1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 年収1000万円研究所一覧
  3.  > 年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「日本企業の新卒採用における外国人採用について」

年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「日本企業の新卒採用における外国人採用について」

88%のビジネスエグゼクティブが外国人採用に賛成

こんにちは、「ビズリーチ年収1000万円研究所」所長の佐藤和男です。

この研究所では、年収1000万円以上のビジネスパーソンに対してさまざまなアンケートを取り、"年収1000万円を稼ぐビジネスパーソンの考え方"を調査しています。

今回は、急増している日本企業の新卒採用における外国人採用についてアンケートを行いました。年収1000万円のビジネスパーソンは外国人採用をどう考えているのか、注目の結果をご覧ください。

年収1000万円研究所の一覧ページへ戻る

日本企業の新卒採用における外国人採用についてどう思いますか?

賛成 グローバル化が進む中、外国人採用を推進すべき 88%
反対 外国人採用は増やすべきではない 12%

88%のビジネスパーソンが「外国人採用を推進すべき」と答える結果になりました。ファーストリテイリングは新卒採用の8割を、ソニーでは3割を外国人採用にするなど、大手企業を中心に続々と外国人採用が進む昨今。日本人学生の就職難が深刻化しているとは言え、成長著しいアジア各国など海外市場からの人材確保が、企業を成長させるための重要課題と言えるでしょう。

外国人と仕事をする機会はありますか?

職場に外国人がいる 51%
職場にはいないが、外国人と仕事をすることがある 36%
外国人と仕事をすることはない 13%

「職場に外国人がいる」「職場にはいないが、外国人と仕事をすることがある」を合わせると、全体の87%が外国人と仕事をする機会があると答える結果となりました。少子高齢化による人口減少から内需成長の見込みは薄く、多くの企業は成長分野であるアジアなどのBRICs諸国への投資を積極化しており、海外への人的資源の投資は必然となっています。特にマネジメントの立場で活躍することが多い年収1000万円のビジネスパーソンは、そういった現状をリアルに体感していることが浮き彫りとなった結果と言えるでしょう。

就職は国籍を問わない実力主義の自由競争の時代へ

日本人学生の就職難が叫ばれる中、外国人採用を増やすことについては賛否両論あると思います。しかし、日本企業の海外事業比率が拡大している今、採用における日本人優遇の時代は終わり、国籍を問わない実力主義の自由競争に変化していると言えるでしょう。また、グローバル化に対応していくのは採用活動に限った事ではなく、現職のビジネスパーソンにも直面する大きな課題です。拡大を続けるグローバル化競争の中で生き残る実力を身に付け、国内外どこでも通用する優秀な人材として活躍してみてはいかがでしょう。

【アンケート実施概要】
  • ・実施期間:2011年5月23日~5月29日
  • ・対象: ビズリーチ会員のビジネスパーソン(平均年収1,159万円):1393名

年収1000万円研究所一覧

  • 【年収1000万円研究所 vol.36】
    年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「グローバル化社会への準備と心構え(前編)」
    ~約5割が「日本企業のグローバル化は2~3年で急速に進む」と回答~

    今回は、「職場のグローバル化」と題して、日本企業のグローバル化やグローバル人材になるために必要なスキルは何かをアンケート調査しました。社内英語公用語化など企業のグローバル化には積極的に順応し、グローバルに活躍できる人材を目指すことが、今後日本企業で活躍するには大切だと言えるようです。

  • 【年収1000万円研究所 vol.35】
    年収1000万円のビジネスパーソンに聞いた「子供を進学させたい大学ランキング ベスト20」
    ~海外の大学が半数以上ランクイン。第1位はハーバード大学~

    今回は、年収1000万円のビジネスパーソンが自分の子供を進学させるとしたら、どこの大学を勧めたいかについてアンケートを行いました。自分の子供には海外の大学で世界トップレベルの教育を受け、世界中から集まった人材と交流していくことで将来に役立てて欲しいと思うのは、自然の流れと言えるのかも知れません。

  • 【年収1000万円研究所 vol.33】
    年収1000万円のビジネスパーソンが就職活動生に薦める「本当の就職先人気企業ランキング2011」
    ~現役大学生が選んだ人気企業ランキングとは異なる結果に~

    今回は、就職活動中の大学生に薦めたい企業についてアンケートを実施。今回ビジネスプロフェッショナルに選ばれた30社こそが、「本当の就職先人気企業」と言えるかも知れませんね。

  • 【年収1000万円研究所 vol.32】
    年収1000万円のビジネスパーソンが選ぶ「2010年重大ニュース&注目企業&ヒット商品」
    ~各1位は、円高、日本航空、スマートフォン~

    今回は2010年のおさらいとして、年収1000万円のビジネスパーソンが選んだ2010年重大ニュースと注目企業、そしてヒット商品のランキングをお届けします。いよいよ幕を開けた2011年、いったいどんなニュースや企業、商品に注目が集まるのでしょうか。ビジネスチャンスを逃さないように今年も1年、頑張りましょう。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ