました。企業版サマータイムやそれ以外の節電対策を取り入れることで、無理なく働ける、もしくは仕事後のプライベートな時間を充実させることができるような新しい働き方を創出できるかも知れません。

  • 【年収1000万円研究所 vol.40】
    年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「震災後の仕事に対する考え方」
    ~73%が仕事観に変化あり。「人の役に立ちたい、家族を大切にしたい」~

    今回は、3月11日に発生した未曽有の大震災以降、年収1000万円のビジネスパーソンは仕事に対する考え方や働き方などに変化があったのか、アンケート調査を実施しました。より良い人生を送るためにも、自分にとって大切なことは何なのか、今一度じっくりと考えて行動を起こしてみてはいかがでしょう。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ