1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 年収1000万円研究所一覧
  3.  > 年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「企業版サマータイムについて」

年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「企業版サマータイムについて」

79%が企業版サマータイムの導入に賛成

こんにちは、「ビズリーチ年収1000万円研究所」所長の佐藤和男です。

この研究所では、年収1000万円以上のビジネスパーソンに対してさまざまなアンケートを取り、"年収1000万円を稼ぐビジネスパーソンの考え方"を調査しています。

今回は、「企業版サマータイム(企業が独自に始業時間を早める制度)」についてアンケートを行いました。クールビズに加えスーパークールビズまでもがビジネスシーンに導入されることとなった今夏の節電対策。さらに、夏の涼しい時間に仕事をしようとサマータイムを導入する企業も増えています。年収1000万円のビジネスパーソンは、この節電対策をどう考えているのか、注目の結果をご覧ください。

年収1000万円研究所の一覧ページへ戻る

サマータイムを「導入した・導入する予定」はわずか8%

Q1: あなたの職場での「企業版サマータイム」の導入状況について教えてください。
「企業版サマータイム」の導入状況について
導入した・導入する予定 8%
導入していない・導入する予定はない 41%
検討中 20%
わからない 18%
離職中 15%

「導入した・導入する予定」と答えた人が8%と、意外にも企業版サマータイムは導入されていないことが分かります。逆に、「導入していない・導入する予定はない」と答えた人が41%いることから、半数に近い企業がサマータイムの導入を検討していないことが分かりました。

79%がサマータイムの導入を「賛成・どちらかといえば賛成」

Q2: 「企業版サマータイム」の導入についてどう思いますか?
「企業版サマータイム」の導入状況について
賛成 43%
どちらかと言えば賛成 36%
どちらかといえば反対 9%
反対 7%
わからない 6%

導入している企業が少ない一方、年収1000万円のビジネスパーソンの79%は企業版サマータイムに賛成、もしくはどちらかといえば賛成と考えていることが分かります。
次に、企業版サマータイムに賛成もしくは反対と答えた理由を聞きました

賛成の理由:49%が「余暇や自己啓発の時間拡大につながる」から

Q3: 賛成の理由を教えてください。
電力不足への対応につながる 73%
将来的にも省エネ・温暖化防止が期待できる 54%
余暇や自己啓発の時間拡大につながる 49%
企業の経費削減につながる 40%
涼しいうちに通勤できる 30%
その他 6%

多くの人が選択した回答は「電力不足への対応」や「省エネ・温暖化防止」など電力や環境に関する内容でした。一方、49%が「余暇や自己啓発の時間拡大につながる」を選択しており、節電だけでなく企業版サマータイムを導入することで自分の時間を有効に使いたいと考えていることが分かりました。

反対の理由第1位は「取引先・顧客が対応するかわからない」

Q4: 反対の理由を教えてください。
取引先・顧客が対応するかわからない 43%
労働時間・残業が増える 33%
時間の設定変更が面倒でコスト増になる 25%
生活リズムが崩れる 21%
夏場だけだとかえって混乱する 18%
その他 26%

サマータイムの導入を反対している人の多くは、取引先や顧客が対応するかわからないと、結局労働時間や残業が増えてしまうのではないかと懸念していることが分かる結果となりました。

それでは最後に、サマータイム以外だとどんな働き方が節電に有効と考えているのかを聞いてみました。

55%がクールビズ・53%が自宅勤務の導入を選択

Q5: 「企業版サマータイム」以外の働き方で節電になるのは何だと思いますか?
クールビズの前倒し・導入 55%
自宅勤務の導入 53%
夏休みの拡大 42%
フレックスタイム制の拡大 42%
昼寝時間の導入 8%
特になし 3%
その他 9%

一番多かったのは55%の人が選択した「クールビズの前倒し・導入」という結果になりました。一方、53%が自宅勤務の導入を42%がフレックスタイム制を選択していることから、働き方そのものの見直しも節電につながると言えるようです。

節電対策が新しい働き方を創出する

夏の電力不足への対応として始まったスーパークールビズや企業版サマータイムの導入。今回のアンケートでは年収1000万円のビジネスパーソンたちの多くが企業版サマータイムの導入に賛成していることが分かりました。

もちろん、ビジネス上就業時間を早めることが困難な企業もあると思いますが、企業版サマータイムやそれ以外の節電対策を取り入れることで、無理なく働ける、もしくは仕事後のプライベートな時間を充実させることができるような新しい働き方を創出できるかも知れません。

【アンケート実施概要】
  • ・実施期間:2011年5月23日~5月29日
  • ・対象: ビズリーチ会員のビジネスパーソン(平均年収1,159万円):1393名

年収1000万円研究所一覧

  • 【年収1000万円研究所 vol.43】
    年収1000万円のビジネスパーソンと、20代一般ビジネスパーソンに聞いた「"お金"に関する意識調査」
    ~ビジネスに関するコスト意識の差が、明らかに~

    今回は、平均年収1000万円超のビジネスパーソンと、20代一般ビジネスパーソンに同じ質問でアンケートを行い、両者の“お金”に関する意識調査を行いました。かかっている時間と得られるお金のバランスを意識することで、年収1000万円のビジネスパーソンのコスト意識に近づけるのではないでしょうか。

  • 【年収1000万円研究所 vol.42】
    CMで著名なあの企業が年収3000万円で次期社長を募集開始!その狙いとは?
    ~特別編:社長インタビュー~

    リーブ21を営業開始以来18年間で従業員数約800人、年商約150億円の企業に育て上げた岡村社長。社長自らCMに出演し続けているため、一度はご覧になったことがあるかと思います。今回、岡村社長がリーブ21の次期社長を公募し、ハイクラス人材の転職サイト「ビズリーチ」で募集を行うことになりました。そこで、ビズリーチ代表取締役の南が岡村社長にインタビューを行って参りました。「年収1000万円研究所 特別編」としてお送りいたしますので、ご覧ください。

  • 【年収1000万円研究所 vol.40】
    年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「震災後の仕事に対する考え方」
    ~73%が仕事観に変化あり。「人の役に立ちたい、家族を大切にしたい」~

    今回は、3月11日に発生した未曽有の大震災以降、年収1000万円のビジネスパーソンは仕事に対する考え方や働き方などに変化があったのか、アンケート調査を実施しました。より良い人生を送るためにも、自分にとって大切なことは何なのか、今一度じっくりと考えて行動を起こしてみてはいかがでしょう。

  • 【年収1000万円研究所 vol.39】
    ヘッドハンターが教える「ハイクラス・エグゼクティブクラス転職市場動向」
    ~20011年下半期は、金融・IT・コンサルティング業界に光!?~

    今回は、ビズリーチに登録するヘッドハンターに対して、ハイクラス・エグゼクティブクラスの転職市場動向についてアンケートを行いました。ヘッドハンターたちが金融やIT、コンサルティング業界に好調の兆しを見ていることは日本にとって大きな光と言えるのかも知れません。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ